全2作品。イ・ギュマン監督が制作した映画ランキング

  1. カエル少年失踪殺人事件

    カエル少年失踪殺人事件
    評価:C3.34
    1991年3月26日、山のふもとの村で「カエルを捕まえにいく」と言って遊びに出た5人の小学生がこつ然と姿を消した。特ダネを狙うMBS放送のカン・ジスン(パク・ヨンウ)や犯人像の分析を行うファン教授(リュ・スンリョン)、捜査を担当するパク刑事(ソン・ドンイル)たちが事件を追う中、ある子どもの父親(ソン・ジル)に容疑が掛けられる。

    サスペンス

    ネット上の声

    みんな、うちの子が、死んだと思っている
    さすが韓国、このジャンルにハズレなし!
    韓国映画らしい真剣さがみなぎる秀作
    あれは、こういうことにちがいない!
    製作年:2011
    製作国:韓国
    監督:イ・ギュマン
    主演:パク・ヨンウ
    1
  2. リターン

    リターン
    評価:D3.06
    「韓流シネマ・フェスティバル2008ラブ&ヒューマン」上映作品。手術中に意識が戻ってしまう“手術中覚醒”を経験した男の復讐劇。「ファム・ファタール」のキム・ミョンミン、「カル」のユ・ジュンサン、「浜辺の女」のキム・テウらが出演。手術中の覚醒を経験した少年が、別の子供を殺害して精神病院に搬送される。そこで催眠治療を施された少年は出所し普通の生活を取り戻したかに見えたが、事件の25年後、少年の恐怖の記憶が蘇ってきて……。

    サスペンス

    ネット上の声

    途中下車からB級中の中当たり
    ★★★★に近い★三つ
    サスペンス
    隠れた名作だけど
    製作年:2007
    製作国:韓国
    監督:イ・ギュマン
    主演:キム・ミョンミン
    2

スポンサードリンク