スポンサーリンクあり

全5作品。蜷川実花監督が制作した映画ランキング

  1. 人間失格
    • E
    • 2.30
    小栗旬が文豪・太宰治を演じ、小説「人間失格」の誕生秘話を、太宰を取り巻く3人の女性たちとの関係とともに描いたオリジナル作品。「ヘルタースケルター」「Diner ダイナー」の蜷川実花がメガホンをとり、脚本を「紙の月」の早船歌江子が手がけた。1964年、人気作家として活躍していた太宰治は、身重の妻・美知子と2人の子どもがいながら、自分の支持者である静子と関係を持ち、彼女がつけていた日記をもとに「斜陽」を生み出す。「斜陽」はベストセラーとなり社会現象を巻き起こすが、文壇からは内容を批判され、太宰は“本当の傑作”を追求することに。そんなある日、未帰還の夫を待つ身の美容師・富栄と知り合った太宰は、彼女との関係にも溺れていく。身体は結核に蝕まれ、酒と女に溺れる自堕落な生活を続ける太宰を、妻の美知子は忍耐強く支え、やがて彼女の言葉が太宰を「人間失格」執筆へと駆り立てていく。太宰を取り巻く3人の女たちを演じるのは、正妻・美知子役の宮沢りえ、静子役の沢尻エリカ、富栄役の二階堂ふみ。そのほか坂口安吾役の藤原竜也、三島由紀夫役の高良健吾、成田凌、千葉雄大、瀬戸康史ら豪華キャストが集う。

    ネット上の声

    • 小栗旬が見出した太宰治 製作陣の覚悟に最敬礼
    • 蜷川実花監督のビジュアルセンスは題材を選ぶ
    • 太宰さんは右利きなので右で書いて欲しかったな〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    • 映画に集中できなかったの久しぶり…途中から流し見してしまった
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2019年
    • 製作国日本
    • 時間120分
    • 監督蜷川実花
    • 主演小栗旬
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  2. Diner ダイナー
    • E
    • 2.17
    藤原竜也と蜷川実花監督が初タッグを組み、平山夢明の小説「ダイナー」を映画化。元殺し屋の天才シェフ、ボンベロが店主をつとめる殺し屋専用の食堂「ダイナー」。日給30万円の怪しいアルバイトに手を出したばかりに闇の組織に身売りされてしまった少女オオバカナコは、ボンベロに買われウェイトレスとして働くことに。ボンベロが「王」として君臨するダイナーには、全身傷だらけの孤高の殺し屋スキンや、子どものような姿をしたサイコキラーのキッド、不気味なスペイン語を操る筋肉自慢の荒くれ者のブロら、ひと癖もふた癖もある殺し屋たちが次々とやって来て……。ダイナーの店主ボンベロ役を藤原、物語の鍵を握る少女オオバカナコ役を玉城ティナが演じるほか、窪田正孝、斎藤工、小栗旬、土屋アンナ、奥田瑛二ら豪華キャスト陣が殺し屋役で出演。

    ネット上の声

    • 圧倒的な蜷川マジック
    • 3.38 俺が王
    • 原作小説の大ファンだけど脚本の改悪が酷くて観るんじゃなかったと本気で後悔しました
    • 殺し屋の話としては面白さはあるものの、話の複雑さやシリアスさが少し物足りなく感じ
    サスペンス、 アクション
    • 製作年2019年
    • 製作国日本
    • 時間117分
    • 監督蜷川実花
    • 主演藤原竜也
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  3. さくらん
    • E
    • 2.12
    女性たちから絶大な支持を集める漫画家・安野モヨコの同名コミックを、世界的フォトグラファーの蜷川実花が映画化。江戸時代の吉原遊郭を舞台に、自分らしく生きるひとりの花魁の人生をゴージャス&ビビッドに描いた青春時代劇。吉原の遊郭・玉菊屋に連れてこられた8歳の少女・きよ葉。彼女はその美貌と負けん気の強さで、やがて吉原一の花魁へと成長していく。主演は、モデルやミュージシャンとしても活躍する土屋アンナ。

    ネット上の声

    • 蜷川実花を和製ソフィアコッポラと見ました
    • キャバクラ  吉原とでもいいましょうか
    • こんな色彩感ある時代劇観たことない!
    • バカ!キャシャーンと一緒じゃないか!
    時代劇
    • 製作年2007年
    • 製作国日本
    • 時間111分
    • 監督蜷川実花
    • 主演土屋アンナ
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  4. ヘルタースケルター
    • E
    • 2.06
    第8回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した岡崎京子の同名コミックを、写真家・蜷川実花の監督第2作として実写映画化。主演は「クローズド・ノート」(2007)以来5年ぶりの銀幕復帰となる沢尻エリカ。究極の美貌とスタイルを武器に芸能界でトップスターとなったモデルのりりこだったが、その美貌はすべて全身整形で手に入れた作り物だった。そんな誰にも言えない秘密を抱えながらも、人々の羨望の的となり欲望渦巻く世界をひた走るりりこは、やがてある事件を巻き起こし……。

    ネット上の声

    • 若さは美しいけど美しさは若さではないって言葉に考えさせられた。人の...
    • 最初から批判する気マンマンなんでしょ?
    • 映像的にはかなりの出来の良さが際立つ
    • 私としては「なんじゃ、こりゃあっ!」
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2012年
    • 製作国日本
    • 時間127分
    • 監督蜷川実花
    • 主演沢尻エリカ
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  5. ホリック xxxHOLiC
    • E
    • 2.04
    創作集団「CLAMP」の大ヒットコミック「xxxHOLiC」を、「Diner ダイナー」「ヘルタースケルター」の蜷川実花監督が実写映画化。人の心の闇に寄り憑く“アヤカシ”が見えてしまう男子高校生・四月一日君尋(ワタヌキ・キミヒロ)。その能力のせいで孤独な人生を歩んできた彼は、能力を消し去って普通の生活を送りたいと願っていた。そんなある日、一匹の蝶に導かれて不思議な“ミセ”にたどり着いた彼は、妖しく美しい女主人・壱原侑子(イチハラ・ユウコ)に出会う。侑子は四月一日のどんな願いでもかなえてくれると言い、その対価として彼の“一番大切なもの”を差し出すよう話す。侑子のもとで暮らしながらミセを手伝うことになった四月一日は、様々な悩みを抱えた人たちと出会ううちに、思わぬ大事件に巻き込まれていく。孤独な高校生・四月一日を神木隆之介、ミセの女主人・侑子を柴咲コウが演じる。「センセイ君主」の吉田恵里香が脚本、「ミッドナイトスワン」の渋谷慶一郎が音楽を担当。

    ネット上の声

    • 本作は「映画」というより「舞台」を見るような感覚で臨む方が混乱せずに済む、蜷川実花監督の新たな挑戦作。
    • 美しく着飾った俳優や衣装デザインは見応えがあった。 推測だがテーマ...
    • 蜷川実花の新境地 吉岡里帆の奮闘ぶりにも敬意
    • 蜷川実花の世界観に魅せられて
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2022年
    • 製作国日本
    • 時間110分
    • 監督蜷川実花
    • 主演神木隆之介
    • 定額
    • レンタル
    • 定額

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。