全5作品。第2回ニューヨーク映画批評家協会賞(1936年開催)の映画ランキング

  1. オペラハット

    オペラハット
    評価:C3.45
    アカデミー賞(1937年・監督賞) ヴァーモントの田舎町で油脂工場を営むディーズ氏のもとに、母の兄にあたる大富豪の遺産が転がり込む。ディーズはニューヨークにある彼の屋敷も手に入れるが、さっそく金目あての亡者どもが集まってきて大騒ぎに。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    フリーターだった私、米国の良心に出会う
    キャプラ監督らしさ溢れる作品
    大富豪の遺産を巡る騒動
    いつものキャプラ
    製作年:1936
    製作国:アメリカ
    監督:フランク・キャプラ
    主演:ゲイリー・クーパー
    1
  2. 女だけの都

    女だけの都
    評価:C3.44
    ニューヨーク映画批評家協会賞(1936年)17世紀初めのフランドルの小都市。ある日、スペイン軍から一夜の宿を借りたいという申し出があり、町中が大騒ぎとなる。乱暴なスペイン軍を知る町の人々が考えついた策とは……。大国を前にした小国の運命を握る妻君たちの活躍を描いた風刺コメディ。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    同じ人間同士なら必ずわかりあえる
    アイデアも良い
    フランソワーズ!
    皮肉と平和外交
    製作年:1935
    製作国:フランス
    監督:ジャック・フェデー
    主演:フランソワーズ・ロゼー
    2
  3. 巨星ジーグフェルド

    巨星ジーグフェルド
    評価:C3.37
    アカデミー賞(1937年・2部門)米国レビュー界の第1人者であった故フローレンツ・ジーグフェルドの生涯を映画化したもので「第三階級」「羅馬太平記」のウィリアム・アンソニー・マクガイアが脚本を書き下ろし、「ある夜の特ダネ」「ダンシング・レディ」のロバート・Z・レナードが監督にあたり、「小都会の女」「男子索制」のオリヴァー・T・マーシュが撮影したもの。なお、ジョージ・フォルシー、カール・フロイント、レイ・ジューン、メリット・B・ガースタッドの4名がレビュー場面を分担撮影した。音楽は編曲フランク・スキナー、指揮アーサー・ランジである。主演は「米国の機密室」「無軌道行進曲」のウィリアム・パウエル、「妻と女秘書」「諾?否?」のマーナ・…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    第9回 アカデミー賞 作品賞 受賞
    ミュージカル映画の名作
    美への執念が生んだ巨作
    ショーが最高
    製作年:1936
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・Z・レオナード
    主演:ウィリアム・パウエル
    3
  4. 孔雀夫人

    孔雀夫人
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1937年・美術賞)ノーベル文学賞受賞のシンクレア・ルイスの原作『ダズワース』をウィリアム・ワイラー監督が映画化した1930年代の傑作。出演はウォルター・ヒューストン、ルース・チャタートンら。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ”妻が恐れたもの”と、夫が”決断した事”
    ラストでスカッと・・・
    高密度なメロドラマの傑作
    船上のロマンス
    製作年:1936
    製作国:アメリカ
    監督:ウィリアム・ワイラー
    主演:ウォルター・ヒューストン
    4
  5. 歌へ陽気に

    歌へ陽気に
    評価:E0.00
    ニューヨーク映画批評家協会賞(1936年)
    製作年:1936
    製作国:アメリカ
    監督:ルーベン・マムーリアン
    主演:ニーノ・マルティーニ
    5

スポンサードリンク