スポンサーリンクあり

全10作品。パク・チャヌク監督が制作した映画ランキング

  1. オールド・ボーイ
    • S
    • 4.50
    「JSA」で国際的な注目を集めた韓国のパク・チャヌク監督が、作・土屋ガロン、画・嶺岸信明による日本の同名コミックを原作に、15年間の監禁生活を強いられた男の復讐劇を容赦ないバイオレンス描写で描いたサスペンススリラー。平凡な会社員オ・デスはある日突然何者かに拉致され、ベッドとテレビしかない狭い部屋に監禁されてしまう。理由も目的も分からぬまま15年の歳月が流れたある日、オ・デスは突如として解放される。若い女ミドの協力を得て犯人捜しに乗り出したオ・デスの前に、謎の男ウジンが出現。ウジンはオ・デスに、監禁された理由を5日間で解き明かせと、互いの命を懸けたゲームを持ちかける。主演は「シュリ」のチェ・ミンシク。2004年・第57回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞し、2013年にはスパイク・リー監督&ジョシュ・ブローリン主演でハリウッドリメイクされた。日本では2004年に劇場公開され、22年5月には4Kリマスター版が公開。初公開時は映倫R15+指定だったが、4Kリマスター版は映像がクリアになったことからR18+になった。

    ネット上の声

    • R指定納得のエグさ 伏線や展開は想像できなくて驚きはあったけど、話...
    • 獣にも劣る人間ですが、生きる権利はあるのではないでしょうか
    • 韓国では金でなんでも出来るから意外性がない
    • 衝撃を与えればいい、というものではない。
    監禁、 漫画を実写化、 復讐、 どんでん返し、 サスペンス
    • 製作年2003年
    • 製作国韓国
    • 時間120分
    • 監督パク・チャヌク
    • 主演チェ・ミンシク
    • 定額
    • 定額
  2. お嬢さん
    • S
    • 4.42
    「オールド・ボーイ」のパク・チャヌク監督が、イギリスの人気ミステリー作家サラ・ウォーターズの小説「荊の城」を原案に、物語の舞台を日本統治下の韓国に置きかえて描いたサスペンスドラマ。1930年代、日本統治下の韓国。スラム街で詐欺グループに育てられた少女スッキは、藤原伯爵と呼ばれる詐欺師から、ある計画を持ちかけられる。それは、莫大な財産の相続権を持つ令嬢・秀子を誘惑して結婚した後、精神病院に入れて財産を奪い取ろうというものだった。計画に加担することにしたスッキは、人里離れた土地に建つ屋敷で、日本文化に傾倒した支配的な叔父の上月と暮らす秀子のもとで、珠子という名のメイドとして働きはじめる。しかし、献身的なスッキに秀子が少しずつ心を開くようになり、スッキもまた、だます相手のはずの秀子に心惹かれていき……。秀子役を「泣く男」のキム・ミニが務め、スッキ役は無名の新人女優キム・テリをオーディションで抜擢。伯爵役は「チェイサー」のハ・ジョンウ、秀子の叔父・上月役は「最後まで行く」のチョ・ジヌンがそれぞれ演じた。

    ネット上の声

    • やばい。おもしろすぎる。 この監督やばい。韓国やばい。 いいなあ。...
    • 映像美は満点 ストーリーも秀逸 なのにイマイチ好きになれないのは ...
    • 原作未読だったので……驚愕した! そして蛸!
    • 僕にはこの映画を論じる胆力が足りません…
    サスペンス
    • 製作年2016年
    • 製作国韓国
    • 時間145分
    • 監督パク・チャヌク
    • 主演キム・ミニ
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  3. 3

    JSA

    JSA
    • B
    • 3.95
    北朝鮮と韓国の軍事境界線上にある共同警備区域(Joint Security Area=JSA)で起きた射殺事件の意外な真相を描き、韓国で大ヒットを記録した社会派サスペンス。 1999年10月28日深夜、JSAで北朝鮮の兵士2名が射殺される事件が発生した。容疑者である韓国軍兵士イ・スヒョクと現場に居合わせた北朝鮮兵士オ・ギョンピルの証言は大きく食い違い、捜査は中立国監視委員会に委ねられることに。捜査のため現地に派遣された韓国系スイス人の将校ソフィー・E・チャンは、事件の関係者たちと面会を重ねながら真相に迫るが、そこには思わぬ真実が隠されていた。 韓国軍兵士スヒョクをイ・ビョンホン、北朝鮮兵士ギョンピルをソン・ガンホ、スイス軍将校ソフィーをイ・ヨンエがそれぞれ演じた。後に「オールド・ボーイ」などを手がけるパク・チャヌク監督の出世作。

    ネット上の声

    • どうしてこれも観ていないのかと自分を取り調べしたくなる
    • 最後、めちゃくちゃ泣いてしまうけど大好きな映画です
    • "君は板門店を知らない"
    • パク・チャヌク監督作品だけに安定の面白さだが、事件の真相にはやや物足りなさを感じ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2000年
    • 製作国韓国
    • 時間110分
    • 監督パク・チャヌク
    • 主演ソン・ガンホ
    • レンタル
    • 定額
  4. 復讐者に憐れみを
    • B
    • 3.88
    2004年度カンヌ国際映画祭で、韓国映画初のグランプリ受賞を成し遂げたパク・チャヌク監督。受賞作「オールド・ボーイ」、続く「親切なクムジャさん」と併せて“復讐三部作”を成すシリーズの第一作。壮絶な暴力描写と陰惨なストーリーが賛否両論を呼び、韓国内では興行的に苦戦した。「JSA」のソン・ガンホ、シン・ハギュン、「ほえる犬は噛まない」のペ・ドゥナが、これまでイメージを覆すキャラクターを演じている。

    ネット上の声

    • ドキドキするストーリー展開が好きだ!
    • 安易に燃え上がる正義の炎に水をかける
    • 愛する者を失った男たちの復讐連鎖💥
    • 光市母子殺害の本村さんを観る度に
    誘拐、 復讐、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2002年
    • 製作国韓国
    • 時間117分
    • 監督パク・チャヌク
    • 主演ソン・ガンホ
  5. 別れる決心
    • B
    • 3.77
    「オールド・ボーイ」「お嬢さん」のパク・チャヌク監督が、殺人事件を追う刑事とその容疑者である被害者の妻が対峙しながらもひかれあう姿を描いたサスペンスドラマ。 男性が山頂から転落死する事件が発生。事故ではなく殺人の可能性が高いと考える刑事ヘジュンは、被害者の妻であるミステリアスな女性ソレを疑うが、彼女にはアリバイがあった。取り調べを進めるうちに、いつしかヘジュンはソレにひかれ、ソレもまたヘジュンに特別な感情を抱くように。やがて捜査の糸口が見つかり、事件は解決したかに見えたが……。 「殺人の追憶」のパク・ヘイルがヘジュン、「ラスト、コーション」のタン・ウェイがソレを演じ、「新感染半島 ファイナル・ステージ」のイ・ジョンヒョン、「コインロッカーの女」のコ・ギョンピョが共演。2022年・第75回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞。

    ネット上の声

    • 映画通への目配せみたいな凝った演出手法に辟易するし事件が起きるのにその真相を落と
    • 『オールド・ボーイ』は鑑賞前にハードルが上がりすぎていたのか、なんとなくnot
    • アイディアに貫かれた緻密な映像設計が、白昼夢のごときストーリーを奏でる
    • パク・チャヌクの歪んだユーモアが弾けた笑えるノワール
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2022年
    • 製作国韓国
    • 時間138分
    • 監督パク・チャヌク
    • 主演タン・ウェイ
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  6. 6

    渇き

    渇き
    • C
    • 3.34
    「オールド・ボーイ」「サイボーグでも大丈夫」の鬼才パク・チャヌク監督によるバンパイア映画。アフリカで行われたワクチン開発の実験台となり、その際に輸血された血液のせいでバンパイアとなってしまった神父サンヒョン。幼なじみの妻であるテジュと恋に落ちた彼は、テジュから夫を殺害して欲しいと頼まれるが……。主演は「殺人の追憶」「グエムル/漢江の怪物」の名優ソン・ガンホ。第62回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞。

    ネット上の声

    • パク・チャヌクがヴァンパイアを描くとこうなる。
    • パク・チャヌクならではのバンパイア映画
    • タイトルと逆の 韓国映画らしい“湿度”
    • 笑えて泣けて感動できる芳醇なひととき
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2009年
    • 製作国韓国
    • 時間133分
    • 監督パク・チャヌク
    • 主演ソン・ガンホ
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  7. 親切なクムジャさん
    • D
    • 2.95
    パク・チャヌク監督が「復讐者に憐れみを」「オールド・ボーイ」に続いて手がけた“復讐3部作”の最終作で、無実の罪で服役した女性が繰り広げる復讐劇を描いたサスペンスドラマ。 ある男に娘を人質に取られ、男が犯した幼児誘拐殺人の罪をかぶって投獄されたイ・クムジャ。服役中は誰に対しても優しい笑顔を絶やさず、「親切なクムジャさん」と呼ばれ慕われていた。13年の刑期を終えてついに出所した彼女は、自分を陥れた真犯人への復讐を開始。海外に養子に出されていた娘を取り戻し、先に出所していた仲間たちの協力を得て男を追い詰めていくが……。 「JSA」「ラスト・プレゼント」のイ・ヨンエが主演を務め、「オールド・ボーイ」のチェ・ミンシクが共演。カン・ヘジョン、ユ・ジテ、ソン・ガンホ、シン・ハギュンがカメオ出演。

    ネット上の声

    • やっぱり韓国の"復讐"はこちらの想像を越えてくる…
    • 万人向けではないが、残酷で美しく笑える
    • 人間とは業の深い生き物よ、と思いました
    • 私が思う<韓国映画>について。
    ヒューマンドラマ、 サスペンス
    • 製作年2005年
    • 製作国韓国
    • 時間114分
    • 監督パク・チャヌク
    • 主演イ・ヨンエ
    • 定額
  8. イノセント・ガーデン
    • D
    • 2.93
    「オールド・ボーイ」の鬼才パク・チャヌク監督のハリウッドデビュー作で、「プリズン・ブレイク」の俳優ウェントワース・ミラーが執筆し、ハリウッド業界人が選ぶ製作前の優秀脚本「ザ・ブラックリスト」2010年版の5位にも選ばれた脚本を映画化したミステリードラマ。外部と隔絶された大きな屋敷に暮らす繊細な少女インディアは、18歳の誕生日に良き理解者だった父親を事故で失う。母とともに葬儀に参列していたインディアだったが、そこへ行方不明になっていた叔父が突然現れ、一緒に屋敷で暮らすことになる。そのことをきっかけにインディアの周囲で不可解な現象が起こるはじめ……。インディアをミア・ワシコウスカが演じ、母親役でニコール・キッドマン、叔父役でマシュー・グードが共演する。

    ネット上の声

    • 父を亡くした18歳の少女の家に、行方が分からなくなっていた叔父が突如現れる
    • パク・チャヌク色に染め抜かれたサスペンス
    • 罪深き花園を濡らす、背徳のエクタスタシー
    • 洗練の中に潜ませた、パクチャヌクの美学
    サスペンス
    • 製作年2013年
    • 製作国アメリカ
    • 時間99分
    • 監督パク・チャヌク
    • 主演ミア・ワシコウスカ
    • レンタル
    • レンタル
    • 定額
  9. サイボーグでも大丈夫
    • E
    • 2.54
    「オールド・ボーイ」のパク・チャヌク監督が、精神クリニックを舞台に患者同士の恋を描いたファンタジック・ラブコメディ。妄想病患者の青年イルスンが入院している新世界精神クリニックに、自分のことをサイボーグだと信じる少女ヨングンがやって来た。イルスンは彼女に興味を抱き、その行動を観察し始めるのだが……。主演は人気歌手のRain(ピ)ことチョン・ジフンと「箪笥<たんす>」のイム・スジョン。

    ネット上の声

    • パク・チャヌク監督が【復讐三部作】の次に手掛けた【人間ではない存在の三部作】の第
    • ありふれたラブコメに飽きた方へ・・・
    • つらいときに思い出したいな^^
    • 暖かく描かれる意味不明世界
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2006年
    • 製作国韓国
    • 時間107分
    • 監督パク・チャヌク
    • 主演チョン・ジフン
  10. 10

    審判

    審判
    • E
    ヒューマンドラマ、 サスペンス
    • 製作年1999年
    • 製作国韓国
    • 時間26分
    • 監督パク・チャヌク
    • 主演キ・ジュボン

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。