全19作品。北野武監督が制作した映画ランキング

  1. Kids Return キッズ・リターン

    Kids Return キッズ・リターン
    評価:S4.18
     いつもつるんで、学校に行っては問題を起こしていた18歳のマサルとシンジ。ある日、カツアゲした高校生の助っ人にノックアウトされてしまったマサルは、ボクシングに目覚め、ジム通いをはじめる。

    青春、ヤンキー

    ネット上の声

    エンタメ史上主義が送る愛のハードレビュー
    日本には、こんなにすごい青春映画がある。
    ばかやろう。まだ始まっちゃいねえよ。
    HANABIより座頭市よりキッズリターン!
    製作年:1996
    製作国:日本
    監督:北野武
    主演:金子賢
    1
  2. 素晴らしき休日

    素晴らしき休日
    評価:A4.01


    ヒューマンドラマ、コメディ

    ネット上の声

    素晴らしき!?休日。
    素晴らしき同時収録
    綺麗な映像でした。
    クオリティ高い
    製作年:2007
    製作国:日本
    監督:北野武
    主演:モロ師岡
    2
  3. あの夏、いちばん静かな海。

    あの夏、いちばん静かな海。
    評価:A3.98
    ブルーリボン賞(1992年・作品賞)生まれつきの聴覚障害者で、清掃車のアルバイトをしている茂は、ある日ふとしたきっかけでサーフィンを始める。失敗を繰り返し、常連のサーファーたちに笑われながらも、黙々と海岸に通いつめる茂を同じ聴覚障害者の恋人、貴子はいつも微笑みをうかべて見つめていた。やがて腕を上げ、大会に出場するまでになる茂。しかし夏が終わりを告げようとする頃、思いもよらぬ風が二人の間を駆け抜けて行き…。

    ヒューマンドラマ、恋愛、サーファー、聴覚障害

    ネット上の声

    別に映画らしくしなくてもよかった映画。
    日常とはこんなにもつまらなく美しい
    映画に言葉(台詞)はいらない?
    真っ直ぐで、ひたむきな夏。
    製作年:1991
    製作国:日本
    監督:北野武
    主演:真木蔵人
    3
  4. 菊次郎の夏

    菊次郎の夏
    評価:A3.95
    北野武監督がバイオレンス路線を排して挑戦したヒューマンドラマ。祖母と暮らす小学3年生の正男は夏休みを利用し、会ったことのない母親に会いに行く。無職の中年男・菊次郎の妻は、そんな正男を心配し、菊次郎を正男の旅に同行させる。

    ヒューマンドラマ、懐かしいノスタルジックな夏、夏休みが舞台

    ネット上の声

    夏の思い出のような映画
    いいわね☆4
    さみしかった夏の思い出への、レクイエム。
    音楽よし。ちょっと、海外意識しすぎ。
    製作年:1999
    製作国:日本
    監督:北野武
    主演:ビートたけし
    4
  5. その男、凶暴につき

    その男、凶暴につき
    評価:A3.84
    麻薬組織に仲間を殺され、妹までも犯された一匹狼の暴力刑事が、狂気にも似た怒りにまかせて単身敵組織に戦いを挑んでいく…。ビートたけし監督の衝撃的なデビュー作品。過激なまでに生々しい暴力が全編を支配しているが、たけしの巧みな演出により、暴力でしか自分を表現することができない主人公のどうしようもない虚無感が見事に描き出されている。

    アクション、ヤクザ・ギャング

    ネット上の声

    あぁ、バイオレンス。あぁ、無情。
    アクションの歴史を変えた『間』
    ソナチネ、HANABIの序章
    今見るとなんだか懐かしいような気がする
    製作年:1989
    製作国:日本
    監督:北野武
    主演:ビートたけし
    5
  6. 座頭市

    座頭市
    評価:B3.65
    ヴェネチア国際映画祭(2003年・銀獅子賞)その日、訳ありの三組が同じ宿場町にやってきた。一人は金髪で朱塗りの杖を持ち、盲目の居合いの達人・座頭市。もう一組は浪人の服部源之助とその妻おしの。殿様の師範代という身分を捨てた服部は、病気を患う妻のために用心棒の職を探していた。さらにもう一組、旅芸者のおきぬとおせいの姉妹。彼女たちの三味線には人を殺めるための仕掛けが施されていた。やがて因縁や怨恨の入り交じる壮絶な闘いが幕を開ける。

    アクション、時代劇、盲目、ホームレス、座頭市

    ネット上の声

    北野映画に於いて最大のヒット作となった。
    「こんな狭いとこで刀振り回しちゃだめだよ
    なるほど〜これが「世界のキタノ」か〜。
    「狙ってる?狙って作って悪りぃかよ」
    製作年:2003
    製作国:日本
    監督:北野武
    主演:ビートたけし
    6
  7. アウトレイジ

    アウトレイジ
    評価:B3.64
    ヤクザの世界で男たちが生き残りを賭け、裏切りや駆け引きなど壮絶な権力闘争を繰り広げる、「世界のキタノ」こと北野武監督が放つ本格バイオレンス・アクション。タイトルは極悪非道を意味し、登場人物すべてが悪人という異色のドラマが展開する。

    ヒューマンドラマ、ヤクザ・ギャング

    ネット上の声

    おもしれえじゃねえかコノヤロウ!
    腐れ外道のバトルロワイヤル
    アホばっかり
    ザ暴力。迫力ありまくり、わかりやすすぎるストーリー。怖い。痛い。顔...
    製作年:2010
    製作国:日本
    監督:北野武
    主演:ビートたけし
    7
  8. HANA-BI

    HANA-BI
    評価:B3.63
    ヴェネチア国際映画祭(1997年・金獅子賞)北野武監督がベネチア国際映画祭で金獅子賞を獲得した話題作。不治の病に冒された妻を見舞う刑事・西のもとに、同僚・堀部が撃たれたという知らせが届く。さらには部下の一人が殉職し、結局堀部は下半身付随に…。そんな中、西はある決心をする。

    ヒューマンドラマ、花火が印象的

    ネット上の声

    ただそれに圧倒され
    生き様が伝わる
    北野監督の世界に初めて触れた気がしました
    なるほど、、、「バイオレンス」と「静寂」
    製作年:1997
    製作国:日本
    監督:北野武
    主演:ビートたけし
    8
  9. ソナチネ

    ソナチネ
    評価:B3.61
     北野武の『あの夏、いちばん静かな海』に続く四本目の監督作品。沖縄を舞台に、二つの組の間で繰り広げられている抗争の助っ人として送られたヤクザ幹部の男の結末を描く。

    ヤクザ・ギャング、沖縄

    ネット上の声

    たけしだからの映画
    自分の感性を人に解るように表現できること
    「キタノブルー」?よくわからん!でも・・
    たけしらしい演出が良かった☆3つ
    製作年:1993
    製作国:日本
    監督:北野武
    主演:ビートたけし
    9
  10. アウトレイジ ビヨンド

    アウトレイジ ビヨンド
    評価:B3.58
    世界中から熱い注目を浴びる北野武監督が、巨大暴力団組織の内部抗争をバイオレンス描写たっぷりに描いた『アウトレイジ』の続編。前作で死んだはずの元山王会大友組組長・大友がまさかの復活を果たし、関東と関西の二大暴力団の抗争に組織壊滅を図る警察の思惑が絡み合い、その渦中に大友が巻き込まれていく。

    ヒューマンドラマ、ヤクザ・ギャング

    ネット上の声

    怒号と銃弾の嵐!世界よ、これが北野だ!!
    やくざ映画で笑いがおきるとは・・・
    北野監督のサービス精神炸裂!
    ヤクザ映画が好きならオススメ
    製作年:2012
    製作国:日本
    監督:北野武
    主演:ビートたけし
    10
  11. BROTHER

    BROTHER
    評価:C3.47
     北野武監督第9作目。長期にわたるアメリカ・ロケを敢行した、ビートたけし主演によるハード・バイオレンス・アクション。

    アクション、ヤクザ・ギャング

    ネット上の声

    加藤雅也の足が長げえ!!
    ちょっとやりすぎで
    北野武の映画はこれが初めてでした
    やっぱたけしはこうこなくっちゃな
    製作年:2000
    製作国:日本/イギリス
    監督:北野武
    主演:ビートたけし
    11
  12. 3-4X10月

    3-4X10月
    評価:C3.40
     北野武の二作目の監督作品。ある日、勤務先のガソリンスタンドで暴力団組員にからまれた冴えない青年・雅樹は、逆上しその組員に殴りかかる。

    ヒューマンドラマ、アクション、ヤクザ・ギャング

    ネット上の声

    さんたいよんえっくすじゅうがつ
    心の中
    渡嘉ちゃん○○されてます
    たけしたけしたけし
    製作年:1990
    製作国:日本
    監督:北野武
    主演:柳ユーレイ
    12
  13. Dolls ドールズ

    Dolls ドールズ
    評価:C3.28
     近松門左衛門の“冥途の飛脚”の出番を終えた忠兵衛と梅川の人形が静かに身体をやすめている。なにかを囁いているような二人のその視線の先――。

    恋愛

    ネット上の声

    繋がれた紐の赤は運命の色
    彼岸からのまなざし
    不思議な作品
    見方ひとつでいろいろな感じ方ができる
    製作年:2002
    製作国:日本
    監督:北野武
    主演:菅野美穂
    13
  14. アキレスと亀

    アキレスと亀
    評価:C3.21
    夢を追い続ける売れない中年画家と、その夫を励ましながらともに夢を追う妻の20数年間をつづる人間ドラマ。北野武が監督、脚本、編集に加えて挿入画も自身で手掛け、独特のユーモアを散りばめながら人生にとって本当に大切なものを見つける夫婦の愛情を映し出す。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    芸術化という生き方
    評論家は「亀」と「実作者」に追いつけない
    美術の好きな人なら、メチャクチャ面白い!
    真剣であるが深刻でない!その素晴しさ!!
    製作年:2008
    製作国:日本
    監督:北野武
    主演:ビートたけし
    14
  15. アウトレイジ 最終章

    アウトレイジ 最終章
    評価:D3.19
    北野武監督が裏社会にうごめく男たちの仁義なき戦いをあぶり出し、ヒットを飛ばした『アウトレイジ』シリーズの完結編。今作は前回の壮絶な権力抗争の後日譚(たん)となり、底なし沼のような戦いに身を投じる男たちの悲哀を描く。

    アクション

    ネット上の声

    核シェルターは高額であきらめた!
    仮編で観たが、エキストラがクレジットなし
    ☆北野流、眩しく、虚しい生き様の美学☆
    ヤクザな悲しい映画と関係者評が残念
    製作年:2017
    製作国:日本
    監督:北野武
    主演:ビートたけし
    15
  16. 龍三と七人の子分たち

    龍三と七人の子分たち
    評価:D3.17
    数多くの個性的な作品を世に送り出してきた北野武監督が、ユニークかつ異色の設定で放つコメディータッチのドラマ。オレオレ詐欺の被害者となって憤慨する元ヤクザの組長が子分を引き連れ、孫のような若さの首謀者たちを成敗していく。

    ヒューマンドラマ、コメディ

    ネット上の声

    上映の際は「アウトレイジ」と二本立て希望!
    むかし極道、いま非道。上々な北野コメディ
    たけちゃんが龍三をやればよかったのに!
    物足りないがラスト30分は抱腹絶倒!
    製作年:2014
    製作国:日本
    監督:北野武
    主演:藤竜也
    16
  17. みんな~やってるか!

    みんな~やってるか!
    評価:D3.01


    コメディ
    製作年:1994
    製作国:日本
    監督:北野武
    主演:ビートたけし
    17
  18. TAKESHIS'

    TAKESHIS'
    評価:D2.76
    監督、脚本、編集、主演、すべてが北野武という、武自身の内面を描いた実験的映画。第62回ヴェネチア国際映画祭に正式出品されたことでも話題になった。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    好みは分かれるとは思いますが・・・
    凡人の私には理解不能・・・
    なんかかっこよく、シュルレアリスムでアート性の強い作品を作りたかっ...
    たけしという偶像に興味のある人にはたまらんのだろうなあ
    製作年:2005
    製作国:日本
    監督:北野武
    主演:ビートたけし
    18
  19. 監督・ばんざい!

    監督・ばんざい!
    評価:E2.49
    十八番のバイオレンス映画を二度と撮らないと封印宣言してしまった映画監督(ビートたけし)が、ヒットを目指してさまざまなジャンルの作品に挑むことを決意する。昭和の名匠・小津安二郎風の作品や不得手な恋愛映画、SF映画などに挑戦しては壁にぶつかって試行錯誤を繰り返す。そんな中、地球にはある危機が迫っていた……。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    駄作
    製作年:2007
    製作国:日本
    監督:北野武
    主演:ビートたけし
    19

スポンサードリンク