全2作品。第17回ニューヨーク映画批評家協会賞(1951年開催)の映画ランキング

  1. ミラノの奇蹟

    ミラノの奇蹟
    評価:B3.75
    ニューヨーク映画批評家協会賞(1951年)サヴァッティーニの原作を映画化したファンタジードラマ。キャベツ畑に捨てられ6歳まで老女に育てられた青年が、亡き老女の霊に助けられながら地域住民たちを救っていく。幻想的なラストシーンが話題を呼んだ。カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    なんでもありかっ!!(笑)
    スルメ映画の予感。。
    ほっこり暖まる
    これってあり?
    製作年:1951
    製作国:イタリア
    監督:ヴィットリオ・デ・シーカ
    主演:フランチェスコ・ゴリザーノ
    1
  2. 欲望という名の電車

    欲望という名の電車
    評価:C3.39
    アカデミー賞(1952年・4部門)1948年度のピュリッツア賞を受けたテネシー・ウィリアムズ「ガラスの動物園(1950)」の同名の戯曲の映画化1951年度作品。「ガラスの動物園(1950)」のチャールズ・K・フェルドマンが製作、原作者ウィリアムズが自ら脚本を書き「暗黒の恐怖」のエリア・カザンが、部隊初演以来の監督を担当する。撮影は「踊る海賊(1948)」のハリー・ストラドリング、音楽はアレックス・ノースの担当。主演はこの舞台劇をロンドンで演じたヴィヴィアン・リー(「アンナ・カレニナ」)と、ニューヨーク初演以来のマーロン・ブランド(「兵隊」)で、助演陣も初演以来のキャストを中心にして、キム・ハンター(「天国への階段」)、カール…

    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    最初から最後まで憂鬱
    ヴィヴィアンの演技力に拍手…かな?
    異端な存在感を醸し出すM・ブランド
    これが映画だったんだよなぁ・・・
    製作年:1951
    製作国:アメリカ
    監督:エリア・カザン
    主演:ヴィヴィアン・リー
    2

スポンサードリンク