スポンサーリンクあり

全35作品。行定勲監督が制作した映画ランキング

  1. 今度は愛妻家
    • A
    • 4.32
    俊介はかつての人気カメラマンだが、今はろくに仕事もせずだらけた日々を過ごすダメ亭主。結婚10年目を迎えたある日、何かと世話を焼く妻のさくらが旅行に出かけ、しばしの独身気分を味わう俊介だったが、さくらが何日待っても戻らないことに次第に不安を募らせていき……。2002年に初演された大ヒット舞台を、「世界の中心で、愛をさけぶ」の行定勲が映画化。豊川悦司と薬師丸ひろ子が結婚10年目の夫婦を演じるラブファンタジー。

    ネット上の声

    • いかん、もう少し妻に優しくしよう・・・。
    • 2つの「別れよう」の意味の違いに感動!!
    • トヨエツと薬師丸ひろ子 もう最高に素敵♪
    • 世の旦那さま。こっそり1人で観て欲しい!
    夫婦、 恋愛
    • 製作年2009年
    • 製作国日本
    • 時間131分
    • 監督行定勲
    • 主演豊川悦司
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  2. 2

    GO

    GO
    • A
    • 4.24
    高校3年の杉原の国籍は韓国だが、普段はまったく気にしない。桜井という少女とつきあうようになり、いつか自分の国籍を告白しなくてはならないと思っていたある日、同じ国籍をもつ親友に悲劇が起こる。原作は金城一紀の直木賞受賞作「GO」。監督は、昨年の釜山映画祭で国際批評家連盟賞を受賞した「ひまわり」の行定勲。脚本はTV「池袋ウエストゲートパーク」の宮藤官九郎。同番組に出演した窪塚洋介、「バトル・ロワイアル」の柴咲コウら若手人気俳優が共演。

    ネット上の声

    • すべてがカッコイイ。そして深い。オススメ
    • 行け杉原!人類の敵「憎悪」をぶっとばせ
    • ようやく観れたけど、本当に観てよかった
    • 国籍がなんだってんだ、バカヤロォォォ!!
    ヤンキー、 青春
    • 製作年2001年
    • 製作国日本
    • 時間122分
    • 監督行定勲
    • 主演窪塚洋介
    • 定額
    • 定額
  3. 3

    劇場

    劇場
    • B
    • 3.70
    「火花」で芥川賞を受賞した又吉直樹の2作目となる同名小説を、主演・山崎賢人、ヒロイン・松岡茉優、行定勲監督のメガホンで映画化。中学からの友人と立ち上げた劇団で脚本家兼演出家を担う永田。しかし、永田の作り上げる前衛的な作風は酷評され、客足も伸びず、ついに劇団員たちも永田を見放し、劇団は解散状態となってしまう。厳しい現実と理想とする演劇のはざまで悩む永田は、言いようのない孤独と戦っていた。そんなある日、永田は自分と同じスニーカーを履いている沙希を見かけ、彼女に声をかける。沙希は女優になる夢を抱いて上京し、服飾の大学に通っている学生だった。こうして2人の恋ははじまり、お金のない永田が沙希の部屋に転がり込む形で2人の生活がスタートする。沙希は自分の夢を重ねるかのように永田を応援し、永田も自分を理解し支えてくれる沙希を大切に思いながら、理想と現実と間を埋めるかのようにますます演劇にのめりこんでいく。

    ネット上の声

    • 「舞台」が好き「役者」が好き「リアリティー」が好き等、気になる要素があれば是非見てみてほしい作品
    • メタ化の仕掛けが行定勲監督らしい
    • 2020年を代表する意欲作
    • 山崎賢人の汚れた目
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2020年
    • 製作国日本
    • 時間136分
    • 監督行定勲
    • 主演山﨑賢人
    • 定額
  4. 真夜中の五分前
    • C
    • 3.30
    「世界の中心で、愛をさけぶ」「今度は愛妻家」の行定勲監督が、本多孝好のベストセラー小説を映画化した日中合作の恋愛ミステリー。時計修理工の青年リョウは、知りあったばかりの美女ルオランから、彼女の双子の妹ルーメイへの婚約祝いのプレゼント選びを手伝って欲しいと頼まれる。魅力的なルオランにひかれるリョウだったが、ルオランはルーメイの婚約者ティエルンを愛しており、大切な妹への嫉妬心に悩んでいた。リョウはそんなルオランの気持ちを優しく受けとめることで少しずつ彼女との距離を縮めていくが、ルオランとルーメイが旅先で事故に遭ってしまう。三浦春馬が主演を務め、「ドラゴン・コップス 微笑捜査線」の中国人女優リウ・シーシーが双子のヒロインを1人2役で演じる。双子の妹の婚約者役に「台北の朝、僕は恋をする」などで知られる台湾の人気俳優ジョセフ・チャン。

    ネット上の声

    • 美しい映像、静かでゆっくりと心地のよい映画
    • たまにはこういう映画良いかと思います。
    • 美しいロマンティックミステリー
    • 真夜中の五分前を見て・・・・
    ヒューマンドラマ、 サスペンス
    • 製作年2014年
    • 製作国日本,中国
    • 時間129分
    • 監督行定勲
    • 主演三浦春馬
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  5. 窮鼠はチーズの夢を見る
    • C
    • 3.26
    恋に溺れていく2人の男性を描いた水城せとなの人気漫画「窮鼠はチーズの夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」を、行定勲監督のメガホンにより実写映画化。主人公の大伴恭一役を「関ジャニ∞」の大倉忠義、恭一に思いを寄せる今ヶ瀬渉役を成田凌が演じる。優柔不断な性格から不倫を重ねてきた広告代理店勤務の大伴恭一の前に、卒業以来会う機会のなかった大学の後輩・今ヶ瀬渉が現れる。今ヶ瀬は妻から派遣された浮気調査員として、恭一の不倫を追っていた。不倫の事実を恭一に突きつけた今ヶ瀬は、その事実を隠す条件を提示する。それは「カラダと引き換えに」という耳を疑うものだった。恭一は当然のように拒絶するが、7年間一途に恭一を思い続けてきたという今ヶ瀬のペースに乗せられてしまう。そして、恭一は今ヶ瀬との2人の時間が次第に心地よくなっていく。

    ネット上の声

    • とても出来の良い本格的な恋愛映画。大倉忠義と成田凌の演技はかなり良い。
    • 大倉忠義と成田凌のラブシーンには想定外の付加価値が
    • 曝け出した大倉忠義、いじらしさ全開の成田凌に感服
    • 流されるままだった主人公が最後は性別を超えて人を愛せるようになっていたのが良かっ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2019年
    • 製作国日本
    • 時間130分
    • 監督行定勲
    • 主演大倉忠義
    • 定額
    • 定額
  6. きょうのできごと a day on the planet
    • C
    • 3.13
    「GO」「ロックンロールミシン」の行定勲監督が、柴崎友香の同名小説を映画化した青春群像劇。京都の大学院に進学する友人の引越し祝いに集まった仲間たち。その周辺で起きるちょっと奇妙な出来事を通して、日常のかけがえのなさを暖かな眼差しで描く。出演は、「東京マリーゴールド」の田中麗奈、「ジョゼと虎と魚たち」の妻夫木聡をはじめ、伊藤歩、柏原収史、三浦誠己、池脇千鶴ら。

    ネット上の声

    • 年始に、大阪湾にクジラが迷い込んだという短いニュースを聞いた
    • 懐かしきかけがえのない大切な時間
    • 白い絵の具を食べたから白クマ?
    • 私の青春、無罪モラトリアム。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2003年
    • 製作国日本
    • 時間110分
    • 監督行定勲
    • 主演田中麗奈
  7. 円卓 こっこ、ひと夏のイマジン
    • D
    • 2.87
    人気子役の芦田愛菜が映画単独初主演を務め、行定勲監督のメガホンで西加奈子の小説「円卓」を映画化。大阪の団地に暮らし、大家族の温かなまなざしに包まれながらも、いつも不満だらけで、孤独にもあこがれている少女・渦原琴子(こっこ)が成長していく姿を、笑いや涙を交えて描いた。狭い団地で、毎日大きな円卓を囲むにぎやかな8人家族で暮らす琴子は、好奇心旺盛な小学3年生。気になった言葉や初めて知ることを「じゃぽにか(ジャポニカ学習帳)」に書き留めるのが日課で、個性的な家族やクラスメイト、担任のジビキ先生らに囲まれ、学校と家とその周辺の小さな世界で元気いっぱいに駆け回っていた。ようやく訪れた夏休み、お隣に住む仲良しのぽっさんがおばあちゃんの家に行ってしまい、ひとりで自由研究にいそしんでいた琴子に、最大のピンチが訪れる。

    ネット上の声

    • こっことぽっさん、子役違う、心伝わる名優
    • ★キラキラした思い出の宝箱のような作品★
    • 内容もキャストも◎!何度も見たい作品です
    • 複雑な心描写を巧みに演じている。脱帽!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2014年
    • 製作国日本
    • 時間113分
    • 監督行定勲
    • 主演芦田愛菜
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
  8. 世界の中心で、愛をさけぶ
    • D
    • 2.74
    「GO」の行定勲監督が片山恭一の同名ベストセラー小説を実写映画化し、日本中に“セカチュー”ブームを巻き起こしたラブストーリー。主人公・朔太郎と初恋相手アキの甘く切ない純愛を核に、原作小説にはない成人後の朔太郎と婚約者のエピソードを加え、ふたつの時間軸を交錯させながら描く。朔太郎の婚約者・律子が突然失踪した。彼女の後を追って自身の故郷・四国を訪れた朔太郎は、初恋相手アキとの思い出をよみがえらせていく。高校2年生の夏、当時サクと呼ばれた朔太郎は同級生のアキと淡い恋を育んでいた。しかしある日、アキは白血病に倒れてしまう。成長した朔太郎と婚約者・律子を大沢たかおと柴咲コウ、高校時代の朔太郎とアキを森山未來と長澤まさみがそれぞれ演じた。

    ネット上の声

    • 律子さんがなんで足が悪いのか全然わからなかったけど、最後に納得した...
    • この映画が公開された当時はブームに乗ることに抵抗があったことと、い...
    • 過去何回も鑑賞してますが、今夜久しぶりに観て、やっぱり良かった
    • ドラマも好きだけど映画も好きだ!! 泣ける!泣ける!泣ける!!
    白血病、 青春、 恋愛、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2004年
    • 製作国日本
    • 時間138分
    • 監督行定勲
    • 主演大沢たかお
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
  9. うつくしいひと サバ?
    • E
    • 2.60
    熊本県出身の行定勲監督が、同県の地域創生を目的とした「くまもと映画プロジェクト」のために手がけた中編作品「うつくしいひと」の第2弾。前作の完成、上映後の2016年4月に熊本地震が発生し、大きな被害を受けた同県の復興に向けて、熊本城や阿蘇大橋、阿蘇神社、益城町など被災地での撮影を敢行。17年4月に行われた「くまもと復興映画祭」でプレミア上映された。前作に続いての出演となった高良健吾、米村亮太朗をはじめ、中別府葵、中原丈雄ら熊本出身のキャストが多数出演している。私立探偵の玉屋末吉と田上は、地震の被災地でさまよう外国人のマチューと出会うが、言葉が通じない。唯一聞き取れたのは「サバ」という一言だけ。それでも、仲間の助けでマチューが亡き妻の遺骨を義父の義晴に届けるためフランスからやってきたということが分かる。マチューはやがて義晴のもとにたどり着くが、義晴の心は震災で深く傷ついていた。

    ネット上の声

    • ときに舞踊は言葉よりも饒舌となる
    • 行定監督らしい影の濃い背景感、重暗い世界観ではあったものの抑揚は少なめだった
    • 石橋静香さんのコンテンポラリーダンスは惹きつけられるものがあった!
    • 主演のカンサンジュンさんが素敵だった。 話す言葉、口調 熊本のうつ...
    • 製作年2017年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督行定勲
    • 主演高良健吾
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  10. ひまわり
    • E
    • 2.54
    海難事故で行方不明になった女性の葬儀に出席したかつての同級生や恋人たちが想い出を回想する中、やがて浮かび上がってくる死者の想いを描く青春ドラマ。監督は行定勲で、劇場公開作としては本作がデビューとなる。16ミリからのブローアップ。

    ネット上の声

    • 皆さん、ちゃんと見ているのだろうか・・
    • だって初恋は人生で一度きりだから
    • あの子ってどんな子だったんだろう
    • 麻生久美子にぴったりの役柄かな
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2000年
    • 製作国日本
    • 時間121分
    • 監督行定勲
    • 主演麻生久美子
    • 定額
  11. リボルバー・リリー
    • E
    • 2.54
    綾瀬はるか主演で、ハードボイルド作家・長浦京の代表作「リボルバー・リリー」を映画化したアクションサスペンス。「窮鼠はチーズの夢を見る」「パレード」「世界の中心で、愛をさけぶ」など、さまざまな話題作を送り出してきた行定勲監督がメガホンをとった。 大正末期の1924年。関東大震災からの復興で鉄筋コンクリートのモダンな建物が増え、活気にあふれた東京。16歳からスパイ任務に従事し、東アジアを中心に3年間で57人の殺害に関与した経歴を持つ元敏腕スパイ・小曽根百合は、いまは東京の花街の銘酒屋で女将をしていた。しかしある時、消えた陸軍資金の鍵を握る少年・慎太と出会ったことで、百合は慎太とともに陸軍の精鋭部隊から追われる身となる。 冷徹非情な美しき諜報員として「リボルバー・リリー」と呼ばれた百合を、綾瀬が演じる。共演に、長谷川博己、羽村仁成(Go!Go!kids/ジャニーズJr.)、シシド・カフカ、古川琴音、清水尋也、ジェシー(SixTONES)、阿部サダヲ、野村萬斎、豊川悦司ら豪華キャストが集結した。

    ネット上の声

    • これまでで最も美しい綾瀬はるかが躍動
    • 惜しい!綾瀬はるかはかっこいい
    • 綾瀬はるか、不死身すぎるw
    • 完全に期待外れ…
    アクション
    • 製作年2023年
    • 製作国日本
    • 時間139分
    • 監督行定勲
    • 主演綾瀬はるか
    • レンタル
  12. パレード
    • E
    • 2.53
    第15回山本周五郎賞を受賞した吉田修一の青春群像劇を、「世界の中心で、愛をさけぶ」の行定勲監督が映画化。主演は藤原竜也、香里奈、貫地谷しほり、小出恵介、林遣都。都会の片隅でルームシェアをする、健康オタクの会社員・直輝、自称イラストレーターの未来、恋愛依存症の琴美、大学生の良介の4人のもとに、男娼をしている謎の少年・サトルが転がり込んでくる。時を同じくして、町では女性連続暴行事件が多発していた。

    ネット上の声

    • 人でルームシェアするところに、一人の男が住み始め、これまでの生活に...
    • 現代の風景。 毎日会ってたり一緒に暮らしている友達でも、知らないこ...
    • 与えられた役割から降りることは出来ず、パレードは続く
    • パレードが始まれば、列を乱してはいけない
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2010年
    • 製作国日本
    • 時間118分
    • 監督行定勲
    • 主演藤原竜也
    • 定額
    • 定額
  13. 世田谷ラブストーリー
    • E
    • 2.50

    ネット上の声

    • Youtubeで観る行定勲監督の短編映画
    • 思い入れがある方以外にとってはかなり人を選ぶ作品
    • 歌詞で情景浮かんでたけどそれを映像化してくれた感じ
    • 短くてこれといった印象は無かったが、ふっと頭に入ってくるような日常をさりげなく描
    音楽
    • 製作年2015年
    • 製作国日本
    • 時間30分
    • 監督行定勲
    • 主演浅香航大
  14. リバーズ・エッジ
    • E
    • 2.50
    1993年に雑誌「CUTiE」で連載されていた岡崎京子の同名漫画を、行定勲監督のメガホン、二階堂ふみ、吉沢亮の出演で実写映画化。女子高生の若草ハルナは、元恋人の観音崎にいじめられている同級生・山田一郎を助けたことをきっかけに、一郎からある秘密を打ち明けられる。それは河原に放置された人間の死体の存在だった。ハルナの後輩で過食しては吐く行為を繰り返すモデルの吉川こずえも、この死体を愛していた。一方通行の好意を一郎に寄せる田島カンナ、父親の分からない子どもを妊娠する小山ルミら、それぞれの事情を抱えた少年少女たちの不器用でストレートな物語が進行していく。ハルナ役を二階堂、一郎役を吉沢がそれぞれ演じる。

    ネット上の声

    • 実存的不安を抱える若者達の青春ストーリー
    • あの時代を生きた者は感じるものがあるかも
    • どぎつい性描写、いくらなんでもやり過ぎ
    • この作品撮りながらゴチは辛いわな・・・
    青春
    • 製作年2017年
    • 製作国日本
    • 時間118分
    • 監督行定勲
    • 主演二階堂ふみ
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  15. OPEN HOUSE
    • E
    • 2.49
    「GO」の行定勲監督の長編映画初監督作品。1998年6月みちのく国際ミステリー映画祭'98in 盛岡にて上映され、新人監督奨励賞を受賞。以来5年間の時を経て待望の劇場公開となる。原作は、芥川賞作家・辻仁成の『オープンハウス』。出演に、「オーディション」の椎名英姫、「タイム・リープ」の川岡大次郎、「エンジェル・ダスト」の南果歩。

    ネット上の声

    • 登場人物みんな理解不能。
    • 行定監督の実力に(?)
    • ひとりぐらし、ふたり
    • 行定監督の原点
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1997年
    • 製作国日本
    • 時間114分
    • 監督行定勲
    • 主演椎名英姫
  16. ピンクとグレー
    • E
    • 2.48
    ジャニーズの人気グループ「NEWS」の加藤シゲアキが2012年に発表した処女小説を、「世界の中心で、愛をさけぶ」「北の零年」の行定勲監督が映画化。脚本を担当する若手劇作家・蓬莱竜太と行定監督が原作を大胆にアレンジして再構成し、小説では明かされなかったエピソードも描く。人気俳優の白木蓮吾が急逝した。自殺か他殺かも判明しない中、彼の少年時代からの親友で死の瞬間にも立ち会った売れない俳優・河田大貴に世間の注目が集まるが……。テレビドラマ「半沢直樹」や「水球ヤンキース」などで俳優としても注目を浴びる「Hey! Say! JUMP」の中島裕翔が映画初出演にして主演を務め、「そこのみにて光輝く」の菅田将暉、「海街diary」の夏帆、「誰も知らない」の柳楽優弥といった若手実力派が脇を固める。

    ネット上の声

    • 見事なピンクとグレーの世界の転換に唖然!
    • 俳優陣の存在感で、救われた映画。
    • 原作者が納得していることが大事
    • 2016年一発目がこれ・・・
    青春、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2015年
    • 製作国日本
    • 時間119分
    • 監督行定勲
    • 主演中島裕翔
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  17. えんがわの犬
    • E
    • 2.46

    ネット上の声

    • 伊藤淳史って。。。
    • いつかのあの凧
    • 行定勲監督がゆうばり国際ファンタスティック映画祭に講師として参加した時に撮った中
    • 短い所がまた良い
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2001年
    • 製作国日本
    • 時間57分
    • 監督行定勲
    • 主演邑野未亜
  18. 贅沢な骨
    • E
    • 2.45
    複雑に揺れる3人の男女の、愛の行方を描いたドラマ。監督は「閉じる日」の行定勲。脚本は、行定監督と「閉じる日」の益子昌一の共同。撮影を「閉じる日」の福本淳が担当している。主演は、「RED SHADOW 赤影」の麻生久美子、「月光の囁き」のつぐみ、「けものがれ、俺らの猿と Getting wild with our monkey」の永瀬正敏。2001年度キネマ旬報ベスト・テン監督賞受賞作品。16ミリからのブローアップ。

    ネット上の声

    • なんか全てが中途半端な感じに思えてビミョー
    • 本当に、底なしにまどろんだシーン
    • 理解できないけど納得できる
    • 邦画が邦画だった頃の邦画
    三角関係、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2001年
    • 製作国日本
    • 時間107分
    • 監督行定勲
    • 主演麻生久美子
    • 定額
  19. うつくしいひと
    • E
    • 2.33
    行定勲監督が、出身地・熊本の地域創生を目的とした「くまもと映画プロジェクト」で手がけた中編作品。行定監督のほか、橋本愛、高良健吾ら出演者も熊本県出身者で、熊本城や夏目漱石旧居、江津湖、菊池渓谷など、同県の名所旧跡で撮影。セリフも熊本弁になっている。行定監督がディレクターを務めた熊本県菊池市で開催の「菊池映画祭2016」(16年3月4~6日開催)で上映された後、期間限定で無料配信。さらにその後、16年4月の熊本地震を受け、各地でチャリティ上映される。

    ネット上の声

    • あなたには忘れられない人がいますか?
    • 熊本への思いが集まった作品
    • 40分だけどしっかりしてる
    • 印象に残る小品
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2016年
    • 製作国日本
    • 時間39分
    • 監督行定勲
    • 主演橋本愛
  20. ユビサキから世界を
    • E
    • 2.26
    家庭の問題、妊娠など、それぞれ悩みを抱える仲良し高校生4人組のリンネ(谷村美月)、ウタ(北乃きい)、ラン(麻里也)、タマ(永岡真実)は退屈な毎日に虚無感を感じ、集団自殺をすることを計画した。最後の晩餐としてたこ焼きを食べ終わった4人は、午後10時に校門の前に集合することを約束し、一旦それぞれの日常へ戻るが……。

    ネット上の声

    • 個人的に現実味を感じなかった
    • タイトルは意味ありげだけど…
    • こんな監督がいるから・・・
    • そう、高校生は眠いんです
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2006年
    • 製作国日本
    • 時間63分
    • 監督行定勲
    • 主演谷村美月
  21. パーティーは終わった
    • E
    • 2.25

    ネット上の声

    • 誰かのファンなら見てもいいかも
    • もったいないオムニバス
    • マンガ家の妄想物語
    • 漫画家の想像力
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2011年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督行定勲
    • 主演成宮寛貴
  22. ロックンロールミシン
    • E
    • 2.24
    「GO」でその年の映画賞を総なめした行定勲が監督が、 J 文学の旗手・鈴木清剛の同名小説を映画化。出演は「チキン・ハート」の池内博之、「ディスタンス」の りょう、加瀬亮、水橋研二。

    ネット上の声

    • 青春にしがみつきたい大人たちへ
    • モラトリアム3部作 その1
    • こういう映画があってもいい
    • 翼が生えてしまった行定勲
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2002年
    • 製作国日本
    • 時間120分
    • 監督行定勲
    • 主演池内博之
    • レンタル
    • 定額
  23. Seventh Anniversary セブンス アニバーサリー
    • E
    • 2.23
     この日、ルルは自宅のトイレで7回目の失恋の肉体的苦痛を味わっていた。彼女の体は失恋すると体内にしこりができて、2、3日すると石となって体の外に出てくるのだった。

    ネット上の声

    • ?尿道結石ファンタジー?
    • 誤解してました
    • 突飛な女が出る映画って基本的には好みにないんだけど、時々こういう好きな映画が出て
    • いいね、失恋の痛みと記憶が尿路結石として形になるって設定クレイジーだった
    ファンタジー、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2003年
    • 製作国日本
    • 時間76分
    • 監督行定勲
    • 主演小山田サユリ
  24. ナラタージュ
    • E
    • 2.18
    2006年版「この恋愛小説がすごい」第1位に輝いた島本理生の同名小説を、松本潤&有村架純の共演で映画化。「世界の中心で、愛をさけぶ」などで知られる恋愛映画の名手・行定勲監督がメガホンをとり、禁断の恋に落ちる高校教師と元生徒が織り成す純愛を描く。大学2年生の泉のもとに、高校時代の演劇部の顧問・葉山から、後輩たちの卒業公演への参加を依頼する電話がかかってくる。高校時代、泉は学校になじめずにいた自分を助けてくれた葉山に思いを寄せていたが、卒業式の日に起きたある出来事を胸にしまったまま、葉山のことを忘れようとしていた。しかし1年ぶりに葉山と再会したことで、抑えていた恋心を再燃させてしまう。一方、葉山もまた泉に対して複雑な思いを抱いていた。

    ネット上の声

    • 【教師と元生徒の“禁断の恋”を描こうとした作品。この作品を支えているのは、有村架純さんが確かな演技で、駄目駄目な二人の男に見切りを付け、新たなる人生を歩み始める姿である。】
    • 登場人物の再現度が高い。 映画全体の色合いが緑色とセピア色で芸術的...
    • サクラに注意とかいってるアンチにこそ注意
    • 陰鬱なのに美しい、これは恋愛映画ではない
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2017年
    • 製作国日本
    • 時間140分
    • 監督行定勲
    • 主演松本潤
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  25. 遠くの空に消えた
    • E
    • 2.14
    「世界の中心で、愛をさけぶ」「北の零年」の行定勲監督が、自らの手によるオリジナル・ストーリーを映画化。空港建設計画に揺れるのどかな田舎町に引越して来た空港公団団長の息子・亮介は、地元の悪ガキ・公平や、父親がUFOに連れ去られたと信じる少女・ヒハルと仲良くなる。やがて空港を巡る争いが子供たちをも巻き込み始め……。主演には「妖怪大戦争」の神木隆之介や「SAYURI」の大後寿々花ら注目の子役が集結。

    ネット上の声

    • 監督は潔く自らの脚本をカットすべきでした
    • へんてこで可憐。キーワードは「乳ありき」
    • 監督がつくりたかった世界観が要らない
    • 遠くの空に消えたものをたどりながら
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2007年
    • 製作国日本
    • 時間144分
    • 監督行定勲
    • 主演神木隆之介
    • レンタル
    • 定額
  26. ショコラの見た世界
    • E
    • 2.13
    「世界の中心で、愛をさけぶ」を手がけた行定勲監督が、高機能と3インチの大画面を搭載した携帯電話にインスピレーションを受けて誕生したファンタジックな物語。ストーリーCMが好評につき長編ムービーへ発展させた。主演は、「春の雪」でも行定監督とタッグを組んだ竹内結子。

    ネット上の声

    • 映像も、ニックネームのセンスもすごくいい
    • いつかまた出逢えることができるよ。
    • あなたのTrue Colorは所詮作り物なのか
    • 人の死を道具にする行定にげんなり
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2006年
    • 製作国日本
    • 時間50分
    • 監督行定勲
    • 主演竹内結子
  27. 女たちは二度遊ぶ
    • E
    • 2.10
    芥川賞作家・吉田修一のオムニバス小説を、「世界の中心で、愛を叫ぶ」の行定勲監督が映像化。携帯用動画配信サービス「Bee TV」専用に制作されたが、異例の累計900万ダウンロードを記録し、10年に劇場公開が決定した。「どしゃぶりの女」「自己破産の女」「夢の女」「平日公休の女」「つまらない女」の5つのエピソードで構成され、相武紗季、水川あさみ、小雪、優香、長谷川京子がそれぞれ主人公を演じる。

    ネット上の声

    • ありそうな恋愛。・・の、美しいバージョン
    • ‘忘れられない女‘・・・って、何だか素敵
    • 男優により惹き出された女優たちの魅力
    • 二度遊ぶ・・・そういう意味か!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2010年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督行定勲
    • 主演相武紗季
  28. 春の雪
    • E
    • 2.09
    「GO」「世界の中心で、愛をさけぶ」「北の零年」の行定勲監督が、三島由紀夫の遺作となった「豊饒の海」4部作の第1章「春の海」を原作に描く純愛ロマン。舞台は大正時代。幼なじみの侯爵家の子息・清顕と伯爵家の令嬢・聡子。成長した2人はいつしか互いに惹かれ会うようになるが、聡子に宮家の王子との縁談が持ち上がる。人気俳優2人「69 sixty nine」「ローレライ」の妻夫木聡と「いま、会いにゆきます」の竹内結子が共演。

    ネット上の声

    • 久しぶりに死なない竹内結子を見ることができて安心した。と思っていたら清顕の夢の中で死んでるではありませんか!!
    • 三島由紀夫『豊饒の海 第一巻・春の雪』の唯一の映画化
    • 日本の風景描写は映像美そのものである
    • 逆境に打ち勝った勇者達
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2005年
    • 製作国日本
    • 時間150分
    • 監督行定勲
    • 主演妻夫木聡
    • 定額
  29. 髪からはじまる物語
    • E
    • 2.08

    ネット上の声

    • 柴崎コウに踏まれたいです。
    • お姉さんの髪は好き
    • その名の通り、髪にまつわる物語の三本だて
    • 三作とも柴咲コウ主演のオムニバス👏
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2005年
    • 製作国日本
    • 時間85分
    • 監督行定勲
    • 主演柴咲コウ
  30. 閉じる日
    • E
    • 2.08
    作家と高校生の姉弟が封じ込めた”過去“を巡る愛憎劇。監督は「ひまわり」の行定勲。脚本は行定監督と益子昌一の共同。主演は、「富江 replay」の冨樫真と「ブギーポップは笑わない」の沢木哲、「SIMPLE LIFE SYNDOROME」の綾花。尚、本作は『ラブシネマ』の第3弾作品として製作・公開された。DV作品。ビデオプロジェクターによる上映。

    ネット上の声

    • 伝えたい事がわからない
    • 設定がついてけない
    • 姉弟なのにカップルというよりは、カップルなのに姉弟に見えるくらい、二人だけの閉じ
    • 期待の6人の監督たちが全編デジタル・ビデオで撮りあげた《ラブシネマ》の第3弾
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2000年
    • 製作国日本
    • 時間91分
    • 監督行定勲
    • 主演冨樫真
  31. クローズド・ノート
    • E
    • 2.07
    人気ミステリー作家・雫井脩介による恋愛小説を「世界の中心で、愛をさけぶ」の行定勲監督が映画化。教育大に通う香恵は、引越先のアパートで前の住人が忘れていったノートを発見する。それは小学校の女性教師・伊吹の日記で、生徒たちとの交流や恋の悩みが綴られていた。バイト先で出会った画家・石飛への恋心を持て余していた香恵は、罪悪感を抱きながらも日記を読み進めていくが……。2人のヒロインを沢尻エリカと竹内結子が演じる。

    ネット上の声

    • 大手プロダクションに媚を売るバカども
    • テリー伊藤と井上公造・・・情けない
    • クローズド・ノート舞台挨拶試写会
    • もうメディアに現れないで欲しい
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2007年
    • 製作国日本
    • 時間138分
    • 監督行定勲
    • 主演沢尻エリカ
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
  32. ジムノペディに乱れる
    • E
    • 2.06
    日活の成人映画レーベル「ロマンポルノ」の45周年を記念し、日本映画界の第一線で活躍する監督たちが新作ロマンポルノを手掛ける「日活ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」の1作。「世界の中心で、愛をさけぶ」などで知られるラブストーリーの名手・行定勲監督が板尾創路を主演に迎え、不器用な大人の恋愛を美しい映像でつづった。映画監督の古谷は、スランプに陥り撮れない日々が続いていた。鬱屈した気持ちを抱える彼は、女たちに肌のぬくもりを求めてさまようが……。相手役にテレビドラマ「ディアスポリス 異邦警察」の芦那すみれ、「かしこい狗は、吠えずに笑う」の岡村いずみ。

    ネット上の声

    • たくさんの女優が脱ぎまくりのハメまくり
    • もっと若い監督がやるべきでは?
    • 正統派(?)日活ロマンポルノ
    • 美しくて悲しくて可笑しい
    • 製作年2016年
    • 製作国日本
    • 時間83分
    • 監督行定勲
    • 主演板尾創路
    • レンタル
    • 定額
  33. 月に沈む
    • E
    • 2.06
    浜崎あゆみのシングル“Voyage”にインスパイアされた行定勲監督が、脚本も手がけて撮りあげた40分に及ぶミュージックフィルム。輪廻転生をモチーフに壮大な映像世界が展開する。出演は浜崎あゆみのほか、伊勢谷友介、香川照之、糸井重里。

    ネット上の声

    • 「Voyage」のMVを長尺にした短編なのだが見せ場のひとつであるシーンでG線上
    • 浜崎あゆみの「Voyage」のPVのドラマ版みたいな?(この作品のダイジェスト版
    • 浜崎あゆみの名バラード『Voyage』の長編ミュージックビデオ
    • 浜崎あゆみのvoyageという曲のPVが元の短編映画
    ファンタジー、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2002年
    • 製作国日本
    • 時間40分
    • 監督行定勲
    • 主演浜崎あゆみ
  34. 北の零年
    • E
    • 2.02
    明治初期の北海道を舞台に、運命に翻弄されながらも屈することなく自分たちの国作りに挑んだ人々の姿を、史実を基に描いた歴史群像ドラマ。監督は「世界の中心で、愛をさけぶ」の行定勲。脚色は「DEVILMAN」の那須真知子。撮影を「阿修羅のごとく」の北信康が担当している。主演は、「風の舞 闇を拓く光の詩」の吉永小百合と「ラスト サムライ」の渡辺謙、「丹下左膳 百万両の壺」の豊川悦司。文化庁支援作品。

    ネット上の声

    • デビルマン、キャシャーンと並ぶ3大駄作
    • 豊川悦司の役のような男に守られたい
    • 行定監督は大作には向かないようだ。
    • え〜っ!?って感じでした・・・
    冬に見たくなる、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2004年
    • 製作国日本
    • 時間168分
    • 監督行定勲
    • 主演吉永小百合
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  35. つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語
    • E
    • 2.01
    直木賞受賞作家・井上荒野の「つやのよる」(新潮社刊)を、「GO」「世界の中心で、愛をさけぶ」の行定勲監督が映画化した恋愛群像劇。家族を捨て、艶(つや)という名の女性と駆け落ちをした男、松生は、艶がガンに侵されこん睡状態に陥ったことを現実として受け止められず、自らの愛を確かめるため艶がかつて関係をもった男たちに、艶の死期を知らせるという考えを思いつく。一方、すでに過去の存在だった艶の危篤を知らされた男たちと、その妻や恋人、子どもらは、それぞれの人生に突然割り込んできた艶という女の存在に困惑する。主演の阿部寛ほか、小泉今日子、野波麻帆、風吹ジュン、真木よう子、忽那汐里、大竹しのぶら豪華女優陣が集結。

    ネット上の声

    • 色んな視点からつやの人物像が浮き上がってくるストーリー展開
    • 蝕む女と蝕まれた男の愛と憎しみの末路。
    • 女優、皆さん脱ぐ・・・のかと思ったよ
    • それぞれが前に進む感じの余韻がよい
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2012年
    • 製作国日本
    • 時間138分
    • 監督行定勲
    • 主演阿部寛
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。