全7作品。ゲツァ・フォン・ボルヴァリー監督が制作した映画ランキング

  1. 別れの曲

    別れの曲
    評価:B3.67
    フレデリック・ショパン生誕200年を記念しリバイバル上映。『エチュード第3番ホ長調』が『別れの曲』と呼ばれる由来となった作品であり、ハンガリーの巨匠ゲツァ・フォン・ボルヴァリーが“ピアノの詩人“ショパンの若き日の愛と苦悩を描く創作伝記映画。主役のヴォルフガング・リーベンアイナーは、後に傑作映画『菩提樹』を監督した逸材。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    芳しい上品さはあったような…
    素敵な映画です。
    70年以上前の恋のエチュード
    製作年:1934
    製作国:フランス/ドイツ
    監督:ゲツァ・フォン・ボルヴァリー
    主演:ジャン・セルヴェ
    1
  2. モナ・リザの失踪

    モナ・リザの失踪
    評価:E0.00
    製作年:1932
    製作国:オーストリア
    監督:ゲツァ・フォン・ボルヴァリー
    主演:ヴィリ・フォルスト
    2
  3. 別れの曲

    別れの曲
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    印象に残る場面が目白押し
    製作年:1934
    製作国:ドイツ
    監督:ゲツァ・フォン・ボルヴァリー
    主演:ヴォルフガング・リーベンアイナー
    3
  4. 春のパレード

    春のパレード
    評価:E0.00
    「モナ・リザの失踪」「恋の日曜日」のゲザ・フォン・ボルヴァリーが監督に当たったフンニア、ユニヴァーサル共同作品で、原作はエルンスト・マリシュカが書き、これを自ら脚色している。音楽は「モナ・リザの失踪」「恋の日曜日」のロベルト・シュトルツの担当で、撮影にはステファン・アイベンが当った。主演者はハンガリー映画界の花形たるフランチェスカ・ガールと「黒騎士」「踊る奥様」のヴォルフ・アルバッハ・レティーで、助演俳優は「会議は踊る」「ブロンドの夢」のパウル・ヘルビガーを始め「朝やけ」のアデーレ・ザンドロック、「激情の嵐」「モナ・リザの失踪」のアントン・ポイントナー、「女人禁制」のテオ・リンゲン「未完成交響楽(1933)」のハンス・モーザー等である。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1934
    製作国:ハンガリー
    監督:ゲツァ・フォン・ボルヴァリー
    主演:パウル・ヘルビガー
    4
  5. 君を夢みて

    君を夢みて
    評価:E0.00
    製作年:1933
    製作国:ドイツ
    監督:ゲツァ・フォン・ボルヴァリー
    主演:ヴィリ・フォルスト
    5
  6. 恋の日曜日

    恋の日曜日
    評価:E0.00
    製作年:1932
    製作国:ドイツ
    監督:ゲツァ・フォン・ボルヴァリー
    6
  7. 維納の花嫁

    維納の花嫁
    評価:E0.00
    製作年:1933
    製作国:ドイツ
    監督:ゲツァ・フォン・ボルヴァリー
    主演:ヴィリ・フォルスト
    7

スポンサードリンク