スポンサーリンクあり

全2作品。アンナ・ジャスティス監督が制作した映画ランキング

  1. あの日 あの時 愛の記憶
    • C
    • 3.57
    第2次大戦中のアウシュビッツ収容所から脱走して生き別れ、39年後に再会を果たした実在の恋人たちをモデルとしたラブストーリー。1944年、ポーランドの強制収容所で出会ったハンナとトマシュは恋に落ち、命がけで収容所を脱走するが、その後の混乱の中で離れ離れになってしまう。それから30年以上が過ぎた76年、ニューヨークで夫と娘と幸せな生活を送っていたハンナは、ある日、テレビに映っているトマシュの姿を目撃する。かつての恋人と再び会うため、ハンナはトマシュを探し始めるのだが……。

    ネット上の声

    • 『夜と霧』を鑑賞以降、ホロコースト関連作品は避けていたが、今作はちょっと珍しいタ
    • 劇的なはずの物語だが、控え目に作ったか。
    • 収容所ものにしてはそんなに深刻ではない
    • 2011年ドイツ映画(ホロコースト関連)
    戦争、 実話
    • 製作年2011年
    • 製作国ドイツ
    • 時間111分
    • 監督アンナ・ジャスティス
    • 主演アリス・ドワイヤー
  2. ピノキオ
    • E
    • 2.14
    愛犬と貧しい日々を過ごすゼベットじいさん。 子どもが欲しいと願っていたゼベットは、突然家に転がってきた1本の丸太から人形を作り出し、ピノキオと名付けた。 するとその晩、ブルーフェアリーが現れピノキオに命を授けたのだった! ウソをつくとピノキオの鼻は伸びたが、ゼベットは人間としての教えを説き、我が子のように可愛がった。 しかし悪い事ばかりを繰り返すピノキオは、ずる賢いキツネとネコの強盗団に付きまとわれ、とてつもない冒険に巻き込まれてしまう。 ゼベットは姿を消したピノキオを捜すため、ボートに乗って海へと繰り出すが、大きなクジラに飲み込まれてしまう・・・。

    ネット上の声

    • ドイツ製の実写+CG作品、なかなかの佳作
    • レビューが少なすぎて…
    • ディズニーのピノキオと本筋は変わらない
    • 初めてのピノキオ☆
    ファンタジー
    • 製作年2013年
    • 製作国ドイツ
    • 時間96分
    • 監督アンナ・ジャスティス
    • 主演マリオ・アドルフ

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。