全13作品。ウェイン・ワン監督が制作した映画ランキング

  1. ラスト・ホリデイ

    ラスト・ホリデイ
    評価:A3.98
     余命3週間と宣告を受けた女性が最期の日々を心置きなく満喫しようと高級リゾートで贅沢に過ごすさまと、そんな彼女の周囲で巻き起こる騒動を描いたコメディ・ドラマ。

    コメディ

    ネット上の声

    久々にホッとできる作品
    良かったよ!!
    単純にして爽快
    見た後に予想通りの展開が待っています
    製作年:2006
    製作国:アメリカ
    監督:ウェイン・ワン
    主演:クイーン・ラティファ
    1
  2. スモーク

    スモーク
    評価:A3.94
    ベルリン国際映画祭(1995年・銀熊賞 審査員グランプリ) アメリカを代表する作家ポール・オースターが書き下ろした原作を基に、男たちの中に隠された哀しいロマンティシズムを描いた都会の物語。14年間毎朝同じ時刻に店の前で写真を撮り続けている煙草屋の店長オーギー、彼の馴染みの客で突然の事故により出産まもない妻を失って以来ペンを持てずにいる作家のポール、彼が車に跳ねられそうになった所を助けた黒人少年ラシードの3人を軸に、ブルックリンのとある煙草屋に集まる男達女達の日常を、過去と現在を、嘘と本当を巧みに交差させながら進んでゆく。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    煙の重さのように、本作を見た後と前では何かが違っている
    共有する話は、嘘か真か、それとも・・・
    「傑作」の期待、最後は煙のように。。
    映画ってこうでなきゃな。
    製作年:1995
    製作国:アメリカ/日本
    監督:ウェイン・ワン
    主演:ハーヴェイ・カイテル
    2
  3. きいてほしいの、あたしのこと ウィン・ディキシーのいた夏

    きいてほしいの、あたしのこと ウィン・ディキシーのいた夏
    評価:B3.72
    10歳の少女と1匹の野良犬の心の交流を描いた暖かい物語。1匹の野良犬と出会い、心を奪われた少女・オパール。彼女は保健所に連れて行かれそうになったその犬を、とっさにスーパーの店名と同じ“ウィン・ディキシー”と名付けて飼い始める。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    酒瓶のなる木とリトマス・キャンディー
    しあわせを生み出すこどものちから
    以外に良かったですよ
    支え合うふたり♪
    製作年:2005
    製作国:アメリカ
    監督:ウェイン・ワン
    主演:アナソフィア・ロブ
    3
  4. 地上(ここ)より何処(どこ)かで

    地上(ここ)より何処(どこ)かで
    評価:C3.49
    奔放な母とクールな娘の自立と成長を描いたヒューマンドラマ。監督は「チャイニーズ・ボックス」のウェイン・ワン。脚本は「普通の人々」のアルヴィン・サージェント。原作はモナ・シンプソンの同名小説(早川文庫刊)。撮影は「クンドゥン」のロジャー・ディーキンズ。音楽は「スリーピー・ホロウ」のダニー・エルフマン。出演は「グッドナイト・ムーン」のスーザン・サランドン、「スター・ウォーズ エピドード1:ファントム・メナス」のナタリー・ポートマン、「ダイ・ハード2」のボニー・ベデリア、「パラサイト」のショーン・ハートシーほか。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    母も娘も成長しながら生きていく素晴らしさ
    ぶっとんだ母親とよくできた娘。
    どこか暖かく、そしてほろ苦い
    東部の大学は授業料が高い
    製作年:1999
    製作国:アメリカ
    監督:ウェイン・ワン
    主演:スーザン・サランドン
    4
  5. ジョイ・ラック・クラブ

    ジョイ・ラック・クラブ
    評価:C3.45
     全米でも予想外のヒットを記録した、エイミ・タンのベストセラー小説の映画化。題名のジョイラック倶楽部とは、語り手ジェーンの母が、仲のよい3人の女友達と、それぞれの喜びも幸運も分かち合おうと始めた麻雀会のこと。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    母娘の仲が悪い家の旦那さんは必見です
    今日、こんな事があったので。。。
    よい蟹を選ばない
    字幕でどうぞ
    製作年:1993
    製作国:アメリカ
    監督:ウェイン・ワン
    主演:ミンナ・ウェン
    5
  6. 千年の祈り

    千年の祈り
    評価:C3.33
    世界中から注目を集める中国人女性作家イーユン・リーのデビュー短編集に収められた一編を映画化。わだかまりを抱えて離れ離れになった父娘が、本当の親子のきずなを築くようになるまでを描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    観る側の親子関係で左右される作品の見方
    ”中国故事”が作品タイトルの由来
    おぢいさんは橋爪功さんか!?
    そっと隣に座りたいな・・・
    製作年:2007
    製作国:アメリカ/日本
    監督:ウェイン・ワン
    主演:ヘンリー・オー
    6
  7. メイド・イン・マンハッタン

    メイド・イン・マンハッタン
    評価:C3.30
     シングル・マザーのマリサは、五つ星ホテル、ベレスフォードの優秀な客室係。ひとり息子タイを育てながら忙しく働く毎日。

    恋愛

    ネット上の声

    やっぱりこういうお話が好きだわぁ〜♪♪
    『ウェディングプランナー』に引続き
    これこそ現代版シンデレラでは?
    ホットな気分にさせてくれます。
    製作年:2002
    製作国:アメリカ
    監督:ウェイン・ワン
    主演:ジェニファー・ロペス
    7
  8. 赤い部屋の恋人

    赤い部屋の恋人
    評価:E2.49
     リチャードはネット・トレーディングで巨万の富を得た若きネット長者。だが彼は父を亡くして以来、引き籠もりがちの生活を送るようになっていた。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    恋人になれるのは
    うーん
    これぞ究極の“愛”だと思うけど
    製作年:2001
    製作国:アメリカ
    監督:ウェイン・ワン
    主演:ピーター・サースガード
    8
  9. 女が眠る時

    女が眠る時
    評価:E2.48
    『スモーク』などのウェイン・ワン監督がメガホンを取り、スペイン人作家ハビエル・マリアスの短編小説を映画化したミステリー。海辺のホテルを舞台に、偶然出会った男女の私生活をのぞかずにはいられない主人公の異様な心象風景を描写する。

    サスペンス

    ネット上の声

    おたくさ、タイツとストッキングの違いわかる?
    観るなら観ろ!ただし、面白くないぞ!
    ちょっと不思議で、 想像を掻き立てる
    空気感は良いけど話が錯乱し過ぎ
    製作年:2016
    製作国:日本
    監督:ウェイン・ワン
    主演:ビートたけし
    9
  10. チャイニーズ・ボックス

    チャイニーズ・ボックス
    評価:E0.00
     『スモーク』のウェイ・ワン監督が香港を舞台に綴るラブ・ストーリー。過去を隠す女、死を宣告された男、明日を生きようとする女など、返還間近の香港に交錯する人々を描く。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1997
    製作国:イギリス/香港
    監督:ウェイン・ワン
    主演:ジェレミー・アイアンズ
    10
  11. スラムダンス

    スラムダンス
    評価:E0.00
     見ず知らずの女とつきあった事から、思わぬ殺人事件に巻き込まれる漫画家。別れた女房に助けられながら、彼はロサンゼルスの街中を逃げ回るハメに……。

    サスペンス

    ネット上の声

    小粋なB級サスペンス
    うん。知られざる佳作
    世界観に酔えるフィルムノワールの佳作
    80sクール!
    製作年:1987
    製作国:アメリカ
    監督:ウェイン・ワン
    主演:トム・ハルス
    11
  12. 命は安く、トイレットペーパーは高い

    命は安く、トイレットペーパーは高い
    評価:E0.00
    製作年:1989
    製作国:香港
    監督:ウェイン・ワン
    主演:ロー・ウェイ
    12
  13. 夜明けのスローボート

    夜明けのスローボート
    評価:E0.00
     49年、ニューヨークのチャイナタウンを舞台に二人の新婚カップルと、それを取り巻く人々の間で繰り広げられる人間ドラマを描いた作品。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1989
    製作国:アメリカ
    監督:ウェイン・ワン
    主演:ラッセル・ウォン
    13

スポンサードリンク