全9作品。ロジャー・ミッシェル監督が制作した映画ランキング

  1. ノッティングヒルの恋人

    ノッティングヒルの恋人
    評価:A3.97
    アメリカのスター女優としがない本屋の店主の、偶然から生まれたラブストーリー。監督はロジャー・ミッチェル。脚本は「ビーン」のリチャード・カーティス。製作は「フォー・ウェディング」のダンカン・ケンワージ。製作総指揮はリチャード・カーティス、「エリザベス」のティム・ビーバンとエリック・フェルナー。撮影は「フェアリー・テイル」のマイケル・コールター。音楽は「マイ・フレンド・メモリー」のトレヴァー・ジョーンズ。美術は「イングリッシュ・ペイシェント」のスチュアート・クレイグ。編集は「スカートの翼ひろげて」のニック・ムーア。衣裳は「スカートの翼ひろげて」のシューナ・ハーウッド。出演は「グッドナイトムーン」…

    恋愛

    ネット上の声

    ヒューだから許されるベタなラブコメ英国版
    ストーリー無茶な現代版「ローマの休日」
    藤原紀香と陣内智則が結婚するぐらいだし
    男からしたら相当なプレッシャーだけど。
    製作年:1999
    製作国:アメリカ
    監督:ロジャー・ミッシェル
    主演:ジュリア・ロバーツ
    1
  2. 恋とニュースのつくり方

    恋とニュースのつくり方
    評価:C3.47
    華やかなテレビ業界を舞台に、低視聴率番組のプロデューサーに採用されたヒロインがさまざまなトラブルに振り回されながら、恋に仕事に頑張る姿を描いたサクセスストーリー。『ノッティングヒルの恋人』のロジャー・ミッシェル監督と、『プラダを着た悪魔』の脚本家アライン・ブロッシュ・マッケンナがタッグを組む。

    コメディ

    ネット上の声

    ハリソン・フォードじゃなければセクハラさ
    とっても軽すぎる、恋とニュースのつくり方
    (朝番組は)「隣近所との朝のおしゃべり」よ
    過剰なデフォルメと力相撲が気になった
    製作年:2010
    製作国:アメリカ
    監督:ロジャー・ミッシェル
    主演:レイチェル・マクアダムス
    2
  3. ヴィーナス

    ヴィーナス
    評価:C3.35
    モーリス(ピーター・オトゥール)とイアン(レスリー・フィリップス)は、1度も大役を演じることもなくベテラン俳優となってしまったさえない役者仲間。ある日、イアンの姪の娘ジェシー(ジョディ・ウィッテカー)が田舎町からやって来たことにより、2人の穏やかな生活は一変。モーリスは自由奔放なジェシーに夢中になる。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    美化でも無垢でも無い現実的な痴人の愛
    この~、ヂヂィ!!(愛を込めて)
    何歳になっても男は・・・みたいな
    うん、ただのエロ爺だ!
    製作年:2006
    製作国:イギリス
    監督:ロジャー・ミッシェル
    主演:ピーター・オトゥール
    3
  4. Jの悲劇

    Jの悲劇
    評価:D3.12
    映像化不可能と言われたイアン・マキューリアンの小説「愛の続き」を、『ノッティングヒルの恋人』のロジャー・ミッチェル監督が映画化したサスペンス作品。「恋愛の精神病」と呼ばれるド・クレランボー症候群を題材に、永遠の愛について問う衝撃作。

    サスペンス

    ネット上の声

    2人のJの悲劇。最後に笑ったのは誰?
    怖い~~~~~~~~!!!!!!
    ラストまでじっくり観て・・!
    説明されない恐怖もある
    製作年:2004
    製作国:イギリス
    監督:ロジャー・ミッシェル
    主演:ダニエル・クレイグ
    4
  5. パッション

    パッション
    評価:D3.12
    ロジャー・ミッシェル監督とダニエル・クレイグのタッグによるセンセーショナルなラブ・ストーリー。夫の急逝で、茫然自失となったメイ。身を寄せた娘の家で、母子ほども年の違う男と出会い深い関係になるが……。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ダニエルクレイグが60後半のグランマと!
    オンナであるという事≠母でいるという事
    なんともイギリス的
    クレイグのジーンズ姿にうっとり
    製作年:2003
    製作国:イギリス
    監督:ロジャー・ミッシェル
    主演:ダニエル・クレイグ
    5
  6. チェンジング・レーン

    チェンジング・レーン
    評価:D3.08
    些細な接触事故をきっかけに2人の人生が激しく交錯する、異色サスペンス・ドラマ。監督は「ノッティング・ヒルの恋人」のロジャー・ミッチェル。脚本はこれが初となるチャップ・テイラーと、「ディープ・インパクト」のマイケル・トルキン。撮影は「エニイ・ギブン・サンデー」のサルヴァトーレ・トティノ。音楽は「ズーランダー」のデイヴィッド・アーノルド。出演は「トータル・フィアーズ」のベン・アフレック、「シャフト」のサミュエル・L・ジャクソン、「アイズ・ワイド・シャット」のシドニー・ポラック、「アバウト・ア・ボーイ」のトニ・コレット、「A.I.」のウィリアム・ハート、「バーバー」のリチャード・ジェンキンス、「ヒ…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    二人とも、もう少し早く家を出ましょうね~
    口は災いの元!後悔先に立たず!で大災難?
    まとめ方がちょっと強引だが面白い
    社会情勢と人物描写の緻密さ
    製作年:2002
    製作国:アメリカ
    監督:ロジャー・ミッシェル
    主演:ベン・アフレック
    6
  7. 私が愛した大統領

    私が愛した大統領
    評価:D2.82
    ニューディール政策などで有名な第32代アメリカ大統領フランクリン・デラノ・ルーズベルトの知られざる素顔に迫った伝記ドラマ。ルーズベルト大統領の一番の理解者として彼を支え続けた女性デイジーとの深い絆と、第2次世界大戦前夜の英国王ジョージ6世夫妻が渡米した際のエピソードの裏側を描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    時代だからで片づけられてしまいそうですが
    ルーズベルト大統領の知られざる一面を暴露
    その時代の歴史と人々を感じることができた
    国民が求めた偉大な姿と弱い本当の姿
    製作年:2012
    製作国:イギリス
    監督:ロジャー・ミッシェル
    主演:ビル・マーレイ
    7
  8. ウィークエンドはパリで

    ウィークエンドはパリで
    評価:D2.76
    『ノッティングヒルの恋人』『私が愛した大統領』などのロジャー・ミッシェル監督が手掛けたドラマ。結婚30年目を記念してパリへと旅行しにきた夫婦が、それを機に抱えていたお互いへの不満をぶつけ合いながらも固い絆と愛情をかみ締める姿を映す。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ゴダールさまのおかげで★一個おまけ
    旅の ( パリの ) 恥はかき捨てか。
    予告CMとは受ける感じが違う
    全くの期待はずれ
    製作年:2013
    製作国:イギリス
    監督:ロジャー・ミッシェル
    主演:ジム・ブロードベント
    8
  9. ジェイン・オースティンの説得

    ジェイン・オースティンの説得
    評価:E0.00
     運命に翻弄されつつも、真摯な愛を貫こうとする女性を描いたロマンチック・ラブストーリー。19世紀のイギリス。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    終盤のパレードシーンが秀逸。
    製作年:1995
    製作国:イギリス,フランス
    監督:ロジャー・ミッシェル
    主演:キアラン・ハインズ
    9

スポンサードリンク