スポンサーリンクあり

全15作品。ロジャー・ドナルドソン監督が制作した映画ランキング

  1. 世界最速のインディアン
    • S
    • 4.50
    ニュージーランド南端の街に住むスピード狂の男が、地上最速マシンのスピードを競う大会“スピードウィーク”が行われるアメリカユタ州のボンヌビル・ソルトフラッツを目指し、ニュージーランドからアメリカ西部を旅する姿を描くロードムービー。主演はオスカー俳優のアンソニー・ホプキンス。監督はホプキンス主演の「バウンティ 愛と反乱の航海」や「追いつめられて」「13デイズ」のロジャー・ドナルドソン。

    ネット上の声

    • 世界最速のインディアンの犬のキンタマ。
    • これを見て洋画の素晴らしさに気づいた
    • 60越えたってやるときゃやるんだ!
    • 年を取るのも悪くないと思える映画
    バイクに乗りたくなる、 実話、 ヒューマンドラマ、 アドベンチャー(冒険)
    • 製作年2005年
    • 製作国ニュージーランド,アメリカ
    • 時間127分
    • 監督ロジャー・ドナルドソン
    • 主演アンソニー・ホプキンス
  2. マクラーレン ~F1に魅せられた男~
    • C
    • 3.59
    モータースポーツ界の名門マクラーレンの創設者ブルース・マクラーレンを描いたドキュメンタリー。「世界最速のインディアン」「スピーシーズ 種の起源」など数々のヒット作を手掛けてきたロジャー・ドナルドソン監督が、自身が暮らすニュージーランドの英雄を題材に初めて長編ドキュメンタリーを手がけた。1959年、史上最年少でF1優勝を成し遂げブルース・マクラーレンは、独創的な手法で最先端のレーシングマシンを開発し、モーターレース界のパイオニアとして時代を切り拓いていく。63年にはブルース・マクラーレン・レーシング・チームを結成し、チームオーナーのみならず1人のレーサーとして栄光を勝ち取るべく動きはじめる。

    ネット上の声

    • 1959年にF1デビューし、後に自身のレーシングチームを立ち上げたブルース・マク
    • 仕事に人生を注いでも、家族がいて、同僚に愛される人がいるんだな
    • F1チームのマクラーレン
    • 赤坂にマクラーレンのディーラーがあるのだが、何故メーカーでもないマクラーレンがこ
    ドキュメンタリー
    • 製作年2017年
    • 製作国ニュージーランド
    • 時間93分
    • 監督ロジャー・ドナルドソン
    • 主演---
    • レンタル
  3. 13デイズ
    • C
    • 3.21
    1962年10月16日、米軍の偵察機がキューバに建設中のミサイル基地を発見した。しかも、この基地には核弾頭が持ち込まれているという。もしそれが事実であれば、アメリカ本土が核の危機にさらされることになる。ケネディ大統領は、アメリカ合衆国建国以来の、ひいては人類全体の未曾有の危機に立ち向かうべく、緊急危機管理チームを召集した……。

    ネット上の声

    • 歴史的事実ベースのエンタテインメントで、好感を覚えた
    • 「キューバ危機」におけるアメリカとソ連の息詰まる攻防
    • ソ連がキューバに核ミサイルを運び込んだ事が発覚
    • 歴史的出来事”キューバ危機”を描いた秀作
    兄弟、 社会派ドラマ、 実話
    • 製作年2000年
    • 製作国アメリカ
    • 時間145分
    • 監督ロジャー・ドナルドソン
    • 主演ケヴィン・コスナー
    • レンタル
    • 定額
  4. 追いつめられて
    • D
    • 2.92
    国防長官の愛人だった恋人が殺され、その濡れ衣をきせられた男の孤独な戦いを描いたサスペンス。製作はローラ・ジスキンとロバート・ガーランド、監督はロジャー・ドナルドソン、エグゼクティヴ・プロデューサーはメイス・ニューフェルド、ケネス・フィアリングの原作(『大時計』ハヤカワミステリ文庫)をロバート・ガーランドが脚色化、撮影はジョン・オルコット、音楽はモーリス・ジャールが担当。出演はケビン・コスナー、ジーン・ハックマンほか。

    ネット上の声

    • 当時、傑作だと勧められて観ましたが下世話な話でガッカリでした
    • とことん追いつめられて、さぁどーなる!!
    • ショーン・ヤングのセクシーな魅力が中心!
    • ウィル・パットンと、ショーン・ヤング。
    どんでん返し、 ヒューマンドラマ、 サスペンス
    • 製作年1987年
    • 製作国アメリカ
    • 時間114分
    • 監督ロジャー・ドナルドソン
    • 主演ケヴィン・コスナー
    • 定額
  5. バンク・ジョブ
    • D
    • 2.90

    1971年のロンドンで起こったウォーキートーキー強盗事件を映画化

    1971年のイギリスで実際に起きた王室スキャンダルに関わる銀行強盗事件を「13デイズ」「世界最速のインディアン」のロジャー・ドナルドソン監督が映画化。借金取りに追い立てられる毎日を送るテリーのもとに、昔の恋人マルティーヌが現れ、銀行強盗の話を持ちかける。テリーは愛する家族のためマルティーヌの計画に乗るが、その話には裏があった……。主演は「トランスポーター」シリーズのジェイソン・ステイサム。共演にサフロン・バロウズ、デビッド・スーシェら。

    ネット上の声

    • お金じゃなくて、“秘密” だから面白い!
    • リアル犯罪劇 バンクだけでは終わらせない
    • 9割が真実、信じるか信じないかは貴方次第
    • 英国現代史の恥部を曝した勇気に拍手!!
    銀行強盗、 実話、 サスペンス

    批評家の声

    • ★★★★(4点)
      シンプルな強盗ストーリーと思ったら、中盤から複雑な様相。 最後はバットエンドかと思いきや意外すぎる展開に。 エンドロールで実話だと知り、さらにびっくり仰天。映画みたいな本当の話だった。
    • ★★★★★(5点)
      ゲームGTAのような映画。チンピラ集団が銀行強盗、警察やギャングとの駆け引き。 強盗仲間が素人丸出しで「何やってんだよ!」とヒヤヒヤ。 なかなかおもしろかった。
    • 製作年2008年
    • 製作国イギリス
    • 時間110分
    • 監督ロジャー・ドナルドソン
    • 主演ジェイソン・ステイサム
    • 定額
    • 定額
  6. バウンティ/愛と反乱の航海
    • D
    • 2.76
    18世紀末に南太平洋上で反乱のため忽然と姿を消した英国戦艦バウンティ号の事件を描く。提供はディノ・デ・ラウレンティス、製作はバーナード・ウィリアムス。当初デイヴィッド・リーンが予定されていた監督は、オーストラリア出身で今作が本邦初紹介のロジャー・ドナルドソン。脚本はロバート・ボルト。史実に忠実に描くということより原作は数ある文献の中よりリチャード・ハフのCaptain Bligh and Mr.Christian。撮影はアーサー・イベットソン、音楽はヴァンゲリスが担当。出演はメル・ギブソン、アンソニー・ホプキンス、ローレンス・オリヴィエ、エドワード・フォックス、ウイ・クキ・カア、テヴァイテ・ヴァーネットなど。

    ネット上の声

    • "役者は"豪華
    • 有名な海事事件。
    • 俳優世界の神、アンソニー・ホプキンス
    • リーアム・ニーソンがチョイ役。
    ヒューマンドラマ、 アドベンチャー(冒険)
    • 製作年1984年
    • 製作国アメリカ
    • 時間133分
    • 監督ロジャー・ドナルドソン
    • 主演メル・ギブソン
  7. リクルート
    • D
    • 2.75
    CIAの訓練所を舞台に偽装と現実が錯綜するサスペンス・ミステリー。マサチューセッツ工科大生ジェームズは、CIAの採用担当者ウォルターにスカウトされて、特別訓練基地ファームへ。しかし、訓練生が互いを欺き合う心理戦を強いる訓練の中で、ジェームズはどこまでがテストで、どこまでが現実なのか困惑していく。そんなとき、彼に極秘指令が下るのだが。監督は「ダンテズ・ピーク」「13デイズ」のロジャー・ドナルドソン。

    ネット上の声

    • コリン・ファレルの魅力が引き出された作品
    • CIAの特別訓練基地で唯一信じられるのは
    • 【オススメ】 CIAとかFBIとか・・・
    • 現実と虚構。目に映る何を信じれば・・・
    アクション
    • 製作年2003年
    • 製作国アメリカ
    • 時間115分
    • 監督ロジャー・ドナルドソン
    • 主演アル・パチーノ
    • レンタル
  8. スパイ・レジェンド
    • E
    • 2.51
    5代目ジェームズ・ボンドで知られるピアース・ブロスナンが、「007 ダイ・アナザー・デイ」でボンド役を卒業して以来、12年ぶりにスパイアクション映画に主演した作品で、世界的陰謀に立ち向かう元CIAエージェントの戦いを描いた。「ザ・ノベンバー・マン」というコードネームで活躍した元CIAエージェントのピーター・デベローは、スイスで静かな引退生活を送っていた。しかし、当時の同僚たちがCIAによって次々に消されるという事態が発生。かつて愛した元同僚の女性を目の前で殺されてしまったピーターは、自らが育てた現役最強のCIAスパイとの攻防を繰り広げながら真相を追うが、事件の裏には、ロシア大統領選をめぐる国際的な陰謀が隠されていた。「バンク・ジョブ」「13デイズ」のロジャー・ドナルドソンが監督、共演に「007 慰めの報酬」でボンドガールを務めたオルガ・キュリレンコ。

    ネット上の声

    • ピアース・ブロスナンが再び躍動、やはり彼はスパイが似合う
    • 評価3つ星以上ってホントに思ってる?
    • 主人公に共感出来ず、見て損したなぁ。
    • ブロスナン~スパイアクションに還る
    アクション
    • 製作年2014年
    • 製作国アメリカ
    • 時間108分
    • 監督ロジャー・ドナルドソン
    • 主演ピアース・ブロスナン
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  9. カクテル
    • E
    • 2.37
    野心を抱く青年が体験する喪失と再生、そして真実の愛にめぐりあうまでを描く。製作はテッド・フィールドとロバート・W・コート、監督は「追いつめられて(1987)」のロジャー・ドナルドソン、原作・脚本はヘイウッド・グールド、撮影はディーン・セムラー、音楽はピーター・ロビンソンが担当。出演は「ハスラー2」のトム・クルーズ、「普通の女」のブライアン・ブラウン、エリザベス・シューほか。日本版字幕は戸田奈津子。ドルビーステレオ。カラー、ビスタサイズ。1988年作品。

    ネット上の声

    • 有名シーン(カクテル🍸️)だけが一人歩きして見た気になってたやつ
    • 常夏の島よ!海よ!酒よ!さらば氷点下!。
    • 評価悪いけど、結構インパクトあるよ。
    • 若きT・クルーズの魅力だけじゃない!
    青春
    • 製作年1988年
    • 製作国アメリカ
    • 時間102分
    • 監督ロジャー・ドナルドソン
    • 主演トム・クルーズ
    • レンタル
    • レンタル
    • 定額
  10. ダンテズ・ピーク
    • E
    • 2.30
    火山の噴火の驚異とそれに立ち向かう人々の姿を、最新のSFXを駆使した描いたパニック・スペクタクル超大作。「トゥルーライズ」「アポロ13」の特撮工房、デジタル・ドメイン社が手掛けた噴煙・溶岩・大地の揺れ・火砕流などのリアルかつ凄まじい表現が見どころ。脚本は「デイライト」でパニック状況下の人間ドラマを書き上げて評価されたレスリー・ボーエンのオリジナル。監督には、映画界入りいる以前はオーストラリアの大学で地質学を学んでいたという「カクテル」「追いつめられて」「ゲッタウェィ」のロジャー・ドナルドソンが起用された。製作は「ターミネーター1、2」「トゥルーライズ」のゲイル・アン・ハードとジョゼフ・M・シンガー、製作総指揮はイロナ・ハーツバーグ、製作協力と第二班監督は「フリージャック」のジョフ・マーフィ。撮影は「スピーシーズ 種の起源」のアンジェイ・バートコウィアック、音楽はジョン・フリッツェルがスコアを書き、テーマ曲の作曲は「恋の闇 愛の光」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術はデニス・ワシントン、編集はコンラッド・バフ、ハワード・スミス。主演は「007/ゴールデンアイ」のピアース・ブロスナンと「ターミネーター1、2」のリンダ・ハミルトン。

    ネット上の声

    • 映像の古さが良い味を出していて、 見ていて引き込まれる映画でした。...
    • ミレニアムディザスター映画祭り?
    • 一度は観ときたいパニック映画
    • 御嶽山のニュースを見ていて、
    パニック
    • 製作年1997年
    • 製作国アメリカ
    • 時間109分
    • 監督ロジャー・ドナルドソン
    • 主演ピアース・ブロスナン
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  11. ホワイト・サンズ
    • E
    • 2.25
    ニューメキシコで発見された死体のを捜査するうちに、秘密工作や隠密行動のはびこる世界へ入り込んでしまう一人の男の姿を描く。ニューメキシコ全域で10週間を越えるロケ撮影を敢行した作品。監督は「追いつめられて(1987)」などのサスペンス・スリラーで定評のあるロジャー・ドナルドソン。脚本は「マイアミ・バイス」「パシフィック・ハイツ」のダニエル・パイン。撮影は「クロコダイル・ダンディー」のピーター・メンジース・ジュニア。

    ネット上の声

    • ミッキー・ローク
    • これも意外な拾い物
    • 観ている人少なっw
    • '●93 1/23~2/5公開
    サスペンス
    • 製作年1992年
    • 製作国アメリカ
    • 時間101分
    • 監督ロジャー・ドナルドソン
    • 主演ウィレム・デフォー
  12. ハングリー・ラビット
    • E
    • 2.12
    殺人の罪を着せられた男が闇の組織に単身挑む姿を、ニコラス・ケイジ主演で描くサスペンスアクション。監督は「バンク・ジョブ」「世界最速のインディアン」のロジャー・ドナルドソン。妻が何者かに暴行され怒りに震えていた高校教師ウィルは、「奥さんを襲った相手を代わりに殺してやる」と言って近づいてきた謎の男サイモンの提案を受け入れてしまう。しかし半年後、今度は自分が他人の代わりに人を殺すよう強要される。それを拒否したウィルは殺人の罪を着せられて追われる身となり、謎の巨大な組織と戦うことになる。共演に人気TVシリーズ「マッドメン」のジャニュアリー・ジョーンズ、「メメント」のガイ・ピアース。

    ネット上の声

    • オレがウィルならどちらを選択しただろうか
    • 社会派サスペンスにはさせないバカ設定。
    • そもそも他人にやらせる必要があるのか
    • 短髪連盟(ケージ君は資格十分♡)
    サスペンス、 アクション
    • 製作年2011年
    • 製作国アメリカ
    • 時間106分
    • 監督ロジャー・ドナルドソン
    • 主演ニコラス・ケイジ
    • レンタル
  13. キャデラック・マン
    • E
    • 2.12
    巧みな話術で超高級車を売りまくり、女性にもモテモテのスゴ腕セールスマンを主人公に繰り広げられるコメディ。製作・監督は「カクテル」のロジャー・ドナルドソン、脚本は「ジョニー・ハンサム」のケン・フリードマン、撮影は「サイゴン」のデイヴィッド・グリブル、音楽は「ブラインド・フューリー」のJ・ピーター・ロビンソンが担当。出演はロビン・ウィリアムズ、ティム・ロビンス、パメラ・リードほか。

    ネット上の声

    • 変幻自在男ロビン・ウィリアムズのコメディ
    • プレイボーイのカーセールスマン、ロビンウィリアムズが、頭弱め立てこもり犯ティムロ
    • ロビンとティム・ロビンスのW主演
    • 最初の30分我慢できるかどうか
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1990年
    • 製作国アメリカ
    • 時間110分
    • 監督ロジャー・ドナルドソン
    • 主演ロビン・ウィリアムズ
  14. スピーシーズ/種の起源
    • E
    • 2.04
    宇宙からの信号に基づくDNA操作実験によって生まれた、“新たな種”の恐怖を描くSFホラー。エロティシズムの強調と、ベテラン勢が結集したSFXが見もの。監督は「カクテル」「ゲッタウェイ(1994)」のロジャー・ドナルドソン。製作は「13日の金曜日」シリーズのフランク・マンキューソ・ジュニアとオリジナル脚本も手掛けたデニス・フェルドマン。撮影は「スピード」のアンジェイ・バートコウィアク、音楽は「告発」のクリストファー・ヤング、美術はジョン・ムート。怪物のデザインを「エイリアン」の前衛画家H・R・ギーガーが担当し、「スター・ウォーズ」「レイダース 失われた聖櫃<アーク>」などで4度オスカー受賞のリチャード・エドランドが視覚効果監修を、「ゴーストバスターズ」「アビス」のスティーヴ・ジョンソンが特殊メイクと怪物のエフェクトを手掛けている。出演は「死と処女」のベン・キングスレイ、「ワイアット・アープ」のマイケル・マドセン、「オールウェイズ」のマーグ・ヘルゲンバーガー、「プレタポルテ」のフォレスト・ウィテカーら。怪物の仮の姿である美女役にフランスのスーパーモデルのナターシャ・ヘンストリッジが扮し、見事な肢体を披露して映画初出演。

    ネット上の声

    • これも『インビジブル』同様、かなり前に2回ぐらいは観てる作品
    • バカバカしいが笑える、嫌いじゃありません
    • 「エロSFホラー」史上に燦然と輝く金字塔
    • ナターシャ・ヘンストリッジのデビュー作!
    ホラー
    • 製作年1995年
    • 製作国アメリカ
    • 時間109分
    • 監督ロジャー・ドナルドソン
    • 主演ベン・キングズレー
    • レンタル
    • 定額
  15. ゲッタウェイ
    • E
    • 2.01
    犯罪のプロの夫婦コンビの逃避行を描いたアクション映画。ジム・トンプソンの小説を映画化した72年のサム・ペキンパー監督の同名映画を、「キスへのプレリュード」のアレック・ボールドウィンと「愛という名の疑惑」のキム・ベイシンガーの夫婦初共演で再映画化。前作のウォルター・ヒルがエイミー・ジョーンズと共同で脚本をリライト。製作はデイヴィッド・フォスター、ローレンス・ターマン、ジョン・アラン・サイモン。撮影は「黒豹のバラード」のピーター・メンジース・ジュニア、音楽は「リバー・ランズ・スルー・イット」のマーク・アイシャムで、主題歌はリチャード・マークス。共演は「ミッドナイト・スティング」のジェームズ・ウッズほか。

    ネット上の声

    • 主役の胸毛が凄くなり、ヒロインが逞しくなり、その他キャストがイケオジ尽くしになっ
    • スティーブ・マックイーンの名作をアレック・ボールドウィン&キム・ベイシンガー夫妻
    • 1994年3月24日三番街シネマ2での観賞以来のDVDでの再観賞
    • 偉大な作品のリメイクとしては悪くない
    アクション
    • 製作年1994年
    • 製作国アメリカ
    • 時間116分
    • 監督ロジャー・ドナルドソン
    • 主演キム・ベイシンガー

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。