全4作品。第13回ニューヨーク映画批評家協会賞(1947年開催)の映画ランキング

  1. 紳士協定

    紳士協定
    評価:C3.26
    アカデミー賞(1948年) ユダヤ人差別をテーマにし、アカデミー作品・監督・助演女優賞(セレステ・ホルム)を得た骨太な作品。監督は「ブルックリン横丁」などで知られる名匠エリア・カザン。

    ヒューマンドラマ、人種差別、ジャーナリスト

    ネット上の声

    重厚なテーマだが、取っつき易い☆3.5
    展開でちょっといやなところが・・・
    楽しめはしないが、意味のある作品!
    つーかほとんど恋愛の話ジャン
    製作年:1947
    製作国:アメリカ
    監督:エリア・カザン
    主演:グレゴリー・ペック
    1
  2. 黒水仙

    黒水仙
    評価:C3.24
    アカデミー賞(1948年・2部門)

    ヒューマンドラマ
    製作年:1946
    製作国:イギリス
    監督:マイケル・パウエル
    主演:デボラ・カー
    2
  3. 影なき殺人

    影なき殺人
    評価:E0.00
    ニューヨーク映画批評家協会賞(1947年) コネチカットのある村で、一人の神父が射殺されるという事件が起こった。当局の調べによって、やがて一人の復員兵が容疑者として浮かび上がる。

    サスペンス、実話、冤罪

    ネット上の声

    実話を忠実に再現
    コネチカット
    製作年:1947
    製作国:アメリカ
    監督:エリア・カザン
    主演:ダナ・アンドリュース
    3
  4. 平和に生きる

    平和に生きる
    評価:E0.00
    ニューヨーク映画批評家協会賞(1947年)第二次世界大戦下のイタリアの小さな山村。森で発見されたアメリカ軍の二人の脱走兵と村人との心の交流、そしてナチス監視兵との騒動を描いたコメディ。酔っぱらったアメリカ兵とナチス監視兵との浮かれたワンシーンなど喜劇的シーンを織り込みながらも、“平和“の意味を揶揄したラストシーンが痛烈な響きを奏でる。

    コメディ

    ネット上の声

    牛も豚もウサギも犬も…みんな可愛い!
    製作年:1947
    製作国:イタリア
    監督:ルイジ・ザンパ
    主演:アルド・ファブリッツィ
    4

スポンサードリンク