全11作品。第17回ロサンゼルス映画批評家協会賞(1991年開催)の映画ランキング

  1. 僕を愛したふたつの国/ヨーロッパ ヨーロッパ

    僕を愛したふたつの国/ヨーロッパ ヨーロッパ
    評価:S4.12
    ゴールデン・グローブ賞(1991年) 第二次世界大戦の暗黒の時代を奇跡のように生き延びたユダヤ人、ソロモン・ペレルの実体験を基に映画化した作品。ナチスの迫害から逃れるために一家でドイツを離れポーランドへ。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    本当にドイツ人は“悪”に染まっていたのか
    さよなら、ヨーロッパ ヨーロッパ
    ユダヤ人迫害モノの特異作。
    10年ぐらい前に見たけど
    製作年:1990
    製作国:フランス/ドイツ
    監督:アグニェシュカ・ホランド
    主演:マルコ・ホーフシュナイダー
    1
  2. 美女と野獣

    美女と野獣
    評価:A3.99
    アカデミー賞(1992年) 第64回アカデミー賞でアニメとしては初の作品賞にノミネートされたディズニー・アニメ。魔女によって醜い獣の姿に変えられた王子が住む城。

    アニメ、ディズニー、美女と野獣

    ネット上の声

    結局見た目は大事なの?
    確かにいいんだけど…
    美女と野獣と私。
    大人も鑑賞できるディズニー☆3.0
    製作年:1991
    製作国:アメリカ
    監督:ゲイリー・トルースデール
    主演:ペイジ・オハラ
    2
  3. ふたりのベロニカ

    ふたりのベロニカ
    評価:A3.92
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(1991年・作曲賞) 同年同日に生まれた二人のベロニカという名の女性の幻想的なラブ・ストーリー。ポーランドとフランスに、お互いに名前・顔・音楽の才能までもが同じベロニカという二人の女性がいた。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    たしかにそうかもしれんけど、難しすぎるよ
    もし踊れなければ、蝶になり飛び立てばよい
    1+1=1
    不思議なラブストーリー
    製作年:1991
    製作国:フランス/ポーランド
    監督:クシシュトフ・キエシロフスキー
    主演:イレーヌ・ジャコブ
    3
  4. ボーイズ'ン・ザ・フッド

    ボーイズ'ン・ザ・フッド
    評価:B3.78
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(1991年) LAのサウスセントラル。離婚家庭ではあるが、暴力否定のしっかりした考えを持つ父に育てられたトレは優等生。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    サウスセントラルの恐怖・・・
    ジョンシングルトンのデビュー作
    悲しみの根深さがしみじみ・・・
    黒人社会のリアル
    製作年:1991
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・シングルトン
    主演:キューバ・グッディング・Jr
    4
  5. フィッシャー・キング

    フィッシャー・キング
    評価:B3.62
    アカデミー賞(1992年・助演女優賞) 奇才テリー・ギリアムが描く、ファンタスティック・コメディ。過激なトークで時代の寵児として君臨したスーパーDJのジャック・ルーカスは、放送中に発した不用意な言動がもとで忌まわしい事件を誘発し、奈落の底へ転落する。

    ヒューマンドラマ、コメディ

    ネット上の声

    痛みと再生
    How about you?
    悲劇!狂気!聖杯伝説?そして最後に喜劇?
    個性豊かな4人のキャラクターがはえる
    製作年:1991
    製作国:アメリカ
    監督:テリー・ギリアム
    主演:ロビン・ウィリアムズ
    5
  6. バートン・フィンク

    バートン・フィンク
    評価:C3.47
    カンヌ国際映画祭(1991年・パルム・ドール)コーエン兄弟が個性派俳優ジョン・タトゥーロを主演に迎え、カンヌ国際映画祭でグランプリ、監督賞、主演男優賞の3冠に輝いた異色のサスペンス作品。1941年、ニューヨークで活躍する新進気鋭の社会派劇作家バートン・フィンクは、その実力を認められ、ハリウッドに招かれることに。不気味なホテルにチェックインした彼は、薄暗い部屋で早速脚本の執筆に取りかかる。ところが、彼の周囲で次々と奇怪な出来事が起こりはじめ……。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    悪い夢なのかいい夢なのか
    なかなか構想がまとまらない中、謎の殺人事件に遭遇する脚本家の話。 ...
    コーエン兄弟初期の作品でパルムドール受賞
    模倣から抜け出せないコーエン兄弟
    製作年:1991
    製作国:アメリカ
    監督:ジョエル・コーエン
    主演:ジョン・タートゥーロ
    6
  7. 美しき諍い女(いさかいめ)

    美しき諍い女(いさかいめ)
    評価:C3.47
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(1991年)日本公開にあたり、モデルを演じるエマニュエル・ベアールの“ヘア論争”が巻き起こったリベットの問題作。老画家の屋敷を、新進画家が訪ねてきた。彼の恋人を見た老画家は、10年間中断していた野心作“美しい諍い女”の制作再開を決意する。かつて“美しい諍い女”のモデルを務めた妻、創作に悩む老画家、最初はモデルを拒んでいたが次第に積極的に老画家に挑み始める娘、そしてその恋人。二組のカップルの関係にも緊張が走りはじめる……。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    「エマニュエル・ベアールの裸身」
    エマニュエル・ベアールを視姦する
    封印した絵に秘められた本心。
    こだわりをもった画家とモデル
    製作年:1991
    製作国:フランス
    監督:ジャック・リヴェット
    主演:ミシェル・ピッコリ
    7
  8. バグジー

    バグジー
    評価:D3.14
    アカデミー賞(1992年)カジノの街ラスベガスをつくりあげた実在のギャング、ベンジャミン“バグジー”シーゲルの半生を、「レインマン」のバリー・レビンソン監督がウォーレン・ビーティを主演に迎えて映画化した作品。1930年代のニューヨークで暗躍していた殺し屋バグジー。ボスの命令でハリウッドへ乗り込んだ彼は、そこで出会った女優バージニアと恋に落ちる。彼は2人で訪れたネバダ州の砂漠に、巨大なカジノ付ホテルを建設しようと考えるが……。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    濁点取ったら“ハクシー”。意味はないけど
    ラスベガスを「創造」したギャングスター
    ラスベガスを作った男の話。。。
    ウォーレンとアネットがハマり役
    製作年:1991
    製作国:アメリカ
    監督:バリー・レヴィンソン
    主演:ウォーレン・ベイティ
    8
  9. サウス・キャロライナ/愛と追憶の彼方

    サウス・キャロライナ/愛と追憶の彼方
    評価:E0.00
    ゴールデン・グローブ賞(1991年)サウス・キャロライナの沿岸地方とニューヨークの大都会を舞台にして、暗い過去を背負ったウィンゴ一家の次男と、自殺未遂を図った彼の姉の担当精神科医とが出会い、その悲劇のルーツを明らかにしていく姿を描くロマン。『コンラック先生』などの南部系作家パット・コンロイの原作『潮流の覇者(原題)』をもとに、彼自身とベッキー・ジョンストンが脚色、「愛のイエントル」に続くバーブラ・ストライサンドの監督第2作であり、撮影をスティーブン・ゴールドブラット、音楽をジェームズ・ニュートン・ハワードが担当。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    恋愛に興味なくても…
    製作年:1991
    製作国:アメリカ
    監督:バーブラ・ストライサンド
    主演:ニック・ノルティ
    9
  10. ライフ・イズ・スイート

    ライフ・イズ・スイート
    評価:E0.00
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(1991年)

    ヒューマンドラマ
    製作年:1991
    製作国:イギリス
    監督:マイク・リー
    主演:アリソン・ステッドマン
    10
  11. 殺人課

    殺人課
    評価:E0.00
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(1991年・撮影賞)1人の殺人課の刑事がユダヤ人老女殺人事件を捜査していくうちに自らのユダヤ人としても血に目覚めていく姿を描いた社会派刑事ドラマ。監督・脚本は「アンタッチャブル」の脚本家であり、ピューリッツァ賞を受賞した劇作家でもあるデイヴッド・マメット。本作は監督第2作めにあたる。製作はマイケル・ハウスマンと「イヤー・オブ・ザ・ガン」のエドワード・R・プレスマン。エグゼクティヴ・プロデューサーはロン・ロソルツ。撮影はロジャー・ディーキンス。音楽はエイリック・ジャーンズが担当。
    製作年:1991
    製作国:アメリカ
    監督:デヴィッド・マメット
    主演:ジョー・マンテーニャ
    11

スポンサードリンク