スポンサーリンクあり

全7作品。ジャンニ・アメリオ監督が制作した映画ランキング

  1. 小さな旅人
    • B
    • 3.94
    孤児院に送られる幼い姉弟と護送する若い警官が、イタリア縦断の旅をする姿を描く人間ドラマ。一九九二年度カンヌ国際映画祭審査員グランプリ受賞作。監督・脚本はテレビ出身で、日本では第一回イタリア映画祭で長編デビュー作の「心のいたみ」が上映されたジャンニ・アメリオ。製作は「みんな元気」のアンジェロ・リッツォーリ。エグゼクティヴ・プロデューサーはエンツォ・ポルチェッリ。共同脚本は「永遠のマリー」のサンドロ・ペトラリアとステファーノ・ルッリ。撮影はトニーノ・ナルディと「女テロリストの秘密」のレナート・タフリ。音楽はフランコ・ピエルサンティが担当。主演は、ミラノに住む実際の移民の子どもたちの中から選ばれたヴァレンティナ・スカリーチとジュゼッペ・イエラチターノ、ローマの国立映画実験センター出身で「ハドソン・ホーク」のエンリコ・ロ・ヴェルソ。

    ネット上の声

    • 自然体の人間描写
    • 20世紀の終わり頃、梅雨どきのひどい雨の中、大学への通学用の定期券を使い電車に乗
    • 売春で捕まる家族と客という衝撃的な導入で始まるイタリアのロードムービー
    • 第45回カンヌ国際映画祭審査員グランプリ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1992年
    • 製作国イタリア,フランス,スイス
    • 時間116分
    • 監督ジャンニ・アメリオ
    • 主演エンリコ・ロー・ヴェルソ
  2. 家の鍵
    • C
    • 3.54
    15年の空白を経て、障害を持った息子と初めて対面した父親の葛藤を描くヒューマン・ドラマ。監督・脚本は「いつか来た道」のジャンニ・アメリオ。共同脚本は「輝ける青春」のサンドロ・ペトラリアとステファノ・ルッリ。撮影は「いつか来た道」のルカ・ビガッツィ。音楽も「いつか来た道」のフランコ・ピエルサンティ。出演は「ピノッキオ」のキム・ロッシ・スチュアート、「スイミング・プール」のシャーロット・ランプリング、これが映画デビューとなるアンドレア・ロッシ、「炎の戦線エル・アラメイン」のピエルフランチェスコ・ファヴィーノ。2004年ヴェネチア国際映画祭3部門(パジネッティ賞ほか)など受賞。

    ネット上の声

    • 俳優3人の最高の演技に心が震えた
    • いばらの道にも人生の価値がある
    • これは・・・理解度の問題ですね
    • 人間は生かされているんだな
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2004年
    • 製作国イタリア,フランス,ドイツ
    • 時間111分
    • 監督ジャンニ・アメリオ
    • 主演キム・ロッシ・スチュアート
  3. 蟻の王
    • C
    • 3.49
    「ナポリの隣人」「家の鍵」などで知られるイタリアの名匠ジャンニ・アメリオが、同性愛の許されない時代に恋に落ちた詩人と青年をめぐる「ブライバンティ事件」の実話をもとに描いたヒューマンドラマ。 1960年代のイタリア。ポー川南部の街ピアチェンツァに住む詩人・劇作家で蟻の生態研究者でもあるアルド・ブライバンティは、教え子の青年エットレと恋に落ち、ローマで一緒に暮らしはじめる。しかし2人はエットレの家族によって引き離され、アルドは教唆罪で逮捕、エットレは同性愛の「治療」と称した電気ショックを受けるため矯正施設へ送られてしまう。世間の好奇の目にさらされる中で裁判が始まり、新聞記者エンニオは熱心に取材を重ね、不寛容な社会に一石を投じようとするが……。 「輝ける青春」のルイジ・ロ・カーショがアルド役で主演を務め、エットレ役には本作が映画デビューとなる新星レオナルド・マルテーゼが抜てきされた。2022年・第79回ベネチア国際映画祭コンペティション部門出品。

    ネット上の声

    • 人は自分とは違う得体の知れない物に対して、無知が故の不安・恐怖を抱...
    • ◎蟻が運ぶプラトン愛を破壊する母性と国家権力
    • 同性愛が許されない時代のイタリアが強烈
    • すっかりココに書くの忘れてました
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2022年
    • 製作国イタリア
    • 時間140分
    • 監督ジャンニ・アメリオ
    • 主演ルイジ・ロ・カーショ
    • レンタル
  4. いつか来た道
    • C
    • 3.15
    シチリア島から大都市へやって来た兄弟の物語を、1958年から1964年まで各年の6章構成で描くドラマ。監督は「小さな旅人」のジャンニ・アメリオ。出演は、エンリコ・ロ・ヴェルソ、フランチェスコ・ジェフリッダほか。1998年ベネチア映画祭金獅子賞受賞作。

    ネット上の声

    • 兄弟の絆と運命
    • 人生ってわからんものです
    • ベネチア国際映画祭の金獅子賞受賞作
    • ある種の愛情の姿を、肯定も否定もせずただそのまま映した映画
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1998年
    • 製作国イタリア
    • 時間124分
    • 監督ジャンニ・アメリオ
    • 主演エンリコ・ロー・ヴェルソ
  5. 5

    宣告

    宣告
    • D
    • 3.07
    信念に基づき、死刑反対のため孤独な闘いを繰り広げる裁判官の姿を描いた社会ドラマ。シチリア出身の作家レオナルド・シャーシャ(89年死去)の同名小説を、社会派闘士としても知られた「荒野の用心棒」「予告された殺人の記録」の名優ジャン=マリア・ヴォロンテ(94年死去)の主演、『心のいたみ』(特別上映のみ)、「小さな旅人」のジャンニ・アメリオの監督で映画化。

    ネット上の声

    • うなりました・・・。
    • 信念に基づき、死刑反対のため孤独な闘いを繰り広げる裁判官の姿を描く
    • 人が人を裁くことの難しさ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1990年
    • 製作国イタリア
    • 時間114分
    • 監督ジャンニ・アメリオ
    • 主演ジャン・マリア・ヴォロンテ
  6. 最初の人間
    • E
    • 2.67
    「異邦人」「反抗的人間」などで知られるノーベル文学賞作家アルベール・カミュの遺稿で、没後30年以上を経て発見され、未完のまま1994年に出版された「最初の人間」を映画化。監督はイタリアの名匠ジャンニ・アメリオ。1957年夏、年老いた母を訪ねて故郷のアルジェリアに戻った40代の小説家コルムリは、フランスから独立を求めるアルジェリア人と政府の間に戦火が広がっていた1910年代に過ごした少年時代を回想する。親戚や恩師、そして懸命に働き、一家を支えた若き日の母。地中海を臨む美しい大地で、自らの生い立ちを振り返り、フランスとアルジェリアの和解のためにできることを模索していたコルムリの追憶の旅を描く。

    ネット上の声

    • 「貧しい子ども時代」はカミュの財産だった
    • たぶん、魅力的でかつ考えさせる映画です
    • 誰でも「最初の人間」になれる。
    • 陽光と碧い海そして異邦人
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2011年
    • 製作国フランス,イタリア,アルジェリア
    • 時間105分
    • 監督ジャンニ・アメリオ
    • 主演ジャック・ガンブラン
  7. ナポリの隣人
    • E
    • 2.67
    「小さな恋人」「家の鍵」「最初の人間」などで知られるイタリアの名匠ジャンニ・アメリオが、母の死が原因で不仲になっていた父と娘が、父の隣家の家族に起こった事件をきっかけに、関係を見つめなおしていく姿を描いた人間ドラマ。南イタリアのナポリで、かつて家族と暮らしたアパートに、いまはひとりで暮らす元弁護士のロレンツォ。娘のエレナはアラビア語の法廷通訳で生計を立てるシングルマザーだが、母の死が父による裏切りのせいだと信じ、いまも父を許せずにいた。ロレンツォは気難しいところがあるものの、最近は隣家の若い夫婦と彼らの子どもと仲良くなり、擬似家族のような関係になっていた。しかし、そんな平穏な日々が、ある事件によって突然幕を閉じてしまう。ロレンツォ役の主演レナート・カルペンティエーリが、イタリアのアカデミー賞と呼ばれるダビッド・デ・ドナテッロ賞などで主演男優賞を受賞。日本では「イタリア映画祭2018」で「世情」のタイトルで上映されている。

    ネット上の声

    • 本気で心底、この主人公が嫌い
    • 観るべきは感情の機微だけ。
    • 悪くはないけど
    • イタリアの巨匠ジャンニ・アメリオ監督の『家の鍵』に感動したので、続けてもう1本で
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2017年
    • 製作国イタリア
    • 時間108分
    • 監督ジャンニ・アメリオ
    • 主演レナート・カルペンティエリ
    • 定額

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。