全23作品。フランソワ・オゾン監督が制作した映画ランキング

  1. サマードレス

    サマードレス
    評価:S4.16


    ヒューマンドラマ、コメディ、青春
    製作年:1996
    製作国:フランス
    監督:フランソワ・オゾン
    主演:フレデリック・マンジュノ
    1
  2. 婚約者の友人

    婚約者の友人
    評価:B3.73
    第1次世界大戦後のドイツを舞台に、戦死した青年の友人を名乗る男性と、残された婚約者や遺族の交流を描く人間ドラマ。エルンスト・ルビッチ監督作『私の殺した男』の基になった戯曲を、フランソワ・オゾン監督がアレンジ。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    両者の立場から戦争を俯瞰すると…
    女性の光輝きは眩しすぎる
    不寛容な社会への警鐘?
    悲しみや喪失の物語
    製作年:2016
    製作国:フランス,ドイツ
    監督:フランソワ・オゾン
    主演:ピエール・ニネ
    2
  3. まぼろし

    まぼろし
    評価:B3.70
    25年の結婚生活をともにしてきた、50代の夫婦マリーとジャン。子供はいないが幸せな2人は、今年も毎年夏にバカンスに訪れている南仏の別荘にやってくる。しかし、人気のない海辺でマリーが眠っている少しの間に、海に入ったはずのジャンが行方知れずになってしまう。警察の捜査も虚しく手がかりはつかめず、パリで日常生活に戻ったマリーだが、やがてジャンの幻が見えるようになり……。フランソワ・オゾン監督が愛する人を失った女性の深い喪失感を描いたドラマで、“死についての3部作”の第1章。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ぼやけてない、はっきりしてるよ。
    「あなたには重みがないのよ」
    とにかく、本当に<良い映画>
    さすがはオゾン、残酷だ
    製作年:2001
    製作国:フランス
    監督:フランソワ・オゾン
    主演:シャーロット・ランプリング
    3
  4. 焼け石に水

    焼け石に水
    評価:B3.66
     「ホームドラマ」「クリミナル・ラヴァーズ」で注目されたフランスの新鋭フランソワ・オゾン監督が、敬愛するドイツの故R・W・ファスビンダーが19歳で書き上げた未発表の戯曲を映画化した哀しくも可笑しい四幕の室内劇。70年代、ドイツ。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    やっぱりオゾン、奇妙キテレツ
    重力ような磁気のような…
    ドッカーン!!
    罪な男
    製作年:2000
    製作国:フランス
    監督:フランソワ・オゾン
    主演:ベルナール・ジロドー
    4
  5. 海をみる

    海をみる
    評価:B3.64
    パリで働く夫の帰りを待ちながら、海の美しい島に暮らすで生後10カ月の娘と2人で静かな日々を送っているサーシャ。そんなある日、彼女のもとにタチアナと名乗るバックパッカーの若い女性が現れ、2~3日の間、庭先にテントを張らせてほしいというのだが。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    青い海と、空と、狂気と
    映画好き必見の傑作!
    製作年:1996
    製作国:フランス
    監督:フランソワ・オゾン
    主演:サーシャ・ヘイルズ
    5
  6. 危険なプロット

    危険なプロット
    評価:B3.64
    『スイミング・プール』『しあわせの雨傘』などのフランソワ・オゾンが、フアン・マヨルガの戯曲を原作にして放つサスペンスドラマ。類まれな文才を秘めていた生徒と彼に物語の書き方を指導する国語教師が、思わぬ事態を引き起こしていくさまを見つめていく。

    サスペンス

    ネット上の声

    ねっとり系の話だが意外と鑑賞後感は爽やか
    すべてが夜のマンションのシーンで描かれた
    品のいい悪趣味な映画、とでも言いますか
    心理戦に巻き込まれてしまいました
    製作年:2012
    製作国:フランス
    監督:フランソワ・オゾン
    主演:クリスティン・スコット・トーマス
    6
  7. ぼくを葬る(おくる)

    ぼくを葬る(おくる)
    評価:C3.56
    余命3か月と宣告された31歳のフォトグラファーが、死に直面したことにより自分自身を見つめ直す姿をつづったヒューマンドラマ。監督は『8人の女たち』の名匠フランソワ・オゾン。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    メルヴィルがナチュラルで美しい
    さみしいひと。
    おばあちゃん役のジャンヌ・モローに注目
    最期までぼくらしく生(逝)きたいから
    製作年:2005
    製作国:フランス
    監督:フランソワ・オゾン
    主演:メルヴィル・プポー
    7
  8. 彼は秘密の女ともだち

    彼は秘密の女ともだち
    評価:C3.55
    『スイミング・プール』『危険なプロット』などのフランソワ・オゾン監督が、偽りなき自分を受け入れ自分らしく人生を歩む勇気を問い掛けるドラマ。親友の死をきっかけにその夫の秘密を知った平凡な主婦が、奇妙な友情を育む中で人生を輝かせていくさまを描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    誰でもいいんじゃない、君じゃなきゃダメだ
    相対的ではなく絶対的に人を好きになること
    オゾンが素直に女を愛でた、新たな一作。
    3人+子供、では無理?だったか(笑)
    製作年:2014
    製作国:フランス
    監督:フランソワ・オゾン
    主演:ロマン・デュリス
    8
  9. 8人の女たち

    8人の女たち
    評価:C3.52
     1950年代のフランス。クリスマスを祝うため、雪に閉ざされた大邸宅に家族が集うこととなった。

    サスペンス、クリスマス

    ネット上の声

    フランソワ・オゾンより愛をこめて
    映画を見てて一番衝撃的な瞬間
    女の魅力と怖さがいっぱい
    エマニュエル・ベアール
    製作年:2002
    製作国:フランス
    監督:フランソワ・オゾン
    主演:ダニエル・ダリュー
    9
  10. しあわせの雨傘

    しあわせの雨傘
    評価:C3.42
    スザンヌ(カトリーヌ・ドヌーヴ)は毎朝のジョギングが日課の幸せなブルジョワ妻だったが、ある日、雨傘工場を運営する夫ロバート(ファブリス・ルキーニ)が心臓発作で倒れ、雨傘工場を切り盛りすることに。亭主関白の夫の下で押し黙る日々を送っていた彼女だったが、子ども、昔の恋人、工場の従業員たちの協力を得て予想外の本能が目覚めていく。

    コメディ

    ネット上の声

    アムールの国と貫禄ある俳優ならではの作品
    男は過去に生き、女は未来に生きるもの
    寒さを吹き飛ばす、暖かさがありました
    この判り易さは稀少&貴重かも。
    製作年:2010
    製作国:フランス
    監督:フランソワ・オゾン
    主演:カトリーヌ・ドヌーヴ
    10
  11. クリミナル・ラヴァーズ

    クリミナル・ラヴァーズ
    評価:C3.42
    ある夜、静まり返った学校の体育館にやってきた高校生のアリスとリュック。アリスが1人で奥のシャワー室に向かうと、そこにはアリスと同じクラスのサイードがいた。サイードがアリスを抱き、リュックはその様子を陰から見守るが、アリスが目配せをした瞬間、リュックは隠し持っていたナイフでサイードを刺し殺す。2人は死体を車のトランクに隠して森に向かい、穴を掘って死体を埋めるが……。フランスの鬼才フランソワ・オゾン監督が描くサスペンス・ミステリー。

    ヒューマンドラマ、トラウマになる

    ネット上の声

    オゾンにはまったのはこの作品から
    いやぁ、、、こりゃ手厳しい
    美しくも残酷な御伽噺
    お菓子の家にいたのは
    製作年:1999
    製作国:フランス/日本
    監督:フランソワ・オゾン
    主演:ナターシャ・レニエ
    11
  12. スイミング・プール

    スイミング・プール
    評価:C3.29
    フランスの気鋭監督、フランソワ・オゾンが彼の新旧のミューズである、リュディヴィーヌ・サニエとシャーロット・ランプリングを主役に迎えて贈る、刺激的な推理劇。『ピーター・パン』のティンカーベル役でハリウッド・デビューを飾った、サニエの若く挑発的な魅力と、ランプリングの成熟した大人の女の色香の調和も素晴らしい。

    サスペンス、どんでん返し

    ネット上の声

    南仏プロヴァンスに映える青いプールの謎?
    こうして”オンナ”を思い出す・・・
    プールとジュリーに象徴されるもの
    ラスト1分まで☆×5だったのに~
    製作年:2003
    製作国:フランス/イギリス
    監督:フランソワ・オゾン
    主演:シャーロット・ランプリング
    12
  13. エンジェル

    エンジェル
    評価:C3.26
    1900年代初頭のイギリスを舞台に、幼いころから上流階級にあこがれ、16歳で人気作家としてセレブの仲間入りを果たした女性の夢と現実を描く人生ドラマ。監督は『スイミング・プール』の鬼才フランソワ・オゾン。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    シャーロットランプリングの視線にドキリ!
    シンデレラになれなかったエンジェル
    天才KY少女の上質なメロドラマ
    甲乙つけがたい作品です
    製作年:2007
    製作国:イギリス/ベルギー/フランス
    監督:フランソワ・オゾン
    主演:ロモーラ・ガライ
    13
  14. 17歳

    17歳
    評価:C3.24
    『スイミング・プール』などのフランソワ・オゾン監督が、少女から大人へと変化を遂げる17歳の女子高生の心理とセクシュアリティーをあぶり出す青春ドラマ。不特定多数の男と性交を重ねる名門高校に通う美しい女子高生。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    「危険なプロット」の次は「危険なバイト」
    初体験は、やはり相手が重要かと思われます
    R指定で観る17歳の少女の映画・・・。
    17歳の女子高生は何を想うのか?
    製作年:2013
    製作国:フランス
    監督:フランソワ・オゾン
    主演:フレデリック・ピエロ
    14
  15. ホームドラマ

    ホームドラマ
    評価:C3.23
    フランスのある豪邸で、主人のジャンが一匹のネズミを持ち帰ったことから、様々な思わぬ事態が発生。息子ニコラはゲイであることを告白し、家政婦マリアの夫アブドゥにゲイの手ほどきをうける。娘ソフィは窓から飛び降りて半身不随になり、妻エレーヌは息子のニコラと関係を持つようになってしまう……。短編作品で注目を浴びてきたフランソワ・オゾン監督の長編デビュー作で、一匹のネズミの闖入から家庭が崩壊していく様をグロテスクに描いたブラック・コメディ。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1998
    製作国:フランス
    監督:フランソワ・オゾン
    主演:エヴリーヌ・ダンドリー
    15
  16. 2重螺旋の恋人

    2重螺旋の恋人
    評価:D3.22
    『危険なプロット』などのフランソワ・オゾンがメガホンを取った心理サスペンス。穏やかな精神分析医と恋に落ちたヒロインが、彼の双子の兄弟である高慢な精神分析医に惹(ひ)かれ、驚きの結末を迎えるまでを映し出す。

    サスペンス

    ネット上の声

    置き換え可能な恐怖。心の混乱を写す映像美
    観る前から変態になってしまうオゾンの映画
    どこまでが現実世界なのかわからずじまい
    面白いのだが残るものが少なかった
    製作年:2017
    製作国:フランス
    監督:フランソワ・オゾン
    16
  17. ふたりの5つの分かれ路

    ふたりの5つの分かれ路
    評価:D3.10
    『8人の女たち』のフランソワ・オゾン監督が、あるカップルの姿を追いながら、愛の謎を追う野心作。主演はコンピレーション・ムービー『10ミニッツ・オールダー イデアの森』の『水の寓話』に出演していたヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、『私たちが結婚した理由』のステファン・フレイス。

    ヒューマンドラマ、恋愛

    ネット上の声

    何故?って言われても理由なんて分からない
    逆にしただけで!悲しみが倍増しました!
    離婚→出会い・・・サガンマジック!!
    君たち離婚したんだよね・・・・
    製作年:2004
    製作国:フランス
    監督:フランソワ・オゾン
    主演:ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ
    17
  18. Ricky リッキー

    Ricky リッキー
    評価:D3.05
    『8人の女たち』『エンジェル』などで国際的に注目されるフランスの俊英、フランソワ・オゾン監督が手掛けた新しい形の家族の再生物語。ある平凡な一家に生まれた風変わりな赤ん坊を通じて、バラバラだった家族が一つになっていくさまをファンタジックに描き出す。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    決して、手羽先を食べながら観ないでねっ!
    性でつながった男女の別れは必然である
    出産に安易なファンタジーを重ねるな
    家族の再生を描いてるの?ホントに?
    製作年:2009
    製作国:フランス/イタリア
    監督:フランソワ・オゾン
    主演:アレクサンドラ・ラミー
    18
  19. ムースの隠遁

    ムースの隠遁
    評価:D3.00
     薬物中毒で亡くなった恋人の子を身籠った女性が、田舎で隠遁生活を送る様子を静かに見つめる。監督は、自らも同性愛を公表し、作品中でも多様な愛の形を描いているフランスのフランソワ・オゾン。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    むなしい
    オゾン監督よっぽど子どもが欲しかったのね
    『ムースの隠遁』が『ムースの遁走』で幕
    歌うシーン
    製作年:2009
    製作国:フランス
    監督:フランソワ・オゾン
    主演:イザベル・カレ
    19
  20. ベッドタイム・ストーリーズ

    ベッドタイム・ストーリーズ
    評価:E0.00
    フランソワ・オゾン監督が1997年に手がけた短編作品。娼婦の意外な秘密を知ってしまう客の男、33歳も年の離れた中年女と青年、ベッドに互い違いに横たわってふざけあう若い男女、片思いに悩む女にアドバイスする年上の女、女性経験のない男と男性経験のない男……。7組のカップルがベッドの中で交わす会話を切り取っていく。出演は、「めざめ」のルシア・サンチェス、「サガン 悲しみよ こんにちは」のマルゴ・アバスカルほか。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1997
    製作国:フランス
    監督:フランソワ・オゾン
    主演:ヴァレリー・ドラグエ
    20
  21. X2000

    X2000
    評価:E0.00
    フランスのフランソワ・オゾン監督が1998年に製作した短編作品。西暦2000年を迎えた朝。パリのアパルトマンで、若い男が目を覚ます。隣には女が背中を向けて寝ており、部屋の隅では双子の男たちが死んだように眠っている。やがて男は、向かいの部屋でセックスに励む男女を覗きはじめる。目を覚ました女は、そんな男のうしろ姿を横目に風呂場へと向かい……。西暦2000年元旦の何も起こらない日常をシュールに描く。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1998
    製作国:フランス
    監督:フランソワ・オゾン
    主演:ドニーズ・シェロプフェル・アロン
    21
  22. アクション、ヴェリテ

    アクション、ヴェリテ
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ、サスペンス
    製作年:1994
    製作国:フランス
    監督:フランソワ・オゾン
    主演:ファビアン・ビレ
    22
  23. 小さな死

    小さな死
    評価:E0.00
    ゲイの青年が疎遠になっていた父親が危篤であることを姉から知らされ、病院に見舞いにいくが、父との和解することはできなかった。翌日、彼は父親の病室に忍び込み、裸の父親の写真を撮るのだが……。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1995
    製作国:フランス
    監督:フランソワ・オゾン
    主演:フランソワ・ドゥレーヴ
    23

スポンサードリンク