全3作品。吉田照幸監督が制作した映画ランキング

  1. 探偵はBARにいる3

    探偵はBARにいる3
    評価:A3.85
    大泉洋と松田龍平の共演で映画化した『探偵はBARにいる』シリーズ第3弾。今回も札幌のススキノを舞台に、大泉演じる探偵と松田演じる高田の名コンビが女子大生失踪事件の真相に迫る様子を活写する。

    サスペンス

    ネット上の声

    命を燃やせるものは、あるか?
    稚内の毛ガニはおっかない!
    探偵はつらいよ!第3弾!!
    意外とはずさない。
    製作年:2017
    製作国:日本
    監督:吉田照幸
    主演:大泉洋
    1
  2. サラリーマンNEO 劇場版(笑)

    サラリーマンNEO 劇場版(笑)
    評価:D3.19
    万年業界5位のNEOビール社で、シェアナンバーワン奪取の指令が社長より下される。中西課長(生瀬勝久)率いる営業一課もアイデアを出すが、「無重力ビール」といったピンとこない商品ばかりが提案される。そんな中、新入社員の新城(小池徹平)が出したいいかげんな企画が通ってしまい……。

    コメディ

    ネット上の声

    意外とちゃんとサラリーマン応援歌してる♪
    見終わってニンマリ、さわやかな感じ。
    テレビ版を知らなくても笑えちゃう☆
    サラリーマン凝縮
    製作年:2011
    製作国:日本
    監督:吉田照幸
    主演:小池徹平
    2
  3. 疾風ロンド

    疾風ロンド
    評価:D3.12
    「容疑者Xの献身」など数多くの著作が映像化されてきた直木賞受賞作家・東野圭吾の小説を映画化。大学の研究所施設から盗まれた危険な生物兵器の回収を命じられた中年研究員が、わずかな手掛かりを基に奔走するさまを描く。

    サスペンス、コメディ

    ネット上の声

    ツッコミどころ満載だけどまあ面白かった。
    東野圭吾作品であることは忘れよう
    笑撃ならぬ、チープな小撃
    どどめ色って何色?
    製作年:2016
    製作国:日本
    監督:吉田照幸
    主演:阿部寛
    3

スポンサードリンク