全5作品。マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ監督が制作した映画ランキング

  1. 輝ける青春

    輝ける青春
    評価:S4.30
    希望を胸に人生を切り開く兄・ニコラ(ルイジ・ロ・カーショ)。才能はあるのに人生とうまく向き合うことができない弟・マッテオ(アレッシオ・ボーニ)。ローマに暮らすカラーティ家のこの兄弟は、イタリア社会を揺るがしたさまざまな事件を目撃する。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    真正面から迫ってくる登場人物の生き方
    イタリア人の愛情は家族から発生する
    (前編)(後編)セットで鑑賞を
    鮮やかなる現代イタリア史
    製作年:2003
    製作国:イタリア
    監督:マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ
    主演:ルイジ・ロ・カーショ
    1
  2. ペッピーノの百歩

    ペッピーノの百歩
    評価:S4.15
    社会派ドラマを撮り続けて来たマルコ・トゥリオ・ジョルダーナ監督が、1970年代に起こった実際の事件をモチーフに映画化し、2000年のイタリア映画祭で最も注目を浴びた傑作。2000年ヴェネチア映画祭脚本賞、アカデミー賞外国語映画賞イタリア代表など多数の国際映画祭で好評価を得た骨太な社会派ドラマ。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    レビューが無いので…
    ノンフィクションだったんだ!知らなかった!
    「言論の自由」について考える作品
    ペッピーノってイタリア国内でも
    製作年:2000
    製作国:イタリア
    監督:マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ
    主演:ルイジ・ロ・カーショ
    2
  3. 13歳の夏に僕は生まれた

    13歳の夏に僕は生まれた
    評価:A3.86
    裕福な家庭に育った13歳の少年が、不法移民の兄妹との出会いにより、イタリア社会の現実に目を向けるようになるヒューマンドラマ。監督は6時間6分という上映時間が話題となった『輝ける青春』のマルコ・トゥリオ・ジョルダーナ。

    ヒューマンドラマ、懐かしいノスタルジックな夏、夏に見たくなる

    ネット上の声

    ”それはただの現実にしか過ぎない”
    イタリア映画って、いいのかも
    イタリア映画復活の兆し
    ZERO円レンタル〜VO.1〜
    製作年:2005
    製作国:イタリア
    監督:マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ
    主演:マッテオ・ガドラ
    3
  4. フォンターナ広場 イタリアの陰謀

    フォンターナ広場 イタリアの陰謀
    評価:C3.52
    イタリアで実際に起きた未解決爆破事件が題材のサスペンス。学生運動が高まる1969年のイタリア・ミラノで105人もの死傷者を出したフォンターナ広場爆破事件の真相を、捜査にあたる警視の姿を軸にして浮き彫りにしていく。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    日本が五輪と万博ではしゃいでいた頃の話。
    う~ん、これはパンフが欲しい~~~。
    日本人には理解しにくいかな・・・・
    なかなか噛みごたえのある作品
    製作年:2012
    製作国:イタリア
    監督:マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ
    主演:ルカ・ジンガレッティ
    4
  5. 狂った血の女

    狂った血の女
    評価:E2.67


    ヒューマンドラマ、実話
    製作年:2008
    製作国:イタリア/フランス
    監督:マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ
    主演:モニカ・ベルッチ
    5

スポンサードリンク