全2作品。レベッカ・ミラー監督が制作した映画ランキング

  1. マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ

    マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ
    評価:D3.13
    『50歳の恋愛白書』などのレベッカ・ミラーが監督を務め、ねじれた三角関係を描くラブコメディー。妻子持ちの男性と恋に落ちて略奪婚するものの、最終的に元妻に夫を返そうと思い立つヒロインを取り巻く不思議な人間模様を映す。

    コメディ

    ネット上の声

    お節介?いやいや。無自覚な自己中でしょ。
    「正直に生きる≒ハタ迷惑」かもだが…。
    女性版ウディ・アレンの登場かもね
    もし邦画なら成立しないだろうなあ
    製作年:2015
    製作国:アメリカ
    監督:レベッカ・ミラー
    主演:グレタ・ガーウィグ
    1
  2. 50歳の恋愛白書

    50歳の恋愛白書
    評価:D3.02
    誰から見ても理想的な女性、ピッパ・リー(ロビン・ライト・ペン)。50歳まで美しく年を重ね、夫ともうまくいっていた。しかし、若いころのピッパ・リー(ブレイク・ライヴリー)の人生は波瀾(はらん)万丈だった。そして現在、幸せながらも物足りなさを感じていたピッパ・リーだったが、15歳年下のクリス(キアヌ・リーヴス)と出会ったことから変化が訪れる。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    夫婦仲を測るリトマス試験紙にもなりますよ
    原題から連想して鑑賞する事をススメします
    やっぱり私もタイトルに騙されました~★
    恋愛より、アダルトチルドレンのお話。
    製作年:2009
    製作国:アメリカ
    監督:レベッカ・ミラー
    主演:ロビン・ライト
    2

スポンサードリンク