スポンサーリンクあり

全5作品。松井久子監督が制作した映画ランキング

  1. 不思議なクニの憲法
    • C
    • 3.62
    改正議論が高まる日本国憲法について、一般市民の目線から多角的に考察したドキュメンタリー。「折り梅」「レオニー」の松井久子監督が、主権者である国民の間に憲法の知識と意識を広げたいとの思いから製作。作家の瀬戸内寂聴をはじめ、憲法学者や元外交官といった有識者から、高校生や主婦といった一般市民まで、様々な立場の人物に話を聞く。政治的なメッセージ色を抑え、歴史的事実を踏まえながら、憲法が国民の暮らしや人生といかに密接に関わっているかを考える。女優の竹下景子がナレーションを担当。

    ネット上の声

    • 2018版は、さらに鮮明に改憲反対を表明
    • 不思議なクニの憲法 2018
    • 日本国憲法について、その成り立ちや条文を取り上げての説明、意義、向き合い方など丁
    • 昼間に「主戦場」を観てからの夜この映画で、頭の中で少し混ざってしまった
    ドキュメンタリー
    • 製作年2016年
    • 製作国日本
    • 時間122分
    • 監督松井久子
    • 主演---
  2. レオニー
    • D
    • 2.89
    世界的な彫刻家イサム・ノグチの母親レオニー・ギルモアの生涯を 「ユキエ」「折り梅」の松井久子監督が映画化した伝記ドラマ。1901年、女子大を卒業し、ニューヨークで教鞭をとっていたレオニーは日本から来た詩人・野口米次郎(ヨネ・ノグチ)と出会う。お互いに惹かれあい恋に落ちる2人だったが、レオニーの妊娠を知るとヨネは一方的に帰国してしまう。カリフォルニアに移りシングルマザーとなったレオニーだったが、日系に対する差別を感じ、ヨネの誘いにのって渡日を決意する。主演は「シャッターアイランド」のエミリー・モーティマー。共演に中村獅童、原田美枝子、竹下景子。

    ネット上の声

    • イサム・ノグチの母親の壮絶な人生を描いた美しく、切なく、ドラマティックな作品。
    • 逆境に生きた母、レオニー!美しい人間ドラマの感動を。
    • 見るたびに発見のある、男にもぜひ見て欲しい映画
    • 美化しない姿勢は評価したいのだが・・・。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2010年
    • 製作国日本,アメリカ
    • 時間132分
    • 監督松井久子
    • 主演エミリー・モーティマー
    • 定額
    • 定額
  3. ユキエ
    • D
    • 2.80
    アルツハイマーに冒された米在住の日本人女性と、アメリカ人男性との夫婦愛を描いたヒューマン・ドラマ。監督は、この作品で本編デビューを飾ったテレビ界出身の松井久子。吉目木晴彦の原作を基に、「午後の遺言状」の新藤兼人が脚色。撮影を「バウンスkoGALS」の阪本善尚が担当している。主演は「東京夜曲」の倍賞美津子と、「スピード2」のボー・スベンソン。

    ネット上の声

    • (私の頭の中の消ゴム)より古いんやね
    • 5点:中途半端
    • 色んなことが忘れていくユキエとその家族たちとの間に溝ができてそれがどんどん深くな
    • 【詳細は、『尾崎翠を探して 第七官界彷徨』欄で】アメリカで撮影、米俳優主体、(個
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1997年
    • 製作国日本
    • 時間93分
    • 監督松井久子
    • 主演倍賞美津子
    • 定額
    • 定額
  4. 折り梅
    • D
    • 2.78
    デビュー作「ユキエ」で高い評価を受けた松井久子監督が、原作本に惚れ込んでシナリオも自ら手がけた作品。資金集めから撮影協力まで「折り梅」応援団が支援して、完成にこぎつけた。

    ネット上の声

    • 貴方の身内に老人性痴呆症の人がいたら・・・
    • これからの社会に必要な映画です。
    • 啓発用の映画かな? 大変ご立派。
    • 実話をもとに映画化してます
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2001年
    • 製作国日本
    • 時間111分
    • 監督松井久子
    • 主演原田美枝子
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  5. 何を怖れる フェミニズムを生きた女たち
    • E
    • 2.63
    1970年代のウーマンリブ運動(女性解放運動)から40数年にわたる日本のフェミニズムの歴史と、現在も続いているさまざまな女性たちの活動を追ったドキュメンタリー。男社会から疎まれ、同性からの偏見や誤解の目にさらされても自らを進んで「フェミニスト」と称し、戦い続けてきた女性たちの力強い生きざまや活動の軌跡を記録。日本を代表する14人のフェミニストたちが、それぞれの人生を語る。監督は、イサム・ノグチの母レオニー・ギルモアの生涯を描いた「レオニー」などを手がけてきた松井久子。

    ネット上の声

    • フェミニズムや女性学について、知識が皆無でしたが、これまでの日本での歩みを本物の
    • 予告編はちゃちく見えたんですが、日本のフェミニズム史を俯瞰ではなく個人の肉声から
    • 時代をリードしてきた人たちの言うことはズシリと重くて、心に刺さる
    • 自分の生きてきた世界は、こういう人たちの活動の結果なんだろうな
    ドキュメンタリー
    • 製作年2014年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督松井久子
    • 主演---

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。