全8作品。パク・チャヌク監督が制作した映画ランキング

  1. JSA

    JSA
    評価:A3.87
    ブルーリボン賞(2002年・外国映画賞)朝鮮半島を南北に分けた境界線に位置する共同警備区域(Joint Security Area)で起こった武力衝突事件。捜査を進める監視委員会の女性将校ソフィは、生き残った両国の兵士から事情聴取を進めるうちに、南と北で証言がまったく相反していることに悩む。そして、事件の核心に迫るにつれ、両国の兵士の間に信じがたい事実があったことを知るが……。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    板門店で誰にも知られずに友情を育む4人の男の物語。実際の話としては...
    テレビで流れている北朝鮮(軍人)の情報はそれが全ての事実ではなく、...
    立場を超越した哀しきも善き義理人情。。。
    ”DMZ”の中の”JSA”が舞台の感動作
    製作年:2000
    製作国:韓国
    監督:パク・チャヌク
    主演:ソン・ガンホ
    1
  2. オールド・ボーイ

    オールド・ボーイ
    評価:B3.66
    カンヌ国際映画祭(2004年・グランプリ)ごく平凡な人生を送っていたオ・デス(チェ・ミンシク)はある日突然拉致され、気がつくと小さな監禁部屋にいた。理由も分からぬまま15年監禁され続け、突如解放される。復讐を誓うデスの元に現れた謎の男(ユ・ジテ)は、5日間で監禁の理由を解き明かせと命じるが……。

    サスペンス、どんでん返し、漫画を実写化、復讐、監禁

    ネット上の声

    獣にも劣る人間ですが、生きる権利はあるのではないでしょうか
    これ、日本のマンガが原作だよね。
    ウギャ(ↀฺ?ↀฺ~)
    催眠術の必要性
    製作年:2003
    製作国:韓国
    監督:パク・チャヌク
    主演:チェ・ミンシク
    2
  3. お嬢さん

    お嬢さん
    評価:B3.62
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(2016年・2部門)第69回カンヌ国際映画祭に出品された、サラ・ウォーターズの小説「荊の城」を原案にしたサスペンス。日本統治下の韓国を舞台に、ある詐欺師が企てる富豪一家の財産強奪の行く末を追い掛ける。

    サスペンス

    ネット上の声

    映像美は満点 ストーリーも秀逸 なのにイマイチ好きになれないのは ...
    原作未読だったので……驚愕した! そして蛸!
    僕にはこの映画を論じる胆力が足りません…
    同じ出来事を異なる視点で描く三部構成。
    製作年:2016
    製作国:韓国
    監督:パク・チャヌク
    主演:キム・ミニ
    3
  4. 復讐者に憐れみを

    復讐者に憐れみを
    評価:C3.53
    2004年カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した、『オールド・ボーイ』のパク・チャヌク監督による“復讐三部作”の第一章。この後『オールド・ボーイ』、そして現在撮影中の作品へと続く。

    ヒューマンドラマ、誘拐、復讐

    ネット上の声

    ドキドキするストーリー展開が好きだ!
    安易に燃え上がる正義の炎に水をかける
    果たして、正義が達成されたのか
    人はいかに堕ちてゆくのか
    製作年:2002
    製作国:韓国
    監督:パク・チャヌク
    主演:ソン・ガンホ
    4
  5. イノセント・ガーデン

    イノセント・ガーデン
    評価:C3.46
    『オールド・ボーイ』『渇き』などで知られる韓国の鬼才、パク・チャヌク初のハリウッド作となるサスペンス・スリラー。広大な屋敷で暮らす母娘のもとへ、長期間にわたって消息を絶っていた叔父が現れたのを機に、次々と起こる不気味な出来事と、その裏に隠された驚がくの真相を息詰まるタッチで追い掛けていく。

    サスペンス

    ネット上の声

    パク・チャヌク色に染め抜かれたサスペンス
    罪深き花園を濡らす、背徳のエクタスタシー
    観賞後に、原題&邦題がぐっとくる!
    デートでは選ばないように
    製作年:2013
    製作国:アメリカ
    監督:パク・チャヌク
    主演:ミア・ワシコウスカ
    5
  6. 親切なクムジャさん

    親切なクムジャさん
    評価:D3.21
    子供を誘拐した罪で服役中のクムジャ(イ・ヨンエ)は、囚人の悩みを聞いては、その悩みを解決していた。やがてクムジャは囚人の中から自然に「親切なクムジャさん」と呼ばれるようになる。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    人間とは業の深い生き物よ、と思いました
    一人では帰れない。。。
    魔女は親切?不親切?
    祝!三部作完結!
    製作年:2005
    製作国:韓国
    監督:パク・チャヌク
    主演:イ・ヨンエ
    6
  7. 渇き

    渇き
    評価:D3.08
    カンヌ国際映画祭(2009年・審査員賞)

    ヒューマンドラマ、サスペンス
    製作年:2009
    製作国:韓国
    監督:パク・チャヌク
    主演:ソン・ガンホ
    7
  8. サイボーグでも大丈夫

    サイボーグでも大丈夫
    評価:E2.62
    『オールド・ボーイ』などの鬼才、パク・チャヌク監督による、精神クリニックを舞台にしたラブストーリー。自分はサイボーグだと信じて疑わない少女と、人のくせまで盗むことができる青年が、不器用に心を通わせていく様を優しく見つめる。

    恋愛

    ネット上の声

    暖かく描かれる意味不明世界
    不親切なチャヌクさん
    サイボーグでも大丈夫
    ありふれたラブコメに飽きた方へ・・・
    製作年:2006
    製作国:韓国
    監督:パク・チャヌク
    主演:Rain
    8

スポンサードリンク