全3作品。第11回ニューヨーク映画批評家協会賞(1945年開催)の映画ランキング

  1. 聖(セント)メリーの鐘

    聖(セント)メリーの鐘
    評価:C3.32
    アカデミー賞(1946年・音響賞)「我が道を往く」の続編で、同じくレオ・マッケリーが製作・監督し、ビング・クロスビーが主演するが、彼と共に「四人の息子(1941)」「ガス燈」のイングリッド・バーグマンが主演している。ストーリーもマッケリーが書きおろしたが、脚本は「世界の母」「男の敵」のダドリー・ニコルズが執筆した。撮影監督は「ジェーン・エア」「追憶(1941)」のジョージ・バーンズ、音楽監督は「スイング・ホテル」のロバート・エメット・ドーラン。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    前作が気に入ったので見ましたが、
    ビング・クロスビーとバーグマン
    続・我が道を往く
    オチャメでキュートなバーグマン
    製作年:1945
    製作国:アメリカ
    監督:レオ・マッケリー
    主演:ビング・クロスビー
    1
  2. 白い恐怖

    白い恐怖
    評価:C3.23
    アカデミー賞(1946年・作曲賞) 新しく病院にやってきたバランタインという医師は、白地に縞の模様を見ると発作を起こすという奇癖を持っていた。やがて、彼の代わりに来るはずだったエドワーズ博士が、行方不明になるという事件が起こる。

    サスペンス、トラウマになる

    ネット上の声

    精神分析の映画を分析しよう、という映画?
    気が触れているのはG.ペックだけだろうか
    ヒッチコックらしくないラブロマンス。
    恋愛を絡めたサイコサスペンス☆3つ
    製作年:1945
    製作国:アメリカ
    監督:アルフレッド・ヒッチコック
    主演:イングリッド・バーグマン
    2
  3. 失われた週末

    失われた週末
    評価:D3.13
    アカデミー賞(1946年・4部門) ひとりのアル中の苦悩を真っ向から描き、アカデミー作品・脚本・主演男優賞に輝いた力作。売れない作家ドン・バーナムは重度のアルコール依存症。

    ドキュメンタリー、依存症

    ネット上の声

    たまたま死ななかっただけ(映画だから)
    アルコール依存症の恐怖が伝わる☆3つ
    失われた時間はきっと取り戻せるはず
    本当にアル中から抜け出せたのか?
    製作年:1945
    製作国:アメリカ
    監督:ビリー・ワイルダー
    主演:レイ・ミランド
    3

スポンサードリンク