全4作品。フェルナンド・メイレレス監督が制作した映画ランキング

  1. シティ・オブ・ゴッド

    シティ・オブ・ゴッド
    評価:A4.08
    ニューヨーク映画批評家協会賞(2003年) 1960年代後半、ブラジル・リオデジャネイロの貧民街“シティ・オブ・ゴッド”では銃による強盗や殺人が絶え間なく続いていた。そこでは3人のチンピラ少年が幅を利かせている。

    ヒューマンドラマ、実話

    ネット上の声

    銃弾が開く生の扉。命が結ぶ神への架け橋。
    鑑賞を迷っている方がいたら是非見て欲しい
    バトル・ロワイアルより怖い「神の街」。
    単に「映画」として観ても完璧な作品です
    製作年:2002
    製作国:ブラジル
    監督:フェルナンド・メイレレス
    主演:アレクサンドル・ロドリゲス
    1
  2. ナイロビの蜂

    ナイロビの蜂
    評価:C3.52
    アカデミー賞(2006年・助演女優賞)アフリカのナイロビでイギリスの外交官として働くジャスティン(レイフ・ファインズ)は、ある日、弁護士で救援活動家の美しい妻テッサ(レイチェル・ワイズ)を殺されてしまう。失意の中、ジャスティンは、妻が追っていた事件がイギリスの薬品メーカーによる現地の人々を使った人体実験であることを突き止める。

    サスペンス、アフリカ舞台

    ネット上の声

    愛と社会問題、欲張りすぎかな
    骨太映画でした
    社会派かもしれないけどこんなワガママな女イヤ と序盤は激しく思った...
    白人(製薬会社)のアフリカ搾取に対抗する女性とその夫の話。
    製作年:2005
    製作国:イギリス
    監督:フェルナンド・メイレレス
    主演:レイフ・ファインズ
    2
  3. 360

    360
    評価:D3.07
     世界の七都市を舞台に、メビウスの輪のように絡み合う複数の男女を描く群像劇。アルトゥール・シュニッツラーの戯曲『輪舞』の、マックス・オフュルス監督版(1950)とロジェ・ヴァディム監督版(1964)に続く三回目の映画化。

    サスペンス

    ネット上の声

    秘密必然偶然憮然無鉄砲無分別思慮輪舞無理
    360度人生を変えてみましょう。
    いろんなエピソードが楽める
    チョットだけ360な夜
    製作年:2011
    製作国:イギリス/オーストリア/フランス/ブラジル
    監督:フェルナンド・メイレレス
    主演:アンソニー・ホプキンス
    3
  4. ブラインドネス

    ブラインドネス
    評価:D2.74
    『シティ・オブ・ゴッド』のフェルナンド・メイレレスが、ノーベル文学賞受賞作家ジョゼ・サラマーゴの小説を映画化した心理パニック・サスペンス。視界が真っ白になる伝染病がまん延する状況下で、人間の本性や社会の恐怖をあぶり出していく。

    サスペンス、パニック、失明、感染病(伝染病)

    ネット上の声

    (★はいつも3つ)ですが傑作!と思います
    目の見えぬ恐怖ぅー見たいな物は感じれませんでした
    哲学メッセージを深く、それが盲目の始まり
    極限状態では人はどう変わるのか?それとも
    製作年:2008
    製作国:日本/ブラジル/カナダ
    監督:フェルナンド・メイレレス
    主演:ジュリアン・ムーア
    4

スポンサードリンク