全2作品。大森寿美男監督が制作した映画ランキング

  1. 風が強く吹いている

    風が強く吹いている
    評価:A3.98
    高校時代に天才ランナーと呼ばれながらも、事件を起こして陸上から遠ざかっていたカケル(林遣都)。ひざの故障で陸上の道をあきらめた元エリートランナーにして、寛政大学陸上競技部のリーダーでもあるハイジ(小出恵介)は、そんなカケルを陸上競技部にスカウトし、ひそかに抱き続けていた箱根駅伝出場の夢を実現させようとする。

    ヒューマンドラマ、青春、部活も

    ネット上の声

    長距離選手にとって、一番大切なものは何か
    小出恵介はキャプテンの中のキャプテンだ
    スポーツ物の映画に、この人あり!!
    箱根駅伝バカ、本作に対し物申す
    製作年:2009
    製作国:日本
    監督:大森寿美男
    主演:小出恵介
    1
  2. アゲイン 28年目の甲子園

    アゲイン 28年目の甲子園
    評価:A3.98
    『亡国のイージス』などのベテラン俳優中井貴一が主演を務め、重松清原作の小説を映画化した感動のヒューマンドラマ。かつての球児たちが甲子園に再挑戦する「マスターズ甲子園」を題材に、大人たちが野球を通して生きる喜びを再認識する姿を活写する。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    “まだ終わっていない”気持ちに届くもの。
    悪くはないけど、高評価すぎるのが謎
    様々な許しで氷が解けていく!!
    一球人球(泣ける作品)
    製作年:2014
    製作国:日本
    監督:大森寿美男
    主演:中井貴一
    2

スポンサードリンク