スポンサーリンクあり

全50作品。小石栄一監督が制作した映画ランキング

  1. 午前零時の出獄
    • E
    • 2.56

    ネット上の声

    • 兄貴分を殺害した罪で服役していたやくざ者(岡田英二)
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1950年
    • 製作国日本
    • 時間83分
    • 監督小石栄一
    • 主演岡田英次
  2. 流れる星は生きている
    • E
    • 2.41
    日比谷出版社発行記録文学「流れる星は生きている」藤原てい子の原作を「彼女は答える」の館岡謙之助が脚色、「どぶろくの辰(1949)」の根岸省三が企画、「母三人(1949)」についで小石栄一がメガフォンをとり、キャメラは姫田真佐久の担当。出演は「母紅梅」「母三人(1949)」につぐ三益愛子、「美貌の顔役」につぐ三条美紀、のほか「どぶろくの辰(1949)」の羽島敏子、徳川夢声、新人大野守保がデヴューする。

    ネット上の声

    • 戦後、大陸から引き揚げてきた人々の苦労の日々を描いた作品
    • 戦後、満州から引き揚げた母親と子供たちの激動の物語
    • 日本映画専門チャンネル終戦記念日の特集
    • 満州からの引き揚げ体験に基づく実話
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1949年
    • 製作国日本
    • 時間84分
    • 監督小石栄一
    • 主演三益愛子
  3. 死の街を脱れて
    • E
    • 2.32
    五島田鶴子の原作から、「朝の波紋」の館岡謙之助が脚色し、「群狼の街」の小石栄一が監督に当たっている。撮影は同じく姫田真佐久である。主演は「雪崩(1952)」の水戸光子で、「長崎の歌は忘れじ」の久我美子、根上淳、「西陣の姉妹」の三橋達也、「女王蜂(1952)」の菅原謙二に細川ちか子、荒川さつき、滝沢修などが助演している。
    ヒューマンドラマ、 サスペンス
    • 製作年1952年
    • 製作国日本
    • 時間94分
    • 監督小石栄一
    • 主演菅原謙二
  4. 無敵の空手! チョップ先生
    • E
    • 2.27
    毎日新聞夕刊に連載の今日出海のユーモア小説を、「狸小路の花嫁」のコンビ舟橋和郎が脚色し、小石栄一が監督した。撮影は「警視庁物語 魔の最終列車」の星島一郎。主な出演者は、「雪崩(1956)」の岡田英次、「警視庁物語 魔の最終列車」の堀雄二、「げんこつ社員」の南原伸二、「白扇 みだれ黒髪」の田代百合子、「竜巻三四郎」の藤里まゆみなど。

    ネット上の声

    • モテモテだけど朴念仁の助教授、岡田英次が、南原宏治、高倉健ら生徒たち、ついでに実
    • 単なる学園ものと思いきや、スケールの大きな展開に驚きます
    • 田代百合子
    • 製作年1956年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督小石栄一
    • 主演岡田英次
  5. 絢爛たる復讐
    • E
    • 2.21
    「親子櫻」以来の小石栄一と「ひなわしの母」以後沈黙を守っていた吉村廉との共同監督作品。

    ネット上の声

    • 役者の借りは舞台で返す
    • 「キスだってしたのにふざけんなよ!」な復讐を演劇の舞台上で果たす痛快なシンデレラ
    • 裏切られた俳優の男に、トルストイの舞台劇「復活」の本番の演技で復讐するのが痛快
    • 「熱情の翼」
    • 製作年1946年
    • 製作国日本
    • 時間79分
    • 監督小石栄一
    • 主演槇芙佐子
  6. 母子鶴
    • E
    米田治の企画で、川口松太郎の雑誌『平凡』に掲載された原作から「母山彦」の館岡謙之助が脚本を書き、同じく小石栄一が監督に当たっている。撮影も同じく姫田真佐久である。出演者は「母山彦」の三益愛子、「生き残った弁天様」の宇佐美諄、「猛獣使いの少女」の江利チエミ、「娘初恋ヤットン節」の白鳥みづえの他、若尾文子、鳩えり子、鶴田六郎、久保幸江などである。

    ネット上の声

    • 「母もの」の中で一番好印象の作品
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1952年
    • 製作国日本
    • 時間92分
    • 監督小石栄一
    • 主演三益愛子
  7. 黄門社長漫遊記
    • E
    「気まぐれ鴉(1961)」の大和久守正のオリジナル・シナリオを「復讐は俺らの歌」の小石栄一が監督したサラリーマン喜劇。撮影は「べらんめえ中乗りさん」の西川庄衛。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1962年
    • 製作国日本
    • 時間87分
    • 監督小石栄一
    • 主演高倉健
    • レンタル
  8. 大学の石松 太陽族に挑戦す
    • E
     若き日の高倉健が空手部の主将を演じる人気シリーズの第三弾。宮本幹也の小説『大学の石松』をもとに、前作でも脚本を担当した松浦健郎と監督を担当した小石栄一が再びコンビを組んで映画化。

    ネット上の声

    • 「君は太陽族かね?」
    青春
    • 製作年1956年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督小石栄一
    • 主演高倉健
  9. 血まみれの決闘
    • E
    能生三郎の原案を「殺人者を逃すな」の瀬川昌治が脚色、「大学の石松 女群突破」の小石栄一が監督、「殺人者を逃すな」の佐藤三郎が撮影した東映スコープで描く男性篇。主演は「青い海原」の高倉健、「殺人者を逃すな」の岡田英次、「少年探偵団・第二部 夜光の魔人」の中村雅子、「船頭姉妹」の加藤嘉。ほかに浦里はるみ、花澤徳衛、佐々木孝丸、須藤健など。
    ボクシング、 青春、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国日本
    • 時間89分
    • 監督小石栄一
    • 主演高倉健
  10. にっぽんGメン 特別武装班出動
    • E
    偽札造りのギャング団とそれを追うGメンの活躍を描いた新人春万作の脚本を、「怪談千鳥ケ淵」の小石栄一が監督、「無法街」の星島一郎が撮影を担当。主な出演者は「満ちて来る潮」の波島進と「大学の石松」の高倉健の新コンビの他、新人萩京子、他に浦里はるみ、日野明子、堀雄二、小沢栄など。
    サスペンス
    • 製作年1956年
    • 製作国日本
    • 時間86分
    • 監督小石栄一
    • 主演波島進
  11. 11

    母
    • E
    「オリオン星座」「三面鏡の恐怖」の中代富士男企画。脚本は「面影」「三百六十五夜(1948)」等東宝で書続けて来た館岡謙之助、監督は「初恋物語(1947)」の小石栄一。主演は「山猫令嬢」のコンビ三益愛子・三條美紀。新人若原芳子が出演する。製作タイトル「濁流を泳ぐ女」。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1948年
    • 製作国日本
    • 時間77分
    • 監督小石栄一
    • 主演三益愛子
  12. 台風息子 最高殊勲の巻
    • E
    • 製作年1958年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督小石栄一
    • 主演江原真二郎
  13. 台風息子 修学旅行の巻
    • E
    • 製作年1958年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督小石栄一
    • 主演江原真二郎
  14. 大学の石松 ぐれん隊征伐
    • E
     高倉健主演による青春映画シリーズの第二弾。宮本幹也の小説『大学の石松』をもとに、前作でも脚本を担当した松浦健郎がシナリオを書き「にっぽんGメン 特別武装班出動」の小石栄一がメガホンをとった。
    青春
    • 製作年1956年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督小石栄一
    • 主演高倉健
  15. 大学の石松 女群突破
    • E
    おなじみの宮本幹也原作の石松シリーズ。「大江戸喧嘩纏」の松浦健郎と大和久守正が共同脚色し、「拳銃を捨てろ」の小石栄一が監督するお色気青春活劇篇。撮影は「少年探偵団 妖怪博士 二十面相の悪魔 二部作」の佐藤三郎。主な出演者は、「喧嘩社員」の高倉健のほか清川虹子、杉狂児、高木二朗、中村是好、山形勲、大川恵子、岸井明、島倉千代子、園ゆき子、真咲美岐など。

    ネット上の声

    • ここまでくるとイケメンな健さんが罪な気がしてくる…
    青春
    • 製作年1957年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督小石栄一
    • 主演高倉健
  16. 母の曲
    • E
    昭和十二年に映画化された小説の再映画化で、「哀しき富士の白雪よ」の笠原良三が脚本を書き、「十九の花嫁」の小石栄一が監督し、「番場の忠太郎」の岡戸嘉外が撮影する。主なる出演者は「薔薇いくたびか」の三益愛子、「青春怪談(1955 阿部豊)」の安西郷子、上原謙、宇津井健、「伝七捕物帖 女郎蜘蛛」の木暮実千代など。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1955年
    • 製作国日本
    • 時間99分
    • 監督小石栄一
    • 主演三益愛子
  17. 母の湖
    • E
    萩原四朗の原案、構成による浪曲映画で、「続々魚河岸の石松」の笠原良三の脚本、監督は「続々十代の性典」の小石栄一があたった。「紅椿」の渡辺公夫、飯田三郎が撮影、音楽をそれぞれ担当している。出演者は「胡椒息子」の三益愛子、「母波」の白鳥みづえ、「紅椿」の沢村美智子、船越英二、見明凡太朗、「血闘(1953)」の根上淳、「無法者」の潮万太郎、星ひかる「花の生涯」の山内明、など。

    ネット上の声

    • 伊丹秀子の浪曲を原作に、日本の母三益愛子が好演
    • 製作年1953年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督小石栄一
    • 主演三益愛子
  18. べらんめえ芸者
    • E
    美空ひばりのべらんめえシリーズの第三作。「いろは若衆 花駕篭峠」のコンビ笠原良三と笠原和夫の脚本を、「ふたりの休日」の小石栄一が監督し、「べらんめえ探偵娘」の西川庄衛が撮影した。

    ネット上の声

    • 美空ひばり姐さんの仕事を見よ。
    • べらんめぇ!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1959年
    • 製作国日本
    • 時間86分
    • 監督小石栄一
    • 主演美空ひばり
  19. 薄雪太夫より 怪談 千鳥ヶ淵
    • E
     太夫と心中を図った男が生き残る。その後、男は別の女性を妻にするが、やがて太夫の怨霊に導かれ、かつて入水した沼へ戻っていく。
    時代劇
    • 製作年1956年
    • 製作国日本
    • 時間68分
    • 監督小石栄一
    • 主演中村錦之助
  20. 拳銃を捨てろ
    • E
    “新潟日報”ほかに連載された久生十蘭原作“われらの仲間”より「母子像」の植草圭之助が脚色、「大学の石松」の小石栄一が監督するギャングもの。撮影は「夕日と拳銃」の藤井静。主な出演者は「母孔雀」の高倉健、田代百合子、「朱鞘罷り通る」の浦里はるみ、「鞍馬天狗 白馬の密使」の岡田英次、ほかに園ゆき子、高木二朗、加藤嘉、花澤徳衛など。

    ネット上の声

    • 拳銃を捨てろ
    サスペンス、 アクション
    • 製作年1956年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督小石栄一
    • 主演高倉健
  21. 母三人
    • E
    新派悲劇の当たり狂言である川村花菱の代表作『母三人』の映画化である。企画・中代富士男、脚本・館岡謙之助、演出・小石栄一、撮影・姫田真佐久のスタッフは「母紅梅」と同じである。出演者は「母紅梅」の三益愛子「わが恋は燃えぬ」の水戸光子「誰か夢なき」以来の病気療養中であった入江たか子「滝の白糸(1946)」以来久方ぶりの夏川大二郎、新人根上淳、中野曉子の抜擢出演である。

    ネット上の声

    • 母のおもいで母のうた
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1949年
    • 製作国日本
    • 時間84分
    • 監督小石栄一
    • 主演水戸光子
  22. 一匹狼
    • E
    「歌の明星」につぐ根岸省三の企画、菊岡久利の原作『怖るべき子供たち』の映画化で、「石中先生行状記(1950)」につぐ八木隆一郎の脚色、監督は「母椿」の小石栄一、カメラは同じく「母椿」の姫田真佐久が担当。出演は、「人生選手」「銀座三四郎」の藤田進、「母椿」「暴力の街」の三條美紀の主演に、菅井一郎、片山明彦、羽鳥敏子等が共演しているほか石井美笑子がカムバックする。

    ネット上の声

    • 相も変らぬ銀座裏の暴力
    • 製作年1950年
    • 製作国日本
    • 時間83分
    • 監督小石栄一
    • 主演藤田進
  23. 魚河岸(かし)の石松
    • E
    内外タイムスに連載された宮本幹也の原作を「女といふ城 夕子の巻」の館岡謙之助が脚色し「ギラム」の小石栄一が監督している。企画は近藤経一と「クイズ狂時代」の三上訓利。「泣虫記者」の永塚一栄、「彼女の特ダネ」の飯田三郎が撮影、音楽を担当している。「次郎長売出す」の河津清三郎「嫁ぐ今宵に」の島崎雪子、「銭なし平太捕物帳」の折原啓子、「流れの旅路」の徳大寺伸、「社長秘書」の植村謙二郎、「彼女の特ダネ」の伊沢一郎をはじめ、深見泰三、東映新入社の星美智子、金子信雄、石黒達也、沢村貞子等が出演している。他にキングレコードの照菊、落語の春風亭柳橋など。
    アクション
    • 製作年1953年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督小石栄一
    • 主演河津清三郎
  24. 続続十代の性典
    • E
    青春、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1953年
    • 製作国日本
    • 時間88分
    • 監督小石栄一
    • 主演若尾文子
  25. 続々べらんめえ芸者
    • E
    べらんめえ芸者シリーズの第三作で、「暴れん坊兄弟」の鷹沢和善の脚本を、「続ずべ公天使 七色の花嫁」の小石栄一が監督した明朗編。撮影は「東から来た流れ者」の西川庄衛。
    • 製作年1960年
    • 製作国日本
    • 時間77分
    • 監督小石栄一
    • 主演美空ひばり
  26. 父と娘
    • E
    壺井栄の『風と波と』を「新婚列車」の斎藤良輔が脚色し「白い通り魔」の小石栄一が監督したホーム・ドラマ。撮影も「白い通り魔」の三村明。
    • 製作年1959年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督小石栄一
    • 主演中原ひとみ
  27. 母紅梅
    • E
    「母(1948)」に次ぐ企画中代、脚本館岡、監督小石、主演三益、三条のコンビの大映東京作品。三条美紀は「王将(1948)」に次ぐ出演。ほかに「千姫御殿(1948)」の岡譲二、千姫御殿(1948)「すいれん夫人とバラ娘」の伊沢一郎、「黒雲街道」の市川春代、関千恵子など出演。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1949年
    • 製作国日本
    • 時間83分
    • 監督小石栄一
    • 主演三益愛子
  28. 28

    母椿

    母椿
    • E
    企画は関幸輔第一回企画作品。新人の筒井順の原案を、「愛染草」「涙の港」の館岡謙之助が脚本、「流れる星は生きている」の小石栄一がメガフォンをとる。キャメラは同じく「流れる星は生きている」の姫田真佐久。出演は「母燈台」の三益愛子、三条美紀のほか、「涙の港」「母燈台」の伊沢一郎、「あきれた娘たち」「おどろき一家」の花菱アチャコに、菅井一郎、山村聡、新人谷遥子がデヴューする。

    ネット上の声

    • 夫たるべき男の社会的地位をはばかって愛する我子を男に渡し自らはドサ廻りに身をかく
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1950年
    • 製作国日本
    • 時間78分
    • 監督小石栄一
    • 主演三益愛子
  29. 愛の山河
    • E
    「母燈台」の中代富士男が第一回プロデュースで、『婦女界』連載の小糸のぶ原作を、「母椿」「妻の部屋」の館岡謙之助が脚色した。「母椿」の小石栄一が監督に当たり、「蛇姫道中」の宮川一夫が撮影する。出演者は「白粉帖」「麗人草」の水谷八重子、「白雪先生と子供たち」の関千恵子、「女性対男性」の山村聡、「風の子」の夏川静江、「淑女と風船」の瀧花久子らがそれぞれ出演する。
    • 製作年1950年
    • 製作国日本
    • 時間84分
    • 監督小石栄一
    • 主演山村聡
  30. 魚河岸(かし)の石松 大阪罷り通る
    • E
    • 製作年1954年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督小石栄一
    • 主演河津清三郎
  31. 魚河岸(かし)の石松 女海賊と戦う
    • E
    • 製作年1954年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督小石栄一
    • 主演河津清三郎
  32. 魚河岸(かし)の石松 二代目石松大あばれ
    • E
    • 製作年1955年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督小石栄一
    • 主演堀雄二
  33. 近世名勝負物語 秩父水滸伝
    • E
    • 製作年1954年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督小石栄一
    • 主演河津清三郎
  34. 拳銃の前に立つ母
    • E
    • 製作年1950年
    • 製作国日本
    • 時間79分
    • 監督小石栄一
    • 主演三益愛子
  35. 三悪人と赤ん坊
    • E
    製作は田村清、脚本は「海峡の鮫」の脚本を書いた柳川真一、監督は「午前零時の出獄(1950)」の小石栄一である。俳優は「裸女の愁い」の藤田進、「浪人街(1950)」の佐々木孝丸「火の鳥(1950)」の三條美紀、外に美奈川麗子、植村謙二郎、清水将夫などが出演。
    ヒューマンドラマ、 サスペンス
    • 製作年1950年
    • 製作国日本
    • 時間85分
    • 監督小石栄一
    • 主演藤田進
  36. 三代目 魚河岸(かし)の石松
    • E
    宮本幹也の原作から、「弥次喜多道中記」の笠原良三が脚色、「曲馬団の娘」の小石栄一が監督、「少年探偵団 首なし男」の藤井静が撮影したお馴染魚河岸の石松シリーズの一篇。石松に今回は今井俊二が扮するほか、柳谷寛、宮城まり子、佐久間良子、小宮光江、清川虹子、星美智子、大泉滉らが出演。色彩は東映カラー。
    • 製作年1958年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督小石栄一
    • 主演今井健二
  37. 死美人事件
    • E
    原作は今より二十九年前物故し、往年一世を風びした故黒岩涙香の探てい小説で「音楽二十の扉」の笠原良三がこれを脚色、「母(1948)」につぐ小石栄一が監督した。カメラは「母(1948)」の山崎安一郎が担当。出演は「千姫御殿(1948)」の月形龍之介、「音楽二十の扉」の小林桂樹、「母(1948)」「誰に恋せん」の見明凡太朗、「Zの戦慄」の河津清三郎、「三面鏡の恐怖」の船越英二、「ぜったい愛して」「音楽二十の扉」の日高澄子、「三面鏡の恐怖」の瀧花久子、「母(1948)」の江川宇禮雄、「二十一の指紋」「音楽二十の扉」の美奈川麗子、「ぜったい愛して」の曉照子、それに「母(1948)」「幽霊曉に死す」の徳川夢声らである。
    • 製作年1948年
    • 製作国日本
    • 時間78分
    • 監督小石栄一
    • 主演月形龍之介
  38. 白い通り魔
    • E
    池田一朗の原案から池沢敦が脚本を書き「旋風家族」の小石栄一が監督したアクション・ドラマ。撮影は「東京べらんめえ娘」の三村明。
    • 製作年1959年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督小石栄一
    • 主演中村賀津雄
  39. 新江の島悲歌
    • E
    『平凡』所載大林清の原作にもとずき、「続魚河岸の石松」の笠原良三、小石栄一が脚色、監督にあたった。「街の小天狗」の姫田真佐久、「黒豹」の飯田三郎の撮影、音楽担当。「続十代の性典」の南田洋子、根上淳、「暴力市街」の三条美紀、「胡椒息子」の船越英二、有島圭子、「再会(1953)」の木村三津子、「青色革命」の千田是也(俳優座)などが主演。
    • 製作年1953年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督小石栄一
    • 主演根上淳
  40. 続・魚河岸(かし)の石松
    • E
    内外タイムス連載宮本幹也の原作の映画化「魚河岸の石松」の続篇で前作館岡謙之助に替って「新婚のろけ節」の笠原良三が脚色にあたった。監督小石栄一、音楽飯田三郎は前篇と同じ顔ぶれだが、撮影は「人生劇場 第一部」の藤井静。キャストも河津清三郎、島崎雪子、折原啓子、星美智子など前篇通り、他に「七番街襲撃」の宇佐美諄、「女間者秘聞 赤穂浪士」の阿井三千子などか出演。
    • 製作年1953年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督小石栄一
    • 主演河津清三郎
  41. 続ずべ公天使 七色の花嫁
    • E
    「ずべ公天使」の続編で、緑川士郎・高崎三郎の原作を「拳銃無頼帖 電光石火の男」の松浦健郎が脚色し、「波止場野郎」の小石栄一が監督した。撮影も「波止場野郎」の高梨昇。
    • 製作年1960年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督小石栄一
    • 主演江原真二郎
  42. 続べらんめえ芸者
    • E
    美空ひばりの「べらんめえ芸者」に続くべらんめえシリーズの一作。脚本笠原良三・笠原和夫、監督・小石栄一、撮影・西川庄衛はいずれも「べらんめえ芸者」の顔ぶれ。
    コメディ
    • 製作年1960年
    • 製作国日本
    • 時間83分
    • 監督小石栄一
    • 主演美空ひばり
  43. 第十三号棧橋
    • E
    霧の港に碇泊した貨物船が廿四時間後に出港するまでに展開する、貪欲の牙と赤裸々な人間悪の葛藤を描く。今官一の原作を、「雨情」の八木隆一郎が脚色し、「拳銃を捨てろ」の小石栄一が監督するサスペンスドラマ。撮影は「喧嘩社員」の星島一郎。主な出演者は、「喧嘩社員」の高倉健、「女優(1956)」の日高澄子、ほかに中原ひとみ、千秋実、三条雅也、山本麟一、黒田幸子など。
    サスペンス
    • 製作年1957年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督小石栄一
    • 主演高倉健
  44. 奴隷の街
    • E
    NHKの連続放送劇「新しい道」より、「袴だれ保輔」の八住利雄が脚本を書き、「江の島悲歌」の小石栄一が監督し、同じく姫田真佐久が撮影に当っている。配役は、「お遊さま」の堀雄二、「牝犬」の久我美子、「黄門と弥次喜多 からす組異変」の星美千子などに、瀧花久子、花布辰男、田中春男、浦辺粂子、植村謙二郎、千石規子、沢村貞子などが助演している。
    • 製作年1951年
    • 製作国日本
    • 時間83分
    • 監督小石栄一
    • 主演堀雄二
  45. 南海の情火 ギラム
    • E
    • 製作年1952年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督小石栄一
    • 主演伊豆肇
  46. 二挺拳銃の竜
    • E
    • 製作年1954年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督小石栄一
    • 主演河津清三郎
  47. 爆走する退屈男
    • E
    時代劇
    • 製作年1933年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督小石栄一
    • 主演市川右太衛門
  48. 48

    母波

    母波
    • E
    川口松太郎の『平凡』連載原作を新人田辺朝二(大映助監督)が脚色、「魚河岸の石松」の小石栄一が監督した。撮影、音楽にはそれぞれ「現代処女」の峰重義、「天城の決闘」の安倍盛があたっている。「総理大臣の恋文」の三益愛子、「決闘五分前」の木村三津子、「十代の性典」の千田是也、南田洋子、「女性の声」の三宅邦子などの池箏曲の宮城道雄、テイチク歌手の菅原都々子が特別出演している。
    • 製作年1953年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督小石栄一
    • 主演三益愛子
  49. 遙かなる母の顔
    • E
    • 製作年1960年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督小石栄一
    • 主演佐久間良子
  50. 飛騨の小天狗
    • E
    原作は「講談倶楽部」連載の梶野悳三原作の『坊ちやん教師』より「馬喰一代(1951)」「牝犬」の成澤昌茂が脚色し、「奴隷の街」の小石栄一が監督に、同じく姫田真佐久が撮影に当っている。出演者は、「湯の町情話」の菅原謙二に「ひばりの子守唄」の荒川さつきの他、潮万太郎、見明凡太朗、佐々木孝丸、植村謙二郎などの助演。
    • 製作年1951年
    • 製作国日本
    • 時間89分
    • 監督小石栄一
    • 主演菅原謙二

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。