全5作品。第35回ニューヨーク映画批評家協会賞(1969年開催)の映画ランキング

  1. Z

    Z
    評価:A3.96
    アカデミー賞(1970年・編集賞) 地中海に近いある国で、革新政党の指導者モンタンが暴漢に襲われた後、死亡する。当局は自動車事故による脳出血と発表するが、これに疑問を抱いた予審判事トランティニャンは新聞記者ペランの協力を得て真実に迫ろうとする。

    ヒューマンドラマ、実話

    ネット上の声

    冷戦期の映画とは思えない
    重厚、迫力。
    国家権力の横暴・陰謀に対する批判
    群集心理、人の仮面
    製作年:1969
    製作国:フランス/アルジェリア
    監督:コスタ=ガヴラス
    主演:イヴ・モンタン
    1
  2. 真夜中のカーボーイ

    真夜中のカーボーイ
    評価:A3.81
    アカデミー賞(1970年)「ダーリング」「遥か群衆を離れて」のジョン・シュレシンジャー監督による異色作品。虚飾の大都会ニューヨークの混沌から、必死に浮かび上がろうとする2人の若者の物語。ジェームズ・レオ・ハーリヒーの作品を、ウォルド・ソルトが脚色した。撮影はコマーシャル出身のアダム・ホレンダー、音楽はジョン・バリー、編集はヒュー・A・ロバートソンが担当。製作にはジェローム・ヘルマンが当たっている。出演は「卒業」でスターとなったダスティン・ホフマン、舞台出身のジョン・ヴォイト。共演はベテランのシルヴィア・マイルズ、ブロードウェイ女優ブレンダ・ヴァッカロ、「ニューヨーク泥棒結社」のジョン・マクギバー、バーナード・ヒューズ…

    ヒューマンドラマ、友情、ホームレス

    ネット上の声

    アメリカンニューシネマの王道
    結構イッてる映像がイージーライダー並みにあったりするとこがアメリカ...
    感情移入できにくかった主人公ふたり・・・
    アメリカン・ニュー・シネマというブーム
    製作年:1969
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・シュレシンジャー
    主演:ジョン・ヴォイト
    2
  3. ひとりぼっちの青春

    ひとりぼっちの青春
    評価:B3.74
    アカデミー賞(1970年・助演男優賞)30年代、大恐慌のアメリカを背景にした悲痛な青春映画。J・フォンダ主演。

    ヒューマンドラマ、不幸な結末のバッドエンド

    ネット上の声

    ポラックはいい監督です。
    幼心に、怖かった
    陰鬱系の映画
    今日観る映画
    製作年:1969
    製作国:アメリカ
    監督:シドニー・ポラック
    主演:ジェーン・フォンダ
    3
  4. イージー・ライダー

    イージー・ライダー
    評価:C3.33
    ニューヨーク映画批評家協会賞(1969年)アメリカの真の姿を求め、自由な旅を続けた2人の若者の物語。監督は俳優出身でこれが第一作のデニス・ホッパー。脚本は、製作を兼ねたピーター・フォンダとデニス・ホッパー、テリー・サザーンの共作。撮影はラズロ・コヴァックスが担当。全編に流れるニューロックを、“ザ・バンド”、“ステッフェンウルフ”、ジミー・ヘンドリックスなどが演じている。製作総指揮はバート・シュナイダー。出演はプロデュース第一作に張り切るピーター・フォンダ、「OK牧場の決斗」に出演していた、監督のデニス・ホッパー、ジャック・ニコルソン、アントニオ・メンドザなど。テクニカラー、スタンダード。1969年作品。

    ヒューマンドラマ、バイクに乗りたくなる

    ネット上の声

    公開当時予想を遙かに越える大ヒットを記録
    彼ら二人は何を求め旅をしたのだろう?
    美しいアメリカと美しくないアメリカ
    "自由"を求めることの難しさ
    製作年:1969
    製作国:アメリカ
    監督:デニス・ホッパー
    主演:ピーター・フォンダ
    4
  5. ボブ&キャロル&テッド&アリス

    ボブ&キャロル&テッド&アリス
    評価:E0.00
    ニューヨーク映画批評家協会賞(1969年)

    コメディ
    製作年:1969
    製作国:アメリカ
    監督:ポール・マザースキー
    主演:ナタリー・ウッド
    5

スポンサードリンク