全6作品。サム・ワナメイカー監督が制作した映画ランキング

  1. 刑事コロンボ/殺しの序曲

    刑事コロンボ/殺しの序曲
    評価:C3.57
     知能指数の上位2パーセントが入会条件の社交クラブ、シグマ会の会合で、突如銃声が鳴り響いた。メンバーが駈けつけたとき、現場からはたった今、犯人が逃げ出したように思われた。

    刑事コロンボ

    ネット上の声

    この犯人の人間像は面白い
    面白いエピソードです☆3.0
    天才の考えるトリック
    吹き替え版の妙技
    製作年:1977
    製作国:アメリカ
    監督:サム・ワナメイカー
    主演:ピーター・フォーク
    1
  2. シンドバッド虎の目大冒険

    シンドバッド虎の目大冒険
    評価:D3.01
     製作チャールズ・H・シニアと特撮レイ・ハリーハウゼンのコンビによるシリーズ第3作で、ジョン・ウェインの息子パトリックとタイロン・パワーの娘タリンの共演。魔女によってヒヒの姿にされた王子を救うべく、極北の神殿へと出発するシンドバッド一行。

    ファンタジー

    ネット上の声

    この感じ、好きです。
    演出がダメ・・・
    一番新しいのに一番つまらない。
    ハリーハウゼン大好き!
    製作年:1977
    製作国:イギリス/アメリカ
    監督:サム・ワナメイカー
    主演:パトリック・ウェイン
    2
  3. 刑事コロンボ'90/おもちゃの兵隊

    刑事コロンボ'90/おもちゃの兵隊
    評価:E0.00


    刑事コロンボ

    ネット上の声

    救いとなるのはコロンボさんの優しさだね
    犯人に激昂
    製作年:1989
    製作国:アメリカ
    監督:サム・ワナメイカー
    主演:ピーター・フォーク
    3
  4. 黄金線上の男

    黄金線上の男
    評価:E0.00
    強大な贋ドル・シンジケートと対決する、ひとりの非常な秘密捜査官の活躍を描いたアクション映画。監督は俳優としても知られたサム・ワナメイカー。脚本はストーリーを書いたジョン・C・ヒギンズとジェームズ・B・ゴードン。また撮影はケン・ホッジス、音楽はフィリップ・マーテル、音楽指揮はハリー・ロビンソン、美術はジョージ・プロビスが担当。製作はデイビッド・E・ローズ。出演は「戦うパンチョ・ビラ」のユル・ブリンナー、エドワード・ウッドワード、「脱走大作戦」のチャールズ・グレイ、ジョン・バリーなど。
    製作年:1969
    製作国:イギリス
    監督:サム・ワナメイカー
    主演:ユル・ブリンナー
    4
  5. 華麗なる暗殺

    華麗なる暗殺
    評価:E0.00
    裏切り者を求めて暗躍する、秘密諜報員の非情のアクション。製作はチャールズ・H・シニア、監督は「黄金線上の男」のサム・ワナメイカー。ゴードン・マクドネルの原作をジャック・パルマンが脚色。撮影はデニス・クープ、音楽はロン・グッドウィン、編集はロイ・ワッツがそれぞれ担当。出演は「ペンダラム」のジョージ・ペパード、「火曜日ならベルギーよ」のジョーン・コリンズ、「天使のいたずら」のジュディ・ギーソン、「ギャング情報」のナイジェル・パトリック。他にチャールズ・グレイ、ジョージ・ベイカー、キース・ミッチェル、アレクサンダー・ソービィなど。テクニカラー、パナビジョン。1969年作品。
    製作年:1969
    製作国:イギリス
    監督:サム・ワナメイカー
    主演:ジョージ・ペパード
    5
  6. マーベリックの黄金

    マーベリックの黄金
    評価:E0.00
    家畜王国テキサスを舞台に、持ち主不明の黄金をめぐって強奪合戦を演じる無法者たちの姿を描く西部劇。製作はユーアン・ロイド、監督はサム・ワナメイカー。ルイス・ラムーアの小説「キャットロー」をスコット・フィンチ、J・J・グリフィスが脚本化。撮影はテッド・スケイフ、音楽はロイ・バッド、編集はアラン・キリックが各々担当。出演はユル・ブリンナー、リチャード・クレンナ、レナード・ニモイ、ジョー・アン・プフルーク、ダリア・ラビ、ジェフ・コーリー、マイケル・デラノなど。

    西部劇
    製作年:1971
    製作国:アメリカ
    監督:サム・ワナメイカー
    主演:ユル・ブリンナー
    6

スポンサードリンク