全10作品。第14回ロサンゼルス映画批評家協会賞(1988年開催)の映画ランキング

  1. 旅立ちの時

    旅立ちの時
    評価:S4.12
    ゴールデングローブ賞(1988年・脚本賞) 指名手配中の両親を持つ少年が、やがて親の手を離れ自立するまでの姿を描いたヒューマン・ドラマ。60年代の反戦運動でテロリストとしてFBIに指名手配された両親と共に、名を変え各地を転々と逃亡生活を送る少年ダニー。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    まだまだ観なきゃ駄目な名作があるもんです
    すいません。リアルだと思っていました
    リヴァーじゃなきゃ出来なかった。
    100件目はリヴァー作品で。
    製作年:1988
    製作国:アメリカ
    監督:シドニー・ルメット
    主演:リヴァー・フェニックス
    1
  2. ビッグ

    ビッグ
    評価:S4.12
    ゴールデングローブ賞(1988年・主演男優賞)

    コメディ
    製作年:1988
    製作国:アメリカ
    監督:ペニー・マーシャル
    主演:トム・ハンクス
    2
  3. サラーム・ボンベイ!

    サラーム・ボンベイ!
    評価:A4.07
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(1988年) インドの女性監督ミーラー・ナーイルが、ボンベイの路上に生きるストリート・チルドレンの実態を描いた問題作。サーカスで働いていた少年クリシュナは移民の時に取り残され、1人で大都会ボンベイへやって来た。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    まだムンバイがボンベイだった頃
    インド社会の片隅で
    サラーム・ボンベイ
    製作年:1988
    製作国:インド/イギリス/フランス/アメリカ
    監督:ミーラー・ナーイル
    主演:シャフィーク・サイイド
    3
  4. 戦慄の絆

    戦慄の絆
    評価:B3.77
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(1988年) 鬼才デヴィッド・クローネンバーグ監督の描く心理サスペンス。カナダのトロントで産婦人科医院を開業する一卵性双生児の名医、エリオットとビヴァリー。

    ホラー

    ネット上の声

    美しくも儚くグロテスクな究極の兄弟愛
    やっぱ クローネンバ−グだ!!
    解剖器具のフォルムが気色悪い
    不気味すぎる、真っ赤な手術着
    製作年:1988
    製作国:カナダ
    監督:デヴィッド・クローネンバーグ
    主演:ジェレミー・アイアンズ
    4
  5. ベルリン・天使の詩

    ベルリン・天使の詩
    評価:B3.76
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(1988年・2部門)像の上からモノクロのベルリンの街を見降ろす天使ダミエルの耳には人々の声が聞こえてくる。姿は見えないはずなのに、アメリカの映画スター、ピーター・フォークが人間になれとダミエルを誘う。そんな彼が、美しい空中ブランコ乗りに恋をした。天使は人間に恋をすると死んでしまうのだが……。ベンダースが10年ぶりに故国に戻って撮った傑作、日本ではそれまでの単館公開記録を塗り替えて社会現象になった。

    ファンタジー、ヒューマンドラマ、恋愛

    ネット上の声

    モノクロのベルリンの街を見降ろす天使。 人間から天使は見えないけど...
    シティ・オブ・エンジェルより、、
    そこに居るな?
    解説するよー
    製作年:1987
    製作国:西ドイツ/フランス
    監督:ヴィム・ヴェンダース
    主演:ブルーノ・ガンツ
    5
  6. パンチライン

    パンチライン
    評価:C3.34
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(1988年) スタンダップ・コメディアンを目指し、毎夜のようにコメディ・クラブで漫談を披露する落ちこぼれの医大生(ハンクス)と、やはり漫談好きが講じて舞台に立つようになった主婦(フィールド)。環境も年齢も異なるこの二人は、やがてほのかな恋心を抱き合うようになるが……。

    コメディ

    ネット上の声

    スタンダップコメディーを題材にしているが
    幸せな気持ちになれました
    スタンダップコメディアン
    主婦だって認められたい
    製作年:1988
    製作国:アメリカ
    監督:デヴィッド・セルツァー
    主演:トム・ハンクス
    6
  7. ロジャー・ラビット

    ロジャー・ラビット
    評価:C3.32
    アカデミー賞(1989年・3部門) 全編に渡る実写とアニメの合成が話題になった超娯楽大作。アニメーションのキャラクターが現実世界の人間と共に生活を送る、'47年のハリウッドを舞台に、彼らの住む漫画の町“トゥーン・タウン”の利権をめぐる殺人事件をミステリー・タッチで描いたコメディ作品。

    アニメ

    ネット上の声

    アニメなナイトにおバカよ、集まれ・・・
    『ロジャー・ラビット』バニーとミッキー
    ゼメキス監督のアニメへの想い。
    懐かしいお気に入り映画♪
    製作年:1988
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・ゼメキス
    主演:ボブ・ホスキンス
    7
  8. さよならゲーム

    さよならゲーム
    評価:C3.30
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(1988年・脚本賞)マイナー・リーグを舞台にベテランと新鋭選手、そしてファンの女性の三角関係を描く。エグゼクティヴ・プロデユーサーはデイヴィッド・V・レスター、製作はトム・マウントとマーク・バーグ、脚本・監督はロン・シェルトン、撮影はボビー・バーン、美術はアーミン・ガンツ、音楽はマイケル・コンヴァーティノが担当。出演はケヴィン・コスナー、スーザン・サランドンほか。

    ヒューマンドラマ、スポーツ、野球

    ネット上の声

    「メジャーリーグ」よりリアルで面白い
    メジャーだけがベースボールではない
    野球選手としては二流だったけど
    育てたい育てられたい
    製作年:1988
    製作国:アメリカ
    監督:ロン・シェルトン
    主演:ケヴィン・コスナー
    8
  9. ラスト・オブ・イングランド

    ラスト・オブ・イングランド
    評価:E0.00
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(1988年) D・ジャーマンの非常に私的な映像詩。大英帝国の終焉ということをテーマに、暗く破壊的なイメージが幾重にも交錯する。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    Something Personal/I Can’t Explain
    製作年:1987
    製作国:イギリス
    監督:デレク・ジャーマン
    主演:ティルダ・スウィントン
    9
  10. モダーンズ

    モダーンズ
    評価:E0.00
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(1988年・作曲賞) 1920年代、モダン・アートの時代を迎えようとしていた頃のパリ。腕はいいが売れない画家のハートは、彼のもとを去り、若き実業家ストーンと再婚したレイチェルと再会する。レイチェルとのよりを戻すため、ハートは贋作を描くことを決意するが……。成功を夢見る画家と、彼を取り巻く男女の愛憎をロマンティックかつシニカルに描いたドラマ。「トラブル・イン・マインド」に続いて撮影を担当した栗田豊通の映像も美しい。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ルドルフの第2章・・・
    印象的なシーン
    製作年:1988
    製作国:アメリカ
    監督:アラン・ルドルフ
    主演:キース・キャラダイン
    10

スポンサードリンク