スポンサーリンクあり

全11作品。アルベルト・ラトゥアーダ監督が制作した映画ランキング

  1. スキャンドール
    • D
    • 2.92
    女であることを最大の武器として生きる母と、性に目ざめだした娘の欲望と葛藤を描く。製作はイブラヒム・ムーサ、監督・脚本は「今のままでいて」のアルベルト・ラットゥアーダ、原作はナターレ・プリネット、マリナ・デ・レオ、撮影はダニロ・デジデリ、音楽はフレッド・ボンガストが各々担当。出演はアンソニー・フランシオーサ、ヴィルナ・リージ、レナート・サルヴァトーリ、クリオ・ゴールドスミス、バーバラ・デ・ロッシ、マイケル・コビーなど。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1980年
    • 製作国イタリア
    • 時間100分
    • 監督アルベルト・ラトゥアーダ
    • 主演アンソニー・フランシオサ
  2. 心の棘
    • D
    • 2.89
    イタリアの地方都市を舞台に謎の魅力をもった娘に恋した青年の姿を描く。製作はアキーレ・マンゾッティ、監督・脚本はアルベルト・ラットゥアーダ。共同脚本はフランコ・フェリーニ、エンリコ・オルドイーニ、原作はピエトロ・キアーラ、撮影はルイジ・クヴェイレル、音楽はアルマンド・トロバヨーリが担当。出演はアントニー・ドロン、ソフィー・ドゥエスほか。

    ネット上の声

    • アラン・ドロンとナタリー・ドロンの子供アントニー・ドロンが出演するミステリアスな
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1986年
    • 製作国イタリア,フランス
    • 時間95分
    • 監督アルベルト・ラトゥアーダ
    • 主演アントニー・ドロン
  3. 芽ばえ
    • D
    • 2.84
    ティーン・エイジャーの清潔な恋愛感情を描いた思春期映画。ヴァレリオ・ズルリーニの書下し物語にもとづくレオ・ベンヴェヌーティ、ピエロ・デ・ベルナルディ、アルベルト・ラットゥアーダ、ジャン・ブロンデルの合作脚本を「ポー河の水車小屋」「アンナ」のラットゥアーダ自身が監督、「崖」のオテロ・マルテリが撮影した。音楽はピエロ・モルガン。ニース生れの十七歳のフレッシュな新人ジャクリーヌ・ササールが抜擢されて女主人公を演じ、ナポリ大学生のラフ・マッティオーリが相手役に初出演する。加えてこれを助けるのは「枯葉」のラフ・ヴァローネと、シルヴァ・コシナ。製作カルロ・ポンティ。
    青春
    • 製作年1957年
    • 製作国イタリア,フランス
    • 時間100分
    • 監督アルベルト・ラトゥアーダ
    • 主演ジャクリーヌ・ササール
  4. アンナ
    • D
    • 2.82
    「にがい米」のシルヴァーナ・マンガーノ、ラフ・ヴァローネ、ヴィットリオ・ガスマンのトリオを再現する一九五一年作メロドラマ。「空は紅い」のジュゼッペ・ベルト、ディーノ・リージ、イーヴォ・ペリッリ「ヨーロッパ一九五一年」、フランコ・ブルザーティ、ロドルフォ・ソネゴの五人が共同で執筆した脚本を「ポー河の水車小屋」のアルベルト・ラットゥアーダが監督した。撮影は「にがい米」のオテロ・マルテリ、音楽は「人間魚雷」のニーノ・ロータの担当。前記三名を助けて出演するのは、「快楽」のガビ・モルレ、ジャック・デュメニルの両フランス俳優、マンガノの実妹パトリツィア・マンガノ及びナターシャ・マンガノなどである。

    ネット上の声

    • 「ニューシネマパラダイス」での引用で♪エルバイヨーン♪のシーンと、背中のキスシー
    • まるで聖母マリアのような穏やかな微笑みを浮かべて、どんな患者にも臆せず堂々と、か
    • アンナの辛さもわかるけど、あのラストはアンドレアにとってあまりにもひどくないか?
    • ハッピーエンドが好きな私にとって結末を理解するのに時間がかかったけれど、よく考え
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1951年
    • 製作国イタリア
    • 時間95分
    • 監督アルベルト・ラトゥアーダ
    • 主演シルヴァーナ・マンガーノ
  5. 今のままでいて
    • D
    • 2.74
    17歳にもなっていない女子学生が、ふとしたことから父娘ほども歳がちがう男性に恋したことから起こる2人の愛の葛藤を描く。製作はジョバンニ・ベルトルッチ、監督は「テンペスト」のアルベルト・ラトゥアーダ。パオロ・カバーラとエンリコ・オルドイーニの原作を基にアルベルト・ラトゥアーダとエンリコ・オルドリーニが脚色。撮影はルイス・アルカイネ、音楽はエンニオ・モリコーネ、美術はルイジ・スカッチャノーチェが各々担当。出演はマルチェロ・マルチェロ・マストロヤンニ、ナスターシャ・キンスキー、フランシスコ・ラバル、モニカ・ランドール、ジュリアーナ・カランドラ、バーバラ・デ・ロッシなど。

    ネット上の声

    • 19歳のナタキンが超絶美しい。
    • 完全無欠の美少女
    • エンニオモリコーネのドキュメンタリー、
    • 愛しのビッチ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1978年
    • 製作国イタリア,スペイン,アメリカ
    • 時間105分
    • 監督アルベルト・ラトゥアーダ
    • 主演マルチェロ・マストロヤンニ
  6. 寄席の脚光
    • E
    • 2.56

    ネット上の声

    • フェリーニの映画の旅の始まり始まり~
    • フェリーニの長編デビュー作
    • 『カビリアの夜』でも思ったけど、フェリーニ作品の美しさは、集団が道をとぼとぼ歩い
    • 男を踏み台にする性悪女とその女に惚れて婚約者を捨て、捨てたあとにも金をせびりに行
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1950年
    • 製作国イタリア
    • 時間96分
    • 監督アルベルト・ラトゥアーダ
    • 主演ペッピノ・デ・フィリッポ
  7. ポー河の水車小屋
    • E
    • 2.46
    イタリア現代作家リカルド・バッケッリの長篇散文詩を映画化した一九四九年作品で、フェデリコ・フェリーニ、トゥリオ・ピネリが脚色、「無慈悲」のアルベルト・ラットゥアーダが監督する。撮影は「シーラ山の狼」のアルド・トンティ、音楽は現代イタリア楽壇の第一人者イルデブランド・ビゼッチ、製作は「白い国境線」のカルロ・ポンティ。主演は「荒野の抱擁」のカルラ・デル・ポッジョ、「シーラ山の狼」のジャック・セルナス、以下マリオ・ベゼスティ、ジュリオ・カーリ、アンナ・カレーナ、ジャコモ・ジュラディらが助演する。

    ネット上の声

    • 社会の志向と個人の志向が噛み合ってないき、全てがどうでも良くなる、そういう状況を
    • 煽動屋に乗せられた農民たちが大地主に対して起こしたストライキを中心として、
    • ラトゥアーダ&フェリーニコンビ
    • イタリアを知ろうシリーズ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1949年
    • 製作国イタリア
    • 時間94分
    • 監督アルベルト・ラトゥアーダ
    • 主演カルラ・デル・ポッジョ
  8. マッチレス殺人戦列
    • E
    • 1.98
    エルマンノ・ドナーティのストーリーを、アルベルト・ラットゥアーダとディーン・クレイグ、ジャック・パルマン、ルイジ・マレルバが脚色、アルベルト・ラットゥアーダが監督した。撮影はサンドロ・デヴァ、音楽はエンニオ・モリコーネとジーノ・マリヌッツィ・ジュニアが担当した。出演は「素晴らしき男」のパトリック・オニール、「007は二度死ぬ」のドナルド・プレゼンス、「さすらいのガンマン」のニコレッタ・マキャヴェッリほか。なお、オーストリア、リヒテンシュタインの王女であり、元イタリア皇太子妃のイラ・フルステンベルグの第一回主演作でもある。製作担当はエルマンノ・ドナーティとルイジ・カルペンティエリ。
    サスペンス
    • 製作年1967年
    • 製作国イタリア
    • 時間104分
    • 監督アルベルト・ラトゥアーダ
    • 主演パトリック・オニール
  9. 十七歳よさようなら
    • E
    十七歳の少女が経験した一日の出来事を描いたドラマ。監督は「芽ばえ」のアルベルト・ラットゥアーダ。脚本はフランコ・ブルザーティ、フランチェスコ・ゲディーニ、クロード・ブリュレとラットゥアーダの四人の共同。撮影は「ヨーロッパの夜」のガボール・ポガニー、音楽をピエロ・ピッチオーニが担当。出演は主役に新人のカトリーヌ・スパーク、「やさしく激しく」のクリスチャン・マルカン、ほかにジャン・ソレル、オリヴィエロ・ダーニら。
    青春、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1960年
    • 製作国イタリア
    • 時間92分
    • 監督アルベルト・ラトゥアーダ
    • 主演カトリーヌ・スパーク
  10. テンペスト
    • E
    「芽ばえ」のアルベルト・ラトゥアーダ監督が、アレクサンドル・プーシュキンの「大尉の娘」と「プガチョフの反乱」にもとづいて作った歴史ロマン。脚色はアルベルト・ラトゥアーダとルイズ・ピーターソンが共同してあたり、撮影監督を「カビリアの夜」のアルド・トンティが担当している。音楽はフランコ・フェラーラ。出演者は「ユリシーズ」のシルヴァーナ・マンガーノ、「悲しみよこんにちは」のジェフリー・ホーン、「愛欲と戦場」のヴァン・ヘフリン、「追われる男」のヴィヴェカ・リンドフォース、ヴィットリオ・ガスマン、オスカー・ホモルカ、ヘルムート・ダンティーン、アグネス・ムーアヘッドら。製作ディノ・デ・ラウレンティス。ユーゴスラヴィアにロケし、同国軍隊の出演をえてスペクタクル・シーンが撮影された。イタリア=アメリカ合作のかたちの作品である。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1959年
    • 製作国アメリカ,イタリア,ユーゴスラビア
    • 時間125分
    • 監督アルベルト・ラトゥアーダ
    • 主演ヴィヴェカ・リンドフォース
  11. 黄色い戦場
    • E
    第一次大戦中に実在したドイツの女スパイの物語。監督は「マッチレス 殺人戦列」のアルベルト・ラットゥアーダ。オリジナル・ストーリーをヴィットリアーノ・ペトリッリが書き、ドゥイリオ・コレッティ、スタンリー・マン、H・C・クレイグ、アルベルト・ラットゥアーダ等が共同脚色。撮影はルイジ・クヴェイレル、美術はマリオ・キアーリ、衣裳デザインはマリア・デ・マティス、音楽をエンニオ・モリコーネがそれぞれ担当。製作はディノ・デ・ラウレンティス。出演は「いつも心に太陽を」のスージー・ケンドール、・ケネス・モア、ナイジェル・グリーン、アレクサンダー・ノックス、キャプシーヌ、ジェームス・ブース、ロベルト・ビサッコなど。
    戦争、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1969年
    • 製作国イタリア,ユーゴスラビア
    • 時間102分
    • 監督アルベルト・ラトゥアーダ
    • 主演スージー・ケンドール

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。