全3作品。ヴィクトル・エリセ監督が制作した映画ランキング

  1. エル・スール

    エル・スール
    評価:A4.02
     故郷“エル・スール”(スペイン語で“南”の意味)を捨て、北の地へ移り住んだ父の姿を、スペイン内戦や、彼の忘れ得ぬ恋人への想いを絡め、その娘の目を通して描いたヒューマン・ドラマ。監督は「ミツバチのささやき」のヴィクトル・エリセ。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ☆4つを期待して観たら☆5つだった
    ミツバチの光によって補完された傑作
    映画の回顧上映は人を殺すこともある
    どこか秘密めいた父親に関する追想
    製作年:1982
    製作国:スペイン/フランス
    監督:ヴィクトル・エリセ
    主演:オメロ・アントヌッティ
    1
  2. ミツバチのささやき

    ミツバチのささやき
    評価:A3.92
    スペインの名匠ビクトル・エリセが1973年に発表した長編監督第1作。スペインの小さな村を舞台に、ひとりの少女の現実と空想の世界が交錯した体験を、主人公の少女を演じた子役アナ・トレントの名演と繊細なタッチで描き出した。スペイン内戦が終結した翌年の1940年、6歳の少女アナが暮らす村に映画「フランケンシュタイン」の巡回上映がやってくる。映画の中の怪物を精霊だと思うアナは、姉から村はずれの一軒家に怪物が潜んでいると聞き、その家を訪れる。するとこそには謎めいたひとりの負傷兵がおり……。2017年、世界の名作を上映する企画「the アートシアター」の第1弾として、監督…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    愛らしくてとても、とてもおそろしい映画
    抗しがたい死の魅力
    非常にセンスの良さを感じる作品☆4つ
    人間嫌いの父親をもっと知りたい
    製作年:1973
    製作国:スペイン
    監督:ヴィクトル・エリセ
    主演:アナ・トレント
    2
  3. マルメロの陽光

    マルメロの陽光
    評価:A3.86
    カンヌ国際映画祭(1992年・審査員賞)スペインの画家、アントニオ・ロペスは毎年秋になると庭のマルメロの実に向かって絵筆を取る。愛妻と愛娘に見守られながら、時に訪ねてくる友人の画家エンリケと歌を口ずさみながら。マルメロの実はやがて熟してゆく……。10年に1本の寡作の名匠、ビクトル・エリセがドキュメンタリー風に輝く陽光を切り取った、美しい第3作。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    エリセの映画論?
    予算があれば
    美しい
    無常、それが美の創造主
    製作年:1992
    製作国:スペイン
    監督:ヴィクトル・エリセ
    主演:アントニオ・ロペス=ガルシア
    3

スポンサードリンク