全2作品。第16回ニューヨーク映画批評家協会賞(1950年開催)の映画ランキング

  1. イヴの総て

    イヴの総て
    評価:B3.70
    アカデミー賞(1951年)1950年度アカデミー賞において、作品賞以下6つのオスカーを獲得した作品で、20世紀フォックスの総帥ダリル・F・ザナックが製作にあたっている。「他人の家」のジョセフ・L・マンキーウィッツが脚色及び監督を行い、彼は「三人の妻への手紙」に続いて2年連続のオスカア脚色賞、監督賞を得た。撮影は「他人の家」のミルトン・クラスナー、音楽は「廃虚の群盗」のアルフレッド・ニューマンである。以下のスタッフでは、衣裳監督のチャールズ・ル・メヤと、ベティ・デイヴィスの衣裳デザインのイーディス・ヘッド、録音のW・D・フリックとロジャ・ヒイマンがオスカーを得ている。出演者は「月光の女」のベティ・デイヴィス、「廃墟の群…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    イヴははたしてヒールなのかっ?!
    殺人なき健常者によるサイコホラー
    真に恐ろしいのは、女?否、女優!
    違和感しかありません^^;
    製作年:1950
    製作国:アメリカ
    監督:ジョセフ・L・マンキウィッツ
    主演:ベティ・デイヴィス
    1
  2. 頭上の敵機

    頭上の敵機
    評価:C3.33
    アカデミー賞(1950年・2部門) 第931爆撃隊に赴任して来た鬼准将。彼の強引なやり方に隊員たちは不満を抱くが、やがてドイツ本土爆撃という目的の下に彼らの間に強い連帯感が生まれる……。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    グレゴリー・ペックが信念に生きる孤高の男
    戦場では、優しさと厳しさ、どちらが優先か。
    グレゴリー・ペックだからこその
    キャラ描写が見所の戦争映画☆3.0
    製作年:1949
    製作国:アメリカ
    監督:ヘンリー・キング
    主演:グレゴリー・ペック
    2

スポンサードリンク