全4作品。第38回ニューヨーク映画批評家協会賞(1972年開催)の映画ランキング

  1. 叫びとささやき

    叫びとささやき
    評価:A3.87
    アカデミー賞(1974年) S・ニクヴィストのカメラが、北欧の森の緑を深く捉えて、夏でもさえざえとした彼の地の空気がそのまま伝わってくるかのような作品。19世紀末の知的上流階級に属する一家の、病床の娘を中心にした家族間の相克を描く作品だが、いつもながらよく研磨されたダイアローグで人間の聖と俗を鋭くえぐっている。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    凄烈な情動の叫び と 愛欲のささやき
    愛のために死にかけている赤い家。
    本音(本質)を装うことはできない
    芸術性の高い一作
    製作年:1972
    製作国:スウェーデン
    監督:イングマール・ベルイマン
    主演:イングリッド・チューリン
    1
  2. キャバレー

    キャバレー
    評価:C3.51
    アカデミー賞(1973年・8部門) ジョン・V・ドルーテンの舞台劇“I AM CAMERA”を名振付け師B・フォッシーが映画化。若いが唄も踊りもこなすスター、サリー。

    ヒューマンドラマ、ミュージカル

    ネット上の声

    う〜ん、ミュージカル・・・かなぁ?
    ミュージカルが好きになったキッカケ
    芳しき香りの腐った果実
    乱痴気騒ぎと愛の悲劇
    製作年:1972
    製作国:アメリカ
    監督:ボブ・フォッシー
    主演:ライザ・ミネリ
    2
  3. 探偵<スルース>

    探偵<スルース>
    評価:C3.38
    ニューヨーク映画批評家協会賞(1972年)ロンドン、ニューヨークを始め、世界各国でヒットしたイギリスの劇作家アンソニー・シェーファーの同名舞台劇の映画化。シェーファーはアルフレッド・ヒッチコック監督の「フレンジー」のシナリオも書いている。製作総指揮はエドガー・J・シェリック、製作はモートン・ゴットリーブ、監督は「三人の妻への手紙」「大脱獄」のジョセフ・L・マンキウィッツ。脚本はシェーファー自身、撮影はオズワルド・モリス、音楽はジョン・アディソン、美術はピーター・ラモント、セットはジョン・ジャービス、編集はリチャード・マーデンが担当。出演はローレンス・オリヴィエ、マイケル・ケイン。

    小説家

    ネット上の声

    L・オリヴィエ×M・ケイン
    サスペンスとしては×
    面白い舞台劇
    マギーはいつ
    製作年:1972
    製作国:アメリカ
    監督:ジョセフ・L・マンキウィッツ
    主演:ローレンス・オリヴィエ
    3
  4. ふたり自身

    ふたり自身
    評価:E0.00
    ニューヨーク映画批評家協会賞(1972年) 主人公の青年は一目惚れした女性と首尾よく結婚したが、新婚早々、彼女に失望してしまう。そんな彼の前に、理想の女性が現れた。

    コメディ

    ネット上の声

    Heartbreak Kid 2007
    製作年:1972
    製作国:アメリカ
    監督:エレイン・メイ
    主演:チャールズ・グローディン
    4

スポンサードリンク