スポンサーリンクあり

全18作品。リチャード・リンクレイター監督が制作した映画ランキング

  1. 恋人までの距離(ディスタンス)
    • S
    • 4.52
    列車の中で出会ったアメリカ人青年ジェシーとフランス人女性セリーヌ。意気投合した彼らはウィーンで途中下車し、14時間だけという約束で一緒に過ごすことにするが……。リチャード・リンクレイター監督が贈る、極上のラブ・ストーリー。ウィーンの街を歩きながら2人が交わす、時に他愛なく、時に哲学的な会話の数々が光る。2004年には、本作より9年後の彼らの姿を描いた続編「ビフォア・サンセット」、13年にはさらに9年後を描いた「ビフォア・ミッドナイト」も製作。続編にあわせて本作のDVDタイトルは「ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(ディスタンス)」になっている。

    ネット上の声

    • 今まで映画をたくさん見て来ましたが、この映画は全然知りませんでした...
    • 恋を知っている人ならば愛おしさに・・・
    • なにか、とっても大切なほんとうのことが
    • 偶然の出逢いにこそ、運命はある。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1995年
    • 製作国アメリカ
    • 時間102分
    • 監督リチャード・リンクレイター
    • 主演イーサン・ホーク
    • レンタル
    • 定額
  2. ビフォア・サンセット
    • S
    • 4.42
    リチャード・リンクレイター監督がイーサン・ホーク&ジュリー・デルピー主演で手がけた1995年製作の恋愛映画「恋人までの距離(ディスタンス)」の続編で、2013年製作の「ビフォア・ミッドナイト」へと続く3部作の第2作。本作よりホークとデルピーも脚本に参加し、9年ぶりに再会した2人がパリの街で過ごすひとときを、ほぼリアルタイムで描き出す。列車の中で出会い、ウィーンで一夜だけを共に過ごしたアメリカ人青年ジェシーとフランス人女性セリーヌ。9年後、作家となったジェシーは新作のプロモーションのために訪れたパリの書店で、思いがけずセリーヌと再会する。彼の新作は、ウィーンでのセリーヌとの出来事をつづったものだった。2人は再会を喜び合うが、一緒に過ごせるのはジェシーがアメリカ行きの飛行機に乗るまでの短い時間だけ。街を歩きながら会話を重ねていく2人だったが……。

    ネット上の声

    • あれから二人はどうなったのか興味津々だったのにどうにも切ない気持ちになってしまう
    • 続きがどうなったか気になりまくるけど、それもまぁ映画の醍醐味
    • 映像が切り替わることあんまりなくて、垂れ流し状態でリアルタイムで起こってることの
    • 生きてる限り思い出は変えられるっていってたけど、やっぱり思い出は思い出はなんよな
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2004年
    • 製作国アメリカ
    • 時間81分
    • 監督リチャード・リンクレイター
    • 主演イーサン・ホーク
    • レンタル
    • 定額
  3. 6才のボクが、大人になるまで。
    • A
    • 4.25
    「ビフォア・ミッドナイト」のリチャード・リンクレイター監督が、ひとりの少年の6歳から18歳までの成長と家族の軌跡を、実際に12年をかけて撮影したドラマ。主人公の少年メイソンを演じるエラー・コルトレーンを筆頭に、母親役のパトリシア・アークエット、父親役のイーサン・ホーク、姉役のローレライ・リンクレーターの4人の俳優が、12年間同じ役を演じ続けて完成された。第87回アカデミー賞では作品賞、監督賞、脚本賞ほか計6部門で候補に挙がり、アークエットが助演女優賞を受賞した。米テキサス州に住む6歳の少年メイソンは、キャリアアップのために大学に入学した母に伴われてヒューストンに転居し、その地で多感な思春期を過ごす。アラスカから戻って来た父との再会や母の再婚、義父の暴力、初恋などを経験し、大人になっていくメイソンは、やがてアート写真家という将来の夢を見つけ、母親のもとを巣立つ。12年という歳月の中で、母は大学教員になり、ミュージシャンを目指していた父も就職し、再婚して新たな子が生まれるなど、家族にも変化が生まれていた。

    ネット上の声

    • 51歳の私が、座席で熟睡するまで。
    • 監督の手腕と珠玉のキャストに拍手
    • もう二度と出来ない程の映画体験
    • 吃驚しないと失礼でしょう。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2014年
    • 製作国アメリカ
    • 時間165分
    • 監督リチャード・リンクレイター
    • 主演パトリシア・アークエット
    • レンタル
    • 定額
  4. スクール・オブ・ロック
    • A
    • 4.25
    落ちこぼれミュージシャンが名門小学校の臨時教師になりすまし、ロックを通じて子どもたちと交流する姿を描いたコメディ。ロックを愛するギタリストのデューイは、自分勝手な振る舞いのせいでバンドを追放されてしまう。その一方で、同居している親友ネッドのアパートからも家賃滞納で追い出されそうになる。そんな矢先、ネッドに名門私立小学校の臨時教師の仕事が舞い込んだことを知った彼は、ネッドになりすまして教師として働くことに。やがて子どもたちに音楽の才能を発見したデューイは、彼らと組んでバンドコンテストに出場しようと考え、ロックの授業を開始するが……。実際にミュージシャンとしても活動する俳優ジャック・ブラックが、主人公デューイをハイテンションで熱演。「恋人までの距離(ディスタンス)」のリチャード・リンクレイターが監督を務め、主人公の親友ネッド役で出演するマイク・ホワイトが脚本を担当。

    ネット上の声

    • 珍獣と子羊たちによる史上最強ステージ伝説
    • ロック=反抗 魂を開放できる映画
    • 音楽から教わるって こーいう事!
    • ロックを学ぼう!おっさんに!
    元気が出る、 音楽、 ヒューマンドラマ、 コメディ
    • 製作年2003年
    • 製作国アメリカ
    • 時間110分
    • 監督リチャード・リンクレイター
    • 主演ジャック・ブラック
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  5. バーナデット ママは行方不明
    • A
    • 4.24
    「6才のボクが、大人になるまで。」のリチャード・リンクレイター監督がケイト・ブランシェットを主演に迎え、マリア・センプルのベストセラー小説「バーナデットをさがせ!」を実写映画化したヒューマンコメディ。 シアトルに暮らす専業主婦のバーナデットは、一流企業に勤める夫や親友のような関係の愛娘に囲まれ、幸せな毎日を送っているかにみえた。しかし彼女は極度の人間嫌いで、隣人やママ友たちと上手くつきあうことができない。かつて天才建築家として活躍しながらも夢を諦めた過去を持つ彼女は、現在の退屈な日々に次第に息苦しさを募らせていく。やがてある事件をきっかけについに限界を感じたバーナデットは、家族の前からこつ然と姿を消し、南極へと向かう。 共演は「君が生きた証」のビリー・クラダップ、「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」のクリステン・ウィグ。

    ネット上の声

    • 天才だろうか凡才だろうか生きるのはつらいよ。
    • 挫折した気鋭建築家という設定を活かしきれず
    • 名匠ならではの有機的な物語の紡ぎ方
    • 一人の旅は 自分探しの旅
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2019年
    • 製作国アメリカ
    • 時間108分
    • 監督リチャード・リンクレイター
    • 主演ケイト・ブランシェット
    • レンタル
    • レンタル
  6. ビフォア・ミッドナイト
    • A
    • 4.06
    リチャード・リンクレイター監督、イーサン・ホーク&ジュリー・デルピー主演の人気ラブロマンスシリーズ第3作。列車の中で出会ったアメリカ人のジェシーとフランス人のセリーヌが、夜明けまでの時間を過ごした「ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(ディスタンス)」(1995)、同作から9年後の2人を描いた「ビフォア・サンセット」(2004)に続き、前作から9年を経た2人の現在を描く。双子の娘に恵まれ、パリで一緒に暮らすジェシーとセリーヌ。2人は友人に招かれてバカンスのためギリシャの海辺の町へやってくるが、ジェシーは元妻とシカゴで暮らす10代の息子が気がかりで、セリーヌは環境運動家としての仕事に不安を感じており、それぞれ頭を悩ませていた。そんな時、ジェシーがアメリカへの引っ越しを提案したことから、2人の会話は夫婦喧嘩になってしまい……。

    ネット上の声

    • ブルーバレンタインは好きだけどこのシリーズにブルーバレンタイン的な...
    • 一見ありふれた夫婦のようで実はありえない
    • 夫婦の紆余曲折を108分に詰め込んで
    • 中年期の危機と再生の話ー演技が秀逸
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2013年
    • 製作国アメリカ
    • 時間108分
    • 監督リチャード・リンクレイター
    • 主演イーサン・ホーク
  7. バッド・チューニング
    • B
    • 3.90
    1970年代のテキサスを舞台に、10代の若者たちのセックス、ドラッグ、ロックンロールな青春の日々を描き、公開時のアメリカでヒットを記録したコメディドラマ。「恋人までの距離(ディスタンス)」「6才のボクが、大人になるまで。」のリチャード・リンクレイター監督の初期作品で、出演者にはミラ・ジョボビッチ、ベン・アフレック、マシュー・マコノヒー、デビューしたばかりのレニー・ゼルウィガーら、そうそうたる顔ぶれが揃っている。夏休み初日にホームパーティを計画していた高校生のピンクとケビンは、酒を注文していたことが親にバレてしまい、計画は中止に。あきらめきれない2人は先輩のウッダーソンとともに、新たなパーティの計画を練るが……。日本では劇場未公開作品だったが、リンクレイター監督の青春映画「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」公開にあわせ、同作を上映する東京・新宿武蔵野館で劇場公開が実現。

    ネット上の声

    • アメリカ人にとって「青春」って何なんだろ
    • リンクレイター監督ティーンの夜
    • 古き良きアメリカの片田舎
    • 原点って感じかな
    青春
    • 製作年1993年
    • 製作国アメリカ
    • 時間110分
    • 監督リチャード・リンクレイター
    • 主演ジェイソン・ロンドン
    • レンタル
    • 定額
  8. ウェイキング・ライフ
    • B
    • 3.87
    「恋人までの距離」のリチャード・リンクレイター監督が、実写映像をさまざまなイラストレーターにデジタル・ペインティングで加工させ、実写でもアニメでもない映像を展開していく。リンクレイター監督本人はじめ、彼の過去作出演者や友人、スタッフらが多数出演。ひとりの少年が夢とも現実ともつかない時間の中で、さまざまな人物と出会い、夢について、人間について、会話を交わしていく。

    ネット上の声

    • 念仏のような話 脳みそがおかしくなります
    • 休み無く活動している精神と知性の広がり。
    • ”揺れる画像”や”踊る街並み”に酔う!?
    • 右脳と左脳がフル回転、そんでパニック。
    アニメ
    • 製作年2001年
    • 製作国アメリカ
    • 時間101分
    • 監督リチャード・リンクレイター
    • 主演ワイリー・ウィギンズ
    • レンタル
    • 定額
  9. 30年後の同窓会
    • C
    • 3.60
    「6才のボクが、大人になるまで。」のリチャード・リンクレイター監督が、「さらば冬のかもめ」でも知られるダリル・ポニックサンの小説を原作に、30年ぶりに再会した男たちの再生の旅路を描いたロードムービー。男ひとりで酒浸りになりながらバーを営むサルと、過去を捨てて牧師となったミューラーのもとに、ある日、30年にわたって音信不通だった旧友のドクが突然現れる。ドクは1年前に妻に先立たれ、2日前に遠い地で息子が戦死したことを2人に打ち明け、死んだ息子を故郷に連れ帰る旅に同行してほしいと依頼する。30年前のある事件で大きく人生が変わってしまっていた3人は、ともに旅をし、語り合うことで、人生に再び輝きを取り戻していく。主人公の3人をスティーブ・カレル、ブライアン・クランストン、ローレンス・フィッシュバーンという、いずれもアカデミー主演男優賞にノミネートされた経験を持つ実力派が演じる。

    ネット上の声

    • オヤジたちの再生に向けたロードムービーの佳作
    • ふたつの旅立ちに、尊厳と誇りを携えて
    • ベトナムからイラク、繰り返される戦争
    • たのしんみり ロードムービー。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2017年
    • 製作国アメリカ
    • 時間125分
    • 監督リチャード・リンクレイター
    • 主演スティーヴ・カレル
    • 定額
    • レンタル
    • レンタル
  10. エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に
    • C
    • 3.52
    リチャード・リンクレイター監督が1980年代の大学野球部を舞台に描いた青春群像劇。70年代の高校卒業式前夜を描いた出世作「バッド・チューニング」や、ひとりの少年が大学生になるまでを12年間かけて撮影したオスカーノミネート作「6才のボクが、大人になるまで。」の精神的続編とも言える作品で、大人への扉をあける青春のひと時を描いている。大学野球部の仲間たちが、新学期が始まるまでの3日間に織り成す人間模様を、懐かしの80'sサウンドに乗せて描き出す。出演はテレビシリーズ「glee」のブレイク・ジェンナー、「ヴァンパイア・アカデミー」のゾーイ・ドゥイッチ、テレビドラマ版「ティーン・ウルフ」のタイラー・ホークリン。

    ネット上の声

    • 妬み根性から☆一つ割り引いてやったワイ…
    • リンクレーター印なんだけど、つまらない。
    • 人生最高の日だ。だが明日はもっといい。
    • こんなに長く退屈に感じた作品は久しぶり
    青春
    • 製作年2016年
    • 製作国アメリカ
    • 時間117分
    • 監督リチャード・リンクレイター
    • 主演ブレイク・ジェナー
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  11. アポロ10号 1/2:宇宙時代のアドベンチャー
    • C
    • 3.51
    Netflixで2022年4月1日から配信。

    ネット上の声

    • リンクレイターらしい題材 × リンクレイターらしいアニメ = 懐古と進歩のスイートノスタルジック・トリロジー
    • 宇宙時代とあの頃へのノスタルジック・ラブレター
    • 何故か私達も知るアメリカのあの頃。
    • リチャード・リンクレイターといえば、作風がバラバラで掴みどころのない監督として有
    アニメ
    • 製作年2022年
    • 製作国アメリカ
    • 時間98分
    • 監督リチャード・リンクレイター
    • 主演マイロ・コイ
  12. 僕と彼女とオーソン・ウェルズ
    • D
    • 2.81
    「恋人までの距離」「スクール・オブ・ロック」のリチャード・リンクレイター監督が、俳優志望の高校生の目を通して若き日のオーソン・ウェルズの姿を描いた青春ドラマ。1937年、ニューヨーク。ブロードウェイを訪れた俳優志望の高校生リチャードは、劇場の前で新進演出家オーソン・ウェルズに出くわす。リチャードはすぐにウェルズに気に入られ、彼の新作舞台「ジュリアス・シーザー」に端役として出演することに。リチャードはウェルズの横暴な振る舞いに驚きながらも、彼の圧倒的な才能とカリスマ性にひきつけられていく。主人公リチャード役に「ハイスクール・ミュージカル」のザック・エフロン。クリスチャン・マッケイがウェルズ役を熱演した。

    ネット上の声

    • なかなかよかったんでは・・・
    • そっくりなオーソン・ウェルズ
    • 彼女が加わっている意味とは
    • 高校生の「人生」勉強日記
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2008年
    • 製作国イギリス
    • 時間---分
    • 監督リチャード・リンクレイター
    • 主演ザック・エフロン
  13. スキャナー・ダークリー
    • D
    • 2.76
    「ブレードランナー」「トータル・リコール」「マイノリティ・リポート」など、多くの著作が映画化されてきたSF作家、フィリップ・K・ディックの77年作「暗闇のスキャナー」をリチャード・リンクレイター監督が02年の監督作「ウェイキング・ライフ」同様に実写映像にデジタル・ペインティングを施し、アニメ風に映像化。近未来のアメリカ・カリフォルニア郊外を舞台に不毛な麻薬との戦いを続ける覆面麻薬捜査官の虚実入り乱れたドラマが描かれる。

    ネット上の声

    • 素晴らしい映像世界 ここだけのオリジナル
    • これが実写映像+デジタル・ペイントなのか
    • スキャナー・ダークリー〜危惧される映画
    • 俳優をなぞるくらいなら絵はいらない。
    アニメ
    • 製作年2006年
    • 製作国アメリカ
    • 時間100分
    • 監督リチャード・リンクレイター
    • 主演キアヌ・リーヴス
    • レンタル
    • 定額
  14. ファーストフード・ネイション
    • E
    • 2.46
    大手ハンバーガーチェーン、ミッキーズのマーケティング部長ドン(グレッグ・キニア)は、パテからの糞便性大腸菌検出の報告を受け、調査のためコロラドの工場へ。一方そのころ、密入国したメキシコ人シルビア(カタリーナ・サンディノ・モレノ)の夫ラウル(ウィルマー・バルデラマ)は、ミッキーズと契約する精肉工場で働き始める。

    ネット上の声

    • 問題作!!なるべく多くの人達に観てほしい
    • 意外や 意外。公開されるのか 日本で!!
    • SSMと同じ現象。D通様のメディア支配
    • やったぜ!トランスフォーマー11
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2006年
    • 製作国イギリス,アメリカ
    • 時間108分
    • 監督リチャード・リンクレイター
    • 主演グレッグ・キニア
    • 定額
  15. テープ
    • E
    • 2.33
    高校時代の出来事をめぐって男女3人の関係が火花を放つ密室劇。監督は「ウェイキング・ライフ」のリチャード・リンクレイター。脚本・原作は劇作家のステファン・ベルバー。撮影は「ハピネス」のマリーズ・アルベルティ。美術は「ガールファイト」のスティーヴン・J・ベアトリス。編集は「ウェイキング・ライフ」のサンドラ・アダー。出演は「トレーニング・デイ」のイーサン・ホーク、「チェルシーホテル」のユマ・サーマン、「ドリヴン」のロバート・ショーン・レナード。2001年ヴェネチア国際映画祭ラテルナ・マジカ賞受賞。

    ネット上の声

    • あんまハードル上げたくないんやけど;笑
    • 珍しい!視聴者参加型映画でした!
    • 描いた筋書きが狂うと・・・・・
    • 「わけが分かんねぇよ!」
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2001年
    • 製作国アメリカ
    • 時間87分
    • 監督リチャード・リンクレイター
    • 主演イーサン・ホーク
  16. バーニー/みんなが愛した殺人者
    • E
    • 2.33
    「スクール・オブ・ロック」のリチャード・リンクレイター監督とジャック・ブラックが再タッグを組み、1996年に米テキサスで実際に起こった殺人事件をブラックユーモアと悲哀を込めて描いた犯罪コメディドラマ。テキサス州の田舎町で葬儀屋を営むバーニーは、誰にでも優しく慈愛に満ちた人柄で町民から慕われていた。一方、金持ちの老未亡人マージョリーは偏屈な嫌われ者だったが、心優しいバーニーはひとり暮らしのマージョリーを気遣い、たびたび家を訪問して相手をするようになる。やがて心を許したマージョリーはバーニーに銀行口座まで預けるほどになるが、ある日、バーニーはマージョリーを殺してしまう。バーニーはその後もマージョリーが生きているかのように演出を続けるが……。

    ネット上の声

    • もっと面白くできるのでは?と思える惜作。
    • 馬鹿の一つ覚え。何度も何度も同じことを…
    • 期待には裏切られつつも別の面白さで納得
    • なぜそのおくりびとは殺人を犯したのか?
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2011年
    • 製作国アメリカ
    • 時間99分
    • 監督リチャード・リンクレイター
    • 主演ジャック・ブラック
  17. ニュートン・ボーイズ
    • E
    • 2.26
    20世紀初頭に実在した銀行強盗4兄弟の生きざまを描いた青春ドラマ。監督は「恋人たちの距離」のリチャード・リンクレイター。脚本は『死のロデオ』(52、ロバート・ミッチャム主演、ニコラス・レイ監督、テレビ放映のみ)の脚本も手掛けた作家クロード・スタヌッシュの原作を元に、スタヌッシュ、リンクレイターと彼とコンビを組むクラーク・リー・ウォーカーが共同で担当。製作のアン・ウォーカー=マクベイ、製作総指揮のジョン・スロス、編集のサンドラ・アデアーは「恋人たちの距離」に続く参加。撮影は「悪魔のような女」のピーター・ジェームズ。音楽はテキサス出身のバンド、バッド・リヴァーズで、スコアはリーダーのエドワード・D・バーンズが担当。美術は「マッド・シティ」のキャサリン・ハードウィック。衣裳は「ピースメーカー」のシェリー・コマロフ。出演は「アミスタッド」のマシュー・マコナヘイ、「恋人たちの距離」「大いなる遺産」のイーサン・ホーク、「TOUCH タッチ」のスキート・ウーリッチ、「草の上の月」のヴィンセント・ドノフリオ、『ER 緊急救命室』のレギュラーであるジュリアナ・マルグリーズ、「シーズ・ソー・ラヴリー」のクロエ・ウェッブ、「スリング・ブレイド」のカントリーの人気歌手ドワイト・ヨーカム、「ミッドナイト・エクスプレス」のボー・ホプキンスほか。

    ネット上の声

    • アメリカ史上最も成功した銀行強盗一味の実話
    • 45口径で5発も撃ったのにねぇ…
    • 長生きするコツ教えます
    • 憎めない悪党4兄弟。
    アクション
    • 製作年1998年
    • 製作国アメリカ
    • 時間121分
    • 監督リチャード・リンクレイター
    • 主演マシュー・マコノヒー
    • レンタル
    • 定額
  18. がんばれ!ベアーズ ニュー・シーズン
    • E
    • 2.18
    「スクール・オブ・ロック」のリチャード・リンクレイター監督が「バッドサンタ」のビリー・ボブ・ソーントンを主演に、76年の大ヒット作「がんばれ!ベアーズ」をリメイク。元プロ野球選手のモリスは、今は害虫駆除の仕事をしながら酒びたりの日々。彼は弁護士のリズに依頼されて子供たちの弱小チーム、ベアーズのコーチを引き受けるが初戦で惨敗。モリスはチームの建て直しを決意し、やがて野球への情熱を取り戻していく。

    ネット上の声

    • ビリーが来たけど、ビリにはならないぞ!!
    • オリジナルよりかなり悪ガキです(笑)
    • こんなことを言ってもしかたないが
    • かなり なんとなく な作品でした
    野球、 かっこいい女性アスリートが登場する、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2005年
    • 製作国アメリカ
    • 時間113分
    • 監督リチャード・リンクレイター
    • 主演ビリー・ボブ・ソーントン
    • レンタル

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。