全40作品。ヴィクター・フレミング監督が制作した映画ランキング

  1. 風と共に去りぬ

    風と共に去りぬ
    評価:C
    3.60
    アカデミー賞(1940年)
    1939年に製作され、アカデミー賞主演女優賞を始め10部門に輝いた不朽の名作。大富豪の令嬢スカーレット・オハラが、愛や戦争に翻弄(ほんろう)されながらも、力強く生き抜く姿を描く。

    ネット上の声

    スカーレットをどうしても好きになれない
    南北戦争の南部・白人貴族側からの視点
    なぜ「風と共に去りぬ」が名作なのか。
    驕慢な美女の「アイルランド魂」
    恋愛
    製作年:1939
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    主演:オリヴィア・デ・ハヴィランド
    定額
    定額
    定額
    レンタル
    1
  2. オズの魔法使

    オズの魔法使
    評価:C
    3.50
    アカデミー賞(1940年)
    アメリカの童話作家L・フランク・ボームの童話を色彩(テクニカラー)映画化したもので、「裸の島」のノエル・ラングレー、フローレンス・ライアソン、エドガー・アレン・ウルフの合作の脚本より、「風と共に去りぬ」のヴィクター・フレミングが監督した。「ローズ・マリー(1954)」のマーヴィン・ルロイ製作の1939年度作品。「アスファルト・ジャングル」のハロルド・ロッソンが撮影、音楽はハロルド・アーレンの担当。この作品でアカデミー特別賞を得た「踊る海賊(1948)」のジュディ・ガーランド以下、「無法街」の故フランク・モーガン、「虹の女王」のレイ・ボルジャー、「ローズ・マリー(1954)」のバート・ラー、ジ…

    ネット上の声

    We must be over the rainbow. 主題歌と共に超有名な作品!
    OZ〜あったかもしれないもう一つの寓話〜
    ぉぉお!これが1939年サイバーパンク!
    細部にまでこだわって作り上げられた名作
    ファンタジー
    製作年:1939
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    主演:レイ・ボルジャー
    レンタル
    定額
    レンタル
    2
  3. 我は海の子

    我は海の子
    評価:C
    3.40
    アカデミー賞(1938年・主演男優賞)

    ネット上の声

    優しく逞しく・・・
    我は海の子
    本当の勇気
    ヒューマンドラマ
    製作年:1937
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    主演:メルヴィン・ダグラス
    レンタル
    レンタル
    3
  4. 爆弾の頬紅

    爆弾の頬紅
    評価:E
    2.57
    2016年にアメリカで実際に起こった女性キャスターへのセクハラ騒動をシャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマン、マーゴット・ロビーの豪華共演で映画化。アメリカで視聴率ナンバーワンを誇るテレビ局FOXニュースの元・人気キャスターのグレッチェン・カールソンが、CEOのロジャー・エイルズを提訴した。人気キャスターによるテレビ界の帝王へのスキャンダラスなニュースに、全世界のメディア界に激震が走った。FOXニュースの看板番組を担当するキャスターのメーガン・ケリーは、自身がその地位に上り詰めるまでの過去を思い返し、平静ではいられなくなっていた。そんな中、メインキャスターの座のチャンスを虎視眈々と狙う若手のケイラに、ロジャーと直接対面するチャンスがめぐってくるが……。ケリー役をセロン、カールソン役をキッドマン、ケイラ役をロビーが、ロジャー・エイルズ役をジョン・リスゴーが演じる。監督は「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」のジェイ・ローチ、脚本は「マネー・ショート 華麗なる大逆転」でアカデミー賞を受賞したチャールズ・ランドルフ。シャーリーズ・セロンの特殊メイクを、「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」でアカデミー賞を受賞したカズ・ヒロ(辻一弘)が担当し、今作でもアカデミー賞のメイクアップ&スタイリング賞を受賞した。
    製作年:1933
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    主演:フランチョット・トーン
    4
  5. テスト・パイロット

    テスト・パイロット
    評価:E
    2.57
    「愛国者パーネル」「妻と女秘書」「男の世界」等に顔を合わせたクラーク・ゲーブルとマーナ・ローイに「我は海の子」「戦友」「激怒(1936)」のスペンサー・トレイシーが付き合って主演する映画で、「椿姫(1937)」「我は海の子」のライオネル・バリモアが共演する。原作は「空の軍隊」「無限の青空」のフランク・ウィード少佐が執筆し、「春を手さぐる」「永遠に愛せよ」のビンセント・ローレンスと「真珠の首飾」「永遠に愛せよ」の故ウォルデマー・ヤングが協力脚色し、「我は海の子」「運河のそよ風」のビクター・フレミングが監督に当たり、「踊るアメリカ艦隊」「妻と女秘書」のレイ・ジューンが撮影したものである。なお助演…

    ネット上の声

    是非鑑賞を
    ヒューマンドラマ
    製作年:1938
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    主演:ライオネル・バリモア
    定額
    レンタル
    5
  6. 紅塵

    紅塵
    評価:E
    2.55
    「自由の魂」「心の青空」「スザン・レノックス」のクラーク・ゲーブルが「街の野獣(1932)」「秘密の6」のジーン・ハーロウと共演する映画で、ウィルソン・コリソン作の舞台劇に基づいて「街の野獣(1932)」「暗黒街の顔役(1932)」のジョン・リー・メインが脚色し、「ダグラスの世界一周」「泥人形」のヴィクター・フレミングが監督に当たり、「コンゴ」「僕の武勇伝」のハロルド・ロッソンが撮影した。助演者は「火の翼」「狼火」のメアリー・アスター、「六月十三日の夜」「百万円貰ったら」のジーン・レイモンドを始め、タリー・マーシャル、ドナルド・クリスプ、フォーレスター・ハーヴェイ等である。

    ネット上の声

    若き日のクラーク・ゲーブルが美女二人と!
    雨と光の演出で、むせ返るような愛を描写
    拡大西部劇、アジア版
    三人とも若いなあ!
    ヒューマンドラマ
    製作年:1932
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    主演:ジーン・レイモンド
    6
  7. ジキル博士とハイド氏

    ジキル博士とハイド氏
    評価:E
    2.28

    ネット上の声

    未見?否、映画好きなら絶対見てる筈!
    若い時も当たり前に美しいバーグマン
    ホラー
    製作年:1941
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    主演:ドナルド・クリスプ
    レンタル
    7
  8. ヴァージニアン

    ヴァージニアン
    評価:E
    2.10

    ネット上の声

    カウボーイ式の缶詰の開け方は…
    西部劇
    製作年:1929
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    主演:メアリー・ブライアン
    8
  9. ジャンヌ・ダーク

    ジャンヌ・ダーク
    評価:E
    1.96
    アカデミー賞(1949年・2部門)
    ヒューマンドラマ
    製作年:1948
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    主演:ウォード・ボンド
    定額
    レンタル
    定額
    定額
    9
  10. 反逆者

    反逆者
    評価:E
    1.86
    リュック・ベッソンの原案、脚本、製作で、ナチスが残した金塊を手に入れるため奮闘する精鋭部隊を描いたアクションアドベンチャー。1995年、紛争末期のサラエボで大胆な戦略を展開するマット率いる5人のネイビーシールズのもとに、ある日、湖に重さ27トン、総額は3億ドルに及ぶナチスの金塊が眠っているとの情報が入ってくる。この金塊があれば、戦争に苦しむ避難民を救うことができると、メンバーの1人が恋に落ちたウェイトレスから懇願された5人は、金塊を奪取するため作戦を計画。敵陣の真っただ中に位置する水深45メートルの湖から、8時間という限られた時間で金塊を運び出すミッションがスタートする。リーダー役を「300 スリーハンドレッド 帝国の進撃」のサリバン・ステイプルトンが演じるほか、「セッション」のJ・K・シモンズ、「ブレードランナー 2049」のシルビア・フークスらが出演。監督は「イントゥ・ザ・ストーム」のスティーブン・クォーレ。
    製作年:1930
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    主演:グレゴリー・ゲイ
    10
  11. 宝島

    宝島
    評価:E
    0.00
    アドベンチャー(冒険)
    製作年:1934
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    主演:ライオネル・バリモア
    11
  12. 暗雲晴れて

    暗雲晴れて
    評価:E
    0.00
    ダグラスの連合芸術家会社における第2回映画。ダグラス・フェアバンクスがルイズ・ウィードンとトム・ゲラフテーを助手として原作および脚色を書き、長くダグラス映画を撮影していたヴィクター・フレミングが監督した喜活劇。ダグラスの相手はキャスリーン・クリフォードである。そのほかおなじみのフランク・カンポーやラルフ・ルイス、アルバート・マッカリーらが出演する。
    製作年:1919
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    主演:ラルフ・ルイス
    12
  13. 最後の一人迄

    最後の一人迄
    評価:E
    0.00
    製作年:1923
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    主演:ロバート・エディソン
    13
  14. 人罠

    人罠
    評価:E
    0.00
    「本町通り」「恋の浅瀬」の原作者シンクレア・ルイス氏作の小説「マントラップ」を映画化したもので、アデレード・ヒルプロン女史とエセル・ドハーティー女史とが脚色し、「卑怯者」「狂乱船」等と同じくヴィクター・フレミング氏が監督した。「人生の舞台裏」「駅馬車(1925)」等出演のアーネット・トーレンス氏、「卑怯者」「南海のアロマ」等出演のパーシー・マーモント氏、「昇天の意気」「紅の大空」等出演のクララ・ボウ嬢が共演しているほか、ミス・デュポン嬢、トム・ケネディー氏、ウィリアム・オーラモンド氏等が助演している。
    製作年:1926
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    主演:ユージン・パレット
    14
  15. 臆病男

    臆病男
    評価:E
    0.00
    製作年:1920
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    主演:ジョージ・スチュワート
    15
  16. フラ

    フラ
    評価:E
    0.00
    「人罠」「あれ」「乱暴ロージー」等と同じくクララ・ボウ嬢主演映画でアルミン・フォン・デンプスキ女史作の小説をドリス・アンダーソン女史が修訂しエセル・ドハーテイー女史が脚色し「人罠」「決死隊」「肉体の道」等と同じくヴィクター・フレミング氏が監督したもの。ボウ嬢の相手役は「鉄条網」「女心を誰か知る」等出演のクライヴ・ブルック氏が勤め、「金髪か黒髪か」「面影」等出演のアルレット・マルシヤル嬢を始め、アーノルド・ケント氏、アゴスチノ・ボルガト氏、アルバート・グラン氏等が助演している。
    製作年:1927
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    主演:アーノルド・ケント
    16
  17. 愛人の許へ

    愛人の許へ
    評価:E
    0.00
    ハーヴァード大学の懸賞当選脚本で、オリヴァー・モロスコ氏が舞台劇として演出したものに基づき、ジョン・エマーソン氏とアニタ・ルース女史とが脚色し、「無法者の掟」「海の掟」等と同じくヴィクター・フレミング氏が監督したもの。主役は「恋に国境なし」「娘も年頃」等出演のコンスタンス・タルマッジ嬢で、対手は「娘も年頃」「踊子懐かし」等に於けると同じくケネス・ハーラン氏である。プロローグとしてエデンの園でイーヴがアダムに林檎を呉れとせがむ所を喜劇的に見せている。
    製作年:1921
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    主演:フローレンス・ショート
    17
  18. 愛着の路

    愛着の路
    評価:E
    0.00
    「運命の孤児」等のアグネス・エイアース嬢がパラマウント社における主役としての出演の第一回映画である。ギルバート・パーカー卿の原作をユージーン・マリン氏が脚色し、ヴィクター・フレミング氏が監督したもの。相手役は「愚か者の楽園」「緑の誘惑」等で人気を博したセオドア・コスロフ氏及びマーロン・ハミルトン氏である。
    製作年:1922
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    18
  19. アビーの白薔薇

    アビーの白薔薇
    評価:E
    0.00
    ブロードウェイで5年にわたって長期興行を続けたアン・ニコルズ女史作の喜劇(三幕物)を映画化したもので、「肉体の道」「ニューヨークの波止場」のジュールス・ファースマン氏が脚色し、「肉体の道」「決死隊」のヴィクター・フレニング氏が監督の任に当たった。出演俳優は「つばさ」「紅い唇(1928)」「大学生気質」のチャールズ・バディー・ロジャース氏、「水盡く大地」「マンハッタン・カクテル」のナンシーキャロル嬢「オレンジ実る頃」「男女の戦」のジーン・ハーショット氏が主要な役を勤め、アイダ・クレマー嬢、バーナード・ゴーシー氏等は脚光を前に演じた役をカメラの前で演じている。なおJ・ファーレル・マクドナルド氏、ローザ・ロザノヴァ嬢も主演している撮影は「ニューヨークの波止場」「紳士は金髪がお好き(1928)」のハロルド・ロッソン氏が担当した。
    製作年:1928
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    主演:アイダ・クレイマー
    19
  20. アンナの昇天

    アンナの昇天
    評価:E
    0.00
    製作年:1922
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    主演:ニタ・ナルディ
    20
  21. 海の掟

    海の掟
    評価:E
    0.00
    自動車活劇の原作を数多く書いて有名なバイロン・モーガン氏の原作になったもので脚色はパテーの連続劇でお馴染みのバートラム・ミルハウザー氏の手になり、「無方者の掟」「埃乃の月」等と同じくヴィクター・フレミング氏の監督である。主役は「十誡(1923)」「フランス人形」等出演のロッド・ラ・ロック氏、「地獄の猛火」「タイナマイト・スミス」等のジャクリーン・ローガン嬢である。その他モーリス・B・フリン氏、ジョージ・フォーセット氏等も共演している。
    製作年:1924
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    主演:モーリス・フリン
    21
  22. 運河のそよ風

    運河のそよ風
    評価:E
    0.00
    「彼女の家出」「ニューヨークの口笛」のジャネット・ゲイナーが「東への道」のヘンリー・フォンダを相手に主演する映画で、「無軌道行進曲」「宝島(1934)」のヴィクター・フレミングが監督に当たった。ウォルター・D・エドモンズの小説に基づいたふらんく・B・エルザーとマーク・コネリー共同脚色の舞台劇から「流れる青空」のエドウィン・バークが脚色した。助演者は「ジャバの東」のチャールズ・ビックフォード、「東への道」のスリム・サマーヴィル、アンディ・デヴァイン及びマーガレット・ハミルトン、「あたいは街の人気者」のジェーン・ウイザーズその他で、「キャラバン」のアーチネスト・パーマー撮影。
    製作年:1935
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    主演:スリム・サマーヴィル
    22
  23. 埃及の月

    埃及の月
    評価:E
    0.00
    製作年:1923
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    23
  24. 狼の唄

    狼の唄
    評価:E
    0.00
    「肉体の道」「フラ」「アビーの白薔薇」の監督ヴィクター・フレミング氏が監督した発声映画でレッド・プック誌に連載されたハーヴェイ・ファーガスン氏作の小説を「希望の船」「暗黒街の女(1928)」のジョン・ファーロウ氏と「青春狂想曲」のキーン・タムスン氏が脚色したもの。主演者は「空行かば」「店曝しの天使」のゲィリー・クーパー氏と「ガウチョウ」「心の歌」のルーペ・ヴェレス嬢で、「暴力団(1928)」「テムペスト(1928)」のルイス・ウォルハイム氏が共演するほか、コンスタンチン・ロマノフ氏、ミカエル・ヴァヴィッチ氏、アン・プロディー嬢が出演している。カメラマンは「青春狂想曲」のアレン・G・シーグラー氏である。
    製作年:1929
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    主演:コンスタンティン・ロマノフ
    24
  25. 狂乱の船

    狂乱の船
    評価:E
    0.00
    製作年:1925
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    25
  26. 決死隊

    決死隊
    評価:E
    0.00
    故セオドア・ルーズヴェルトの事蹟を映画化したもので、ルーズヴェルトの伝記者ハーマン・ヘージドーン氏が見聞した事実に基づいて書き卸した物語をジョン・グツドリッチ氏が脚色し、「人罠」「卑怯者」等と同じくヴイクター・フレミング氏が監督した。ルーズヴェルトには故人に酷似したフランク・ホツパー氏が選ばれて扮し、「戦艦くろかね号」「海馬」等出演のジョージ・バンクロフト氏、「ポー・ジェスト(1927)」「夜会服」等出演のノア・ビアリー氏、「戦艦くろかね号」出演のチャールズ・フアーレル氏、「世界の女」出演のチャールズ・エメット・マック氏及び「最後の栄冠」「ドン・ファン(1926)」等出演のメエリー・アスター嬢が共演するほかフレッド・コーラー氏も出演している。
    製作年:1927
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    主演:メアリー・アスター
    26
  27. 曠原に立ちて

    曠原に立ちて
    評価:E
    0.00
    アーサー・ストリンジャー氏の小説に基づき、ケイリー・ウィルソン氏が脚色し「海の掟」等と同じくヴィクター・フレミング氏が監督したもの。主役は「北緯36度」「荒野の放浪者」主演のジャック・ホルト氏「縺れ行く情火」「奔流恋を乗せて」等出演のノーマ・シアラー嬢で、その他にもガートルード・オルムステッド嬢等が美しい所を見せている。
    製作年:1924
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    主演:ノーマ・シアラー
    27
  28. 心嬉しさ恐ろしさ

    心嬉しさ恐ろしさ
    評価:E
    0.00
    製作年:1921
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    主演:コンスタンス・タルマッジ
    28
  29. 絶壁に闘ふ

    絶壁に闘ふ
    評価:E
    0.00
    製作年:1925
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    主演:ベッシー・ラヴ
    29
  30. ダグラスの世界一周

    ダグラスの世界一周
    評価:E
    0.00
    先般来朝したダグラス・フェアバンクスとヴィクター・フレミング一行の各国漫遊記録を編集したもので撮影は同行のヘンリー・シャープ、編集はフレミングが当たっている。
    製作年:1931
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    主演:ダグラス・フェアバンクス
    30
  31. 泥人形

    泥人形
    評価:E
    0.00
    製作年:1930
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    31
  32. 懐しの谿

    懐しの谿
    評価:E
    0.00
    [最後の一人迄(1923)」「荒野の放浪者」等と同じくゼーン・グレイの書いた小説で、これをドリス・シュローダーとエドフリッド・A・ビンガムが脚色し、「無法者の掟」「アンナの昇天」等と同じくヴィクター・フレミングが監督したもので、主役は「最後の一人迄(1923)」「椰子の葉蔭」等出演のリチャード・ディックス、「返り咲く花」等出演のロイス・ウィルソンで、「荒野の放浪者」のマージョリー・ドウ、「一時間六十仙」のリカルド・コルテス等が共演する。例によっての活劇である。
    製作年:1923
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    主演:ノア・ビアリー
    32
  33. 南海の孤島

    南海の孤島
    評価:E
    0.00
    製作年:1925
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    33
  34. 肉体の道

    肉体の道
    評価:E
    0.00
    アカデミー賞(1929年)
    エミール・ヤニングス氏のパラマウント入社第1回主演映画で、ラヨス・ビロ氏とジユールス・ファースマン氏とが執筆した物語をファースマン氏が脚色し、「決死隊」に続いてヴイクター・フレミング氏が監督したものである。ヤニングス氏を助けて「第四の戒律」「ステラ・ダラス(1925)」等出演のベル・ベネット嬢を始め、「無花果の葉」「奥様お耳拝借」等出演のフイリス・ヘイヴァー嬢、ドナルド・キース氏、フレッド・コーラー氏、フイリップ・ドウ・ラシー君等が出演している。
    製作年:1927
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    主演:ベル・ベネット
    34
  35. 卑怯者

    卑怯者
    評価:E
    0.00
    ヒューマンドラマ
    製作年:1925
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    主演:レイモンド・ハットン
    35
  36. ホワイト・シスター

    ホワイト・シスター
    評価:E
    0.00
    製作年:1933
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    主演:ルイーズ・クロッサー・ヘイル
    36
  37. 無軌道行進曲

    無軌道行進曲
    評価:E
    0.00
    「わたし純なのよ」「爆弾の頬紅」のジーン・ハーロウと「悪夢」「影無き男(1934)」のウィリアム・パウエルが主演する映画で、オリヴァー・ジェフリーの原作を「ダンシング・レディ」のP・J・ウルフソンが脚色し、「爆弾の頬紅」「宝島(1934)」のヴィクター・フレミングが監督に当たり、「砲煙と薔薇」「私のダイナ」のジョージ・フォルシーが撮影した。助演者は「わたし純なのよ」「生活と恋愛」のフランチョット・トーンを始め、「旅客機の怪盗」のメイ・ロブソン、「死の本塁打」のテッド・ヒーリー及びナット・ベンドルトン、「空の軍隊」のロザリンド・ラッセル、「生活と恋愛」のロバート・ライト、「三日姫君」のヘンリー・スティーブンソン、「愛の隠れ家」のルイズ・ヘンリー等。
    製作年:1935
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    主演:メイ・ロブソン
    37
  38. 無法者の掟

    無法者の掟
    評価:E
    0.00
    ヒューマンドラマ、アクション
    製作年:1923
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    主演:タリー・マーシャル
    38
  39. 目覚め

    目覚め
    評価:E
    0.00
    サミュエル・ゴールドウィン氏提供の作品で、ヴェルマ・バンキー嬢がロナルド・コールマン氏と別れてからの第一回主演映画である。原作はシナリオ・ライターとして著名なフランセス・マリオン女史が書卸したもので、それを「万事円満」「ライラック・タイム」と同じくケイリー・ウィルソン氏が脚色し、「肉体の道」「決死隊」の監督者ヴィクター・フレミングス氏が監督したものである。バンギー嬢の相手役はウォルター・バイロン氏が特に迎えられ務めるほか、この主役二人を助けて「テムペスト(1928)」「暴力団(1928)」主演のルイ・ウォルハイム氏が重要な役を演じている。
    製作年:1928
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    主演:ジョージ・デイヴィス
    39
  40. 冒険

    冒険
    評価:E
    0.00
    「ブーム・タウン」「風と共に去りぬ」クラーク・ゲーブルが「心の旅路」「キューリー夫人」のグリア・ガースンと主演する映画でクライド・ブライオン・ディヴィス作の小説を「春を手さぐる」のヴィンセント・ローレンスとフレデリック・ハズリット・ブレナンが協力して脚本を書き「テスト・パイロット」「風と共に去りぬ」のヴィクター・フレミングが監督し「心の旅路」「ガス燈」のジョセフ・ルッテンバーグが撮影を監督した。助演は「ブルックリン横町」のジョンプロプンデル「駅馬車(1939)」のトーマス・ミッチェル「恋の十日間」のトム・タリー「育ちゆく年」のリチャード・ヘイドン「悪魔の金」ジョン・クェーレン等である。なお原作小説は「目撃者(1936)」のアンソニー・ヴェイラーがウイリヤム・H・ライトと協力改作した。
    製作年:1946
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    主演:ジョーン・ブロンデル
    40