全15作品。相米慎二監督が制作した映画ランキング

  1. お引越し

    お引越し
    評価:B3.63
    離婚を前提に別居に入った両親を持つ11歳の少女の揺れ動く気持ちの葛藤と成長を、周囲の人々との交流を通して描くドラマ。「東京上空いらっしゃいませ」の相米慎二の10作目の監督作。第一回椋鳩十児童文学賞を受賞したひこ・田中の同名作品を原作に、これがともに劇場映画デビューとなる奥寺佐渡子と小此木聡が共同脚色。撮影は「レイジ・イン・ハーレム」の栗田豊通が担当。ヒロインの少女・レンコは八二五三名の応募の中からオーディションにより選ばれた新人・田畑智子が演じた。相米作品にとっては初めての京都ロケで、また読売テレビが映画製作のための特別スポット枠を設けてスポンサードを呼びかけた製法方法も話題となった。キネマ…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    離婚する親の状況なんて子供には関係ない
    親が子を想って何が悪い!子が親を想って何が悪い!!
    自分も理不尽な大人になった
    製作年:1993
    製作国:日本
    監督:相米慎二
    主演:中井貴一
    1
  2. ラブホテル

    ラブホテル
    評価:C3.57
    製作年:1985
    製作国:日本
    監督:相米慎二
    主演:速水典子
    2
  3. セーラー服と機関銃 完璧版

    セーラー服と機関銃 完璧版
    評価:C3.50
    父を亡くした女子高生・星泉はひょんなことから、組員4人の目高組の組長を襲名することになった。麻薬事件に巻き込まれた組を救うため、マシンガン片手に戦いを挑む。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    (その機関銃)捨てて下さい~♪
    当時はドキドキものでした
    相米映画、快感のきざし
    うーん、相米慎二
    製作年:1981
    製作国:日本
    監督:相米慎二
    主演:薬師丸ひろ子
    3
  4. 翔んだカップル

    翔んだカップル
    評価:C3.43


    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    いつもはねてるような可愛さのある彼女です
    あの当時見て、ときめきような輝きあった
    12歳の当時、憧れました。
    夭折で円熟期を回避した相米慎二
    製作年:1980
    製作国:日本
    監督:相米慎二
    主演:薬師丸ひろ子
    4
  5. 翔んだカップル オリジナル版

    翔んだカップル オリジナル版
    評価:C3.40


    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    思いはいつも切なくて
    懐かしい記憶
    青春の不安定感
    いつ見ても新鮮
    製作年:1982
    製作国:日本
    監督:相米慎二
    主演:鶴見辰吾
    5
  6. 夏の庭 The Friends

    夏の庭 The Friends
    評価:C3.36
    相米慎二監督、湯本香樹実の児童文学の名作を映画化したヒューマンドラマ

    夏休みが舞台

    ネット上の声

    ありがち‥分かってはいたけど‥地味に感動
    ラストシーンが逸品
    夏の雰囲気
    少年たちの存在のゆらめき
    製作年:1994
    製作国:日本
    監督:相米慎二
    主演:三國連太郎
    6
  7. 台風クラブ

    台風クラブ
    評価:C3.35
    東京国際映画祭(1985年・グランプリ)東京近郊のとある中学校。3年生の生徒達は、やり場のない苛立ちを抱えながら毎日を過ごしていた。そんな学校に、ある日台風が接近して来る。やがて校舎が暴風雨に包まれる中、数人の3年生の男女が教室の中で、あるいは校庭で、抑えようのない苛立ちを解放して…。

    青春、中学校

    ネット上の声

    狂暴で、瑞々しくて、ダサくて凄い映画。
    タダイマオカエリ挨拶の暴力
    子供から大人へ
    なつかしー
    製作年:1985
    製作国:日本
    監督:相米慎二
    主演:三上祐一
    7
  8. 雪の断章 情熱

    雪の断章 情熱
    評価:C3.27
    ふたりの男性に囲まれて育ったみなし児の少女が、殺人事件に巻きこまれ、大人になっていく姿を描く。佐々木丸美原作の『雪の断章』の映画化で、脚本は「魔の刻」の田中陽造、監督は「台風クラブ」の相米慎二、撮影は「おはん」の五十畑幸勇がそれぞれ担当。主題歌は、斉藤由貴(「情熱」)。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、冬に見たくなる

    ネット上の声

    面白くないけど雰囲気はある
    幻の作品になってしまうのか
    相米、斉藤のむちゃな断章
    押井守に例えるならば
    製作年:1985
    製作国:日本
    監督:相米慎二
    主演:斉藤由貴
    8
  9. あ、春

    あ、春
    評価:C3.27
    招かれざる客の出現に揺れる家族のとまどいを描きながら、現代人の悲哀を浮き彫りに。せつなさを匂わせつつも、かすかに温かみを残す、相米慎二監督の優しい視点が印象深い。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    家族を感じる素敵な映画でした
    現代社会の不協和音
    父は死んだはずだが
    ほのぼの
    製作年:1998
    製作国:日本
    監督:相米慎二
    主演:佐藤浩市
    9
  10. 魚影の群れ

    魚影の群れ
    評価:C3.27
     厳しい北の海で漁をする、ひとりの頑固な漁師、そのひとり娘、娘の恋人で一人前の漁師をめざす青年の三者の愛憎を軸に描いた骨太な人間ドラマ。吉村昭の同名小説を「セーラー服と機関銃」「ションベン・ライダー」の相米慎二監督が映画化。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    今どき、こんな骨太な日本映画はないですね
    相米監督の海の空間とマグロな人達
    揺れる船と一緒に酔いしれる
    緒形拳を見る映画☆3.0
    製作年:1983
    製作国:日本
    監督:相米慎二
    主演:緒形拳
    10
  11. セーラー服と機関銃

    セーラー服と機関銃
    評価:C3.25
    遠い血縁関係にあるヤクザの親分が死んで跡目を継ぐことになった女高生が四人の子分と、対立する組織に戦いを挑む。赤川次郎の同名の小説の映画化で、脚本は「陽炎座」の田中陽造、監督は「翔んだカップル」の相米慎二、撮影は「獣たちの熱い眠り」の仙元誠三がそれぞれ担当。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    荒唐無稽でもひとりの少女の成長を描く青春物語
    ありえない設定だからこその面白さ
    薬師丸ひろ子が切り拓く道
    国民的スター薬師丸ひろ子
    製作年:1981
    製作国:日本
    監督:相米慎二
    主演:薬師丸ひろ子
    11
  12. 風花 kaza-hana

    風花 kaza-hana
    評価:C3.22


    ヒューマンドラマ
    製作年:2000
    製作国:日本
    監督:相米慎二
    主演:小泉今日子
    12
  13. 東京上空いらっしゃいませ

    東京上空いらっしゃいませ
    評価:D3.10
    新人、榎祐平のオリジナル脚本を映画化したファンタジー。交通事故で死んでしまった新人モデルの女の子が、天国に行くのを嫌がり、幽霊のままこの世の生を謳歌しようとする。彼女のときめきとはかなさを溌刺と描いていく。主演の牧瀬里穂の伸び伸びとした好演をはじめ、彼女をかくまう中井貴一、二役を演じる笑福亭鶴瓶などキャストが充実。長回しショットが役者の肉体を躍動させていく相米演出の妙もうれしい。4人の歌手が別々に歌う『帰れない二人』が、主人公の心情を切々と表現する。クライマックスのジャズ・バーでのミュージカル的演奏シーンの映画的高揚など見どころも多彩だ。

    ファンタジー、ヒューマンドラマ、青春

    ネット上の声

    相米慎二の変態性と観客の変態化
    美少女・牧瀬里穂デビュー作
    東京上空ヒュウヒュウだよ
    牧瀬里穂の魅力
    製作年:1990
    製作国:日本
    監督:相米慎二
    主演:牧瀬里穂
    13
  14. ションベン・ライダー

    ションベン・ライダー
    評価:D2.95
    いつもいじめられているガキ大将が誘拐され、彼を追う三人の少年少女と中年男のヤクザの姿を描く。脚本は「丑三つの村」の西岡琢也とチエコ・シュレイダーの共同執筆、監督は「セーラー服と機関銃」の相米慎二、撮影は「さらば愛しき大地」の田村正毅と伊藤昭裕の共同でそれぞれ担当。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    レナード・シュレイダーの不可思議
    ハイテンションキッズムービー
    失敗作です。
    中学生の頃のわけわかんないけど楽しい感じ
    製作年:1983
    製作国:日本
    監督:相米慎二
    主演:藤竜也
    14
  15. 光る女

    光る女
    評価:D2.75
     かつての恋人を探しに、北海道から東京へやってきた大男が歌を歌えなくなったクラブの歌姫と恋に落ちる異色のラブ・ファンタジー。小檜山博の同名小説を「台風クラブ」の相米慎二監督が映画化。

    ファンタジー、ヒューマンドラマ、恋愛

    ネット上の声

    当初は前田日明
    武藤さん
    これはまずい
    製作年:1987
    製作国:日本
    監督:相米慎二
    主演:武藤敬司
    15

スポンサードリンク