全7作品。やまざきかずお監督が制作した映画ランキング

  1. ファイブスター物語(ストーリーズ)

    ファイブスター物語(ストーリーズ)
    評価:C3.40
    巨大ロボット“モーターヘッド”、超人的能力を持った騎士“ヘッドライナー”と少女型有機コンピュータ“ファティマ”など、特異な世界観で人気を呼び、現在も長期連載中の永野護の同名作品を原作1巻のエピソードを中心に映画化。星団暦2988年、惑星アドラーでは、高名な科学者バランシェが製作した、新しいファティマのお披露目が近づいていた。名人が作ったファティマのマスターに選ばれんと、星団中から腕に覚えのあるヘッドライナーたちがぞくぞくと集まる中、バランシェの友人レディオス・ソープがアドラーに降り立った。

    アニメ

    ネット上の声

    繊細な描写に感動
    FSS入門編。
    高校の時に…
    興味を持ったら漫画も必ず読みたくなる作品
    製作年:1989
    製作国:日本
    監督:やまざきかずお
    主演:堀川りょう
    1
  2. うる星やつら3 リメンバー・マイラブ

    うる星やつら3 リメンバー・マイラブ
    評価:D2.82
     キュートな異星人・ラムと、超女好き高校生・あたるが次々に巻き込まる宇宙規模のドタバタ事件を描く、ハイテンション・SFラブ・コメディ。劇場用作品、第3弾。

    アニメ、うる星やつら

    ネット上の声

    僕にはとっつきにくい映画でした。
    まぁ、面白いけど
    前作が
    こちらがラム・ザ・フォーエバーだな
    製作年:1985
    製作国:日本
    監督:やまざきかずお
    主演:平野文
    2
  3. うる星やつら4 ラム・ザ・フォーエバー

    うる星やつら4 ラム・ザ・フォーエバー
    評価:E2.40
     キュートな異星人・ラムと、超女好き高校生・あたるが巻き込まれる、荒唐無稽でバカバカしい事件や超常現象を描くハイパーテンション・SFラブコメディ。原作は高橋留美子の同名漫画。

    アニメ、うる星やつら

    ネット上の声

    ちょっと目を離した隙にどこいっちょるか!
    うる星らしい軽やかさは何処へやら
    「衰退期」のアニメ
    やっぱり2作目を追って失敗
    製作年:1986
    製作国:日本
    監督:やまざきかずお
    主演:平野文
    3
  4. 風の名はアムネジア

    風の名はアムネジア
    評価:E0.00


    アニメ
    製作年:1990
    製作国:日本
    監督:やまざきかずお
    主演:矢尾一樹
    4
  5. ぼくの地球を守って

    ぼくの地球を守って
    評価:E0.00
     少女たちの間でひそかな前世ブームを呼んだ人気少女漫画をOVAにしたもの。

    アニメ

    ネット上の声

    あの懐かしい未来へ・・・
    このクオリティで完走して欲しかった名作
    うん・・・
    よかった
    製作年:1993
    製作国:日本
    監督:やまざきかずお
    主演:白鳥由里
    5
  6. うる星やつら アイムTHE終ちゃん

    うる星やつら アイムTHE終ちゃん
    評価:E0.00
     ファンの集いやオフィシャルファンクラブなどの活動も盛んに行われたテレビアニメ『うる星やつら』。当初、オフィシャルファンクラブは「うる星やつらファンクラブ」として発足したが、後に同作品の製作会社であるキティ・フィルムのファンクラブ「キティアニメーションサークル(通称・KAC)」となった。

    アニメ、うる星やつら

    ネット上の声

    今これ作ったら、もっと非難轟々だったろう
    製作年:1986
    製作国:日本
    監督:やまざきかずお
    主演:平野文
    6
  7. めぞん一刻番外編 一刻島ナンパ始末記

    めぞん一刻番外編 一刻島ナンパ始末記
    評価:E0.00
     1980~87年に「ビッグコミックスピリッツ」に連載、1986~88年にはTVアニメシリーズも放送された高橋留美子のラブ・コメディが原作。単行本第6巻に収録されたストーリーをOVA化したもので、『うる星やつら 完結篇』の四分一節子が監督を務めた。

    アニメ
    製作年:1991
    製作国:日本
    監督:やまざきかずお
    主演:島本須美
    7

スポンサードリンク