スポンサーリンクあり

全8作品。ジェラール・ウーリー監督が制作した映画ランキング

  1. 大進撃
    • A
    • 4.13
    ジェラール・ウーリー、ダニエル・トンプソン、マルセル・ジュリアンの共同になる脚本を「大追跡」のジェラール・ウーリーが監督した戦争コメディ。撮影はクロード・ルノワール、音楽はジョルジュ・オーリックが担当している。主演は「大追跡」のルイ・ド・フュネスとアンドレ・ブールビルのコンビに「素晴らしきヒコーキ野郎」のテリー・トーマス、「ビバ!マリア」のクラウディオ・ブルックなど。

    ネット上の声

    • 仏蘭西人が一番好きな映画作品とされていた
    • ブールヴィルとルイ・ド・フュネスの二人は大スターだし、オペラ座、ボーヌのオスピス
    • フランス人のペンキ屋と指揮者がドイツ軍に占領されているパリからイギリス兵を逃がそ
    • ブールヴィルがペンキ屋を、ルイ・ド・フュネスが指揮者を演じる、戦争コメディ
    戦争
    • 製作年1966年
    • 製作国フランス
    • 時間124分
    • 監督ジェラール・ウーリー
    • 主演ルイ・ド・フュネス
    • レンタル
  2. ニューヨーク←→パリ大冒険
    • B
    • 3.74
    政治的な陰謀にまき込まれた実業家が主人公のコメディー。製作はベルトラン・ジャヴァル、監督は一連のフュネス喜劇を手がけてきた「大乱戦」のジェラール・ウーリー、ウーリーの原案をウーリー自身とダニエル・トンプソンが共同脚色、撮影はアンリ・ドカエ、音楽はウラジミール・コスマ、編集はアルベール・ジュルジャンソンが各々担当。出演はルイ・ド・フュネス、シュジ・ドレール、マルセル・ダリオ、アンリ・ギベール、クロード・ジロー、クロード・ピエプリュ、ランゾー・モンターニなど。

    ネット上の声

    • オシャレでないフランス映画
    コメディ
    • 製作年1973年
    • 製作国フランス
    • 時間97分
    • 監督ジェラール・ウーリー
    • 主演ルイ・ド・フュネス
  3. 大追跡
    • C
    • 3.62
    「熱い手」のジェラール・ウーリーが自らのオリジナル・ストーリーをマルセル・ジュリアンと共同で脚色・製作・監督したアクション・コメディ。撮影は「シベールの日曜日」のアンリ・ドカエ、音楽は「柔らかい肌」のジョルジュ・ドルリューが担当した。出演は、「秘密大戦争」のアンドレ・ブールビル、「ファントマ 危機脱出」のルイ・ド・フュネス、ほかにベナンティノ・ベナンティーニ、アリダ・ケッリなど。イーストマンカラー、フランスコープ。

    ネット上の声

    • 「喜劇王対決 チャップリンvsキートン」
    • 刑事ドラマじゃないよ・・・
    • 知らない内にギャングの運び屋をさせられていた冴えない叔父さんと、無事ブツが運ばれ
    • 見終わったあとで知ったのだが、主演の二人はフランスでは有名な喜劇役者だったのね
    サスペンス
    • 製作年1965年
    • 製作国フランス,イタリア
    • 時間111分
    • 監督ジェラール・ウーリー
    • 主演ブールヴィル
  4. 大乱戦
    • C
    • 3.31
    封建制華やかなりし頃のスペインを舞台に、悪名高い欲深な大蔵大臣とその下男が主人公のコメディ。製作はアラン・ポワレ、監督は「大進撃」のジェラール・ウーリー、脚本はウーリーとマルセル・ジュリアン、撮影はアンリ・ドカエ、音楽はミシェル・ポルナレフ、編集はアルベール・ジュルジャンソンが各々担当。出演はルイ・ド・フュネス、イヴ・モンタン、アルベルト・ド・メンドーサ、カリン・シューベルト、ガブリエレ・ティンティ、アリス・サプリッチ、ポール・プレボワ、ドン・ハイメ・デ・モラなど。
    コメディ
    • 製作年1972年
    • 製作国フランス
    • 時間110分
    • 監督ジェラール・ウーリー
    • 主演ルイ・ド・フュネス
  5. 大頭脳
    • D
    • 2.78
    「大進撃」のジェラール・ウーリー監督が、人気俳優ジャン=ポール・ベルモンドを主演に迎えたアドベンチャーコメディ。タクシー運転手のアナトールと相棒アルトゥールは、NATOの本部移転に伴い列車でパリからブリュッセルへ運ばれる1200万ドルの秘密軍事資金を強奪する計画を企てていた。しかし、世界的に名高い伝説の強盗ブレインもその資金を狙っており、マフィアのスキャナピエコに協力を要請して驚くべき作戦を練っていた。決行の日、2派の作戦はそれぞれが知らないまま奇跡的に交錯する。さらにスキャナピエコはブレインを裏切り、大金を巡る三つどもえの争奪戦が繰り広げられていく。共演は「007 カジノ・ロワイヤル」のデビッド・ニーブン、「荒野の七人」のイーライ・ウォラックほか。脚本はウーリー監督と、「大進撃」でもウーリー監督と組んだマルセル・ジュリアン、ウーリー監督の娘で後に監督として活躍するダニエル・トンプソンが共同で担当。1969年製作・公開。2020年には、ベルモンド主演作をリマスター版で上映する「ジャン=ポール・ベルモンド傑作選」(20年10月30日~、東京・新宿武蔵野館ほか)で公開。

    ネット上の声

    • ユーモアサスペンスジャンポールベルモンド
    • 映画は時代とともにあるもの、見るもの
    • ニーヴン!ベルモンド!ウォラック!
    • ベルモンドの痛快ドロボーコメディ
    コメディ
    • 製作年1969年
    • 製作国イタリア,フランス
    • 時間115分
    • 監督ジェラール・ウーリー
    • 主演デヴィッド・ニーヴン
  6. エースの中のエース
    • E
    • 2.63

    ネット上の声

    • “鳩”じゃなくて鷲時計!
    アクション
    • 製作年1982年
    • 製作国フランス,ドイツ
    • 時間90分
    • 監督ジェラール・ウーリー
    • 主演ジャン=ポール・ベルモンド
  7. 悪い女
    • E
    “フランス・ソワール”紙所載のポール・ゴルドウのスケッチ画から、ジルベール・ボカノウスキとエヴェール・アギャッグが製作し、「熱い手」のジェラール・ウーリーが監督したオムニバス映画。脚本も「熱い手」のジャン・シャルル・タケラとゴルドウ、それにウーリーが共同で執筆、撮影は「大盗賊」のクリスチャン・マトラ、音楽も「大盗賊」のジョルジュ・ドルリュー。出演者は「45回転の殺人」のダニエル・ダリュー、「素晴らしき恋人たち」のエドウィジュ・フィエール、「悪徳の栄え」のアニー・ジラルド、「明日になれば他人」のロザンナ・スキャッフィーノ、「カルタゴ」のピエール・ブラッスール、「生きる歓び」のジーノ・チェルヴィ、「情事」ガブリエレ・フェルゼッティ、「パリジェンヌ」のクリスチャン・マルカン、「喰いついたら放すな」のリチャード・トッドなど。

    ネット上の声

    • 民宿の住み込みで娼婦をしているジナと民宿の娘ヘミの友情話でした
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1963年
    • 製作国フランス
    • 時間115分
    • 監督ジェラール・ウーリー
    • 主演クリスチャン・マルカン
  8. 熱い手
    • E
    八月のパリに暮す人間達が織りなす皮肉なドラマを描くもの。俳優兼脚本家として著名なジェラール・ウーリーの第一回監督作品。彼自身と「忘れえぬ慕情」のジャン・シャルル・タケラ、「今晩おひま?」のジャン・クロード・ピションが脚本を書き、ウーリーとピションが台詞を書いた。撮影はアンドレ・ビラール。出演は「今晩おひま?」のジャック・シャリエ、新人マーシャ・メリル、「わらの男」のフランカ・ベットーヤのほか、ポーレット・デュボー、アルフレ・アダンら。製作レオン・カネル。
    • 製作年1959年
    • 製作国フランス
    • 時間92分
    • 監督ジェラール・ウーリー
    • 主演アルフレ・アダン

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。