全6作品。高橋洋監督が制作した映画ランキング

  1. 霊的ボリシェヴィキ

    霊的ボリシェヴィキ
    評価:D3.02
    『女優霊』や『リング』シリーズ、『発狂する唇』などの脚本を手掛けてきた高橋洋がメガホンを取ったホラー。奇妙な心霊実験が恐怖の世界へと移っていくさまを描き出す。

    ホラー
    製作年:2017
    製作国:日本
    監督:高橋洋
    主演:韓英恵
    1
  2. ソドムの市

    ソドムの市
    評価:E1.93
    「リング」の脚本家・高橋洋が長編初メガホンを取ったホラー活劇。18世紀、キャサリンとテレーズは身に覚えのない罪で領主・俎渡海市兵衛に責め殺されてしまう。そして現代、市兵衛の破壊的な性格を受け継いだ俎渡海一族の末裔・市郎は、300年もの時を越えてよみがえった怨念によって極悪人「ソドムの市」へと変貌。世界を恐怖の底に陥れていく。新人監督たちが名監督に挑む「映画番長」シリーズ第3弾で、高橋洋が監修を務める「ホラー番長」の1作。

    ホラー、不幸な結末のバッドエンド
    製作年:2004
    製作国:日本
    監督:高橋洋
    主演:浦井崇
    2
  3. 恐怖

    恐怖
    評価:E1.91
    『リング』などの脚本でも有名な高橋洋監督が、Jホラーの仕掛人である一瀬隆重プロデューサーとタッグを組んだ異色ホラー。人間の脳の不思議に取りつかれた家族の宿命を背負う美しき姉妹の悲劇を描く。

    ホラー

    ネット上の声

    つまらなく怖くなかったという“恐怖”
    全体的に安ぽい仕上がりで何も言えない
    ラストが意味分からなかった人へ
    こんなひどい作品は久々
    製作年:2009
    製作国:日本
    監督:高橋洋
    主演:高橋長英
    3
  4. 旧支配者のキャロル

    旧支配者のキャロル
    評価:E1.60
    トラッシュ・カルチャーの専門誌「TRASH-UP!!」と3人の映画監督がコラボレーションした上映プログラム「コラボ・モンスターズ!!」の1作。映画学校の卒業制作で監督に選ばれたみゆきは、講師であこがれの女優でもあるナオミに出演を依頼するが、撮影現場でナオミから出される課題の数々は過酷を極め……(高橋洋監督作「旧支配者のキャロル」)。真は恋人の豊に結婚をせまるが、「真と結婚すると父が不幸な死に方をする」と言われ、その一方で豊の妹の園に「父は既に殺されている」と言われる。姉妹の食い違う話に混乱する真は、育ての親である叔父から驚くべき事実を知らされて……(西山洋市監督作「kasanegafuti」)。憑かれたように理想の女性を追い求める佐伯は、親友の妻・陽子にも手を出す。周囲はそんな佐伯の行動にあきれるが、ある日、陽子が目の前で交通事故に遭い死亡したことから佐伯の運命は狂い始め……。(古澤健監督作「love machine」)。

    ヒューマンドラマ、サスペンス
    製作年:2011
    製作国:日本
    監督:高橋洋
    主演:松本若菜
    4
  5. 狂気の海

    狂気の海
    評価:E1.56
    『呪怨』シリーズの監修を務め、『ソドムの市』の異才、高橋洋監督による社会派エンターテインメント。憲法第9条改正をめぐり発生する、国家を揺るがす一大事を驚きの新解釈で活写。

    サスペンス
    製作年:2007
    製作国:日本
    監督:高橋洋
    主演:中原翔子
    5
  6. コラボ・モンスターズ!!

    コラボ・モンスターズ!!
    評価:E0.00
    カルチャー雑誌「TRASH-UP!!」が、異才を放つ3人の映像クリエイターとコラボレーションして放つ上映プロジェクト。『リング』シリーズなどの脚本家だけでなく、監督としても『恐怖』を手掛けるホラーの名手・高橋洋が、人間ドラマに真っ向から挑んだ『旧支配者のキャロル』。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    Movie will return
    旧支配者のキャロルの迫力は一見の価値あり
    中原翔子さんに女優魂を見る
    最高にいい!面白い!
    製作年:2011
    製作国:日本
    監督:高橋洋
    主演:松本若菜
    6

スポンサードリンク