全7作品。第60回ゴールデン・グローブ賞(2002年開催)の映画ランキング

  1. シカゴ

    シカゴ
    評価:B3.77
    アカデミー賞(2003年・6部門)本年度アカデミー賞で最多12部門13ノミネート、作品賞、助演女優賞ほか最多6部門受賞作。ボブ・フォッシー振り付けの同名ヒット・ミュージカルを、ブロードウェイの人気舞台演出家ロブ・マーシャルが映画化。脚本は「ゴッズ・アンド・モンスター」でオスカー受賞のビル・コンドン。舞台は1920年代のシカゴ。ミュージカルのスターを夢見るロキシーは、愛人を射殺して刑務所に送られるが、そのスキャンダルを利用してスターになろうとする。

    ヒューマンドラマ、コメディ、ミュージカル、刑務所

    ネット上の声

    女犯罪者が陽気に歌って踊るミュージカル
    最高にセクシーなミュージカル
    芸能界、そして人間の光と影
    描かれている「強い女」
    製作年:2002
    製作国:アメリカ
    監督:ロブ・マーシャル
    主演:レニー・ゼルウィガー
    1
  2. フリーダ

    フリーダ
    評価:B3.67
    アカデミー賞(2003年・2部門)メキシコを代表する女性画家フリーダ・カーロの波乱に満ちた生涯ををサルマ・ハエックが主演、プロデュースを務め8年の歳月をかけて映画化。第75回アカデミー賞で主演女優賞など6部門にノミネートされ、作曲賞とメイクアップ賞を受賞した。夫ディエゴ役には「ショコラ」のアルフレッド・モリーナ、監督は「タイタン」のジュリー・テイモア。ロックフェラー役のエドワード・ノートンはノンクレジットだが脚本にも参加している。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    メキシコの色彩&音楽にグっときます。
    情熱的な映像と音楽に魅了される。
    自分らしく生き自分らしく死ぬ
    生きた・愛した・描いた
    製作年:2002
    製作国:アメリカ
    監督:ジュリー・テイモア
    主演:サルマ・ハエック
    2
  3. めぐりあう時間たち

    めぐりあう時間たち
    評価:C3.54
    アカデミー賞(2003年・主演女優賞)マイケル・カニンガムの同名小説(集英社刊)を「ダメージ」の脚本家であり「パリスbyナイト」「ストラップレス」などの脚本・監督兼任作を持つデビッド・ヘアが脚色。1923年のロンドンで精神的な病を患いながら「ダロウェイ夫人」を書くバージニア・ウルフ。51年のロサンゼルスで「ダロウェイ夫人」を読む家庭の主婦。01年のニューヨークで詩人の友人のためにパーティを開こうとする女性編集者。3つのドラマが交錯していく。

    ヒューマンドラマ、同性愛

    ネット上の声

    病んだ女性たちの映画。登場人物のほぼほぼ全員が病んでいるので、こっ...
    大きく浮上するために、大きく沈みたいときに。
    流れる時間と意識を断つ死
    鬱々とした
    製作年:2002
    製作国:アメリカ
    監督:スティーヴン・ダルドリー
    主演:ニコール・キッドマン
    3
  4. トーク・トゥ・ハー

    トーク・トゥ・ハー
    評価:C3.52
    アカデミー賞(2003年・脚本賞)前作「オール・アバウト・マイ・マザー」でアカデミー外国語映画賞を受賞したアルモドバル監督、3年振りの新作。ドイツの舞踏家ピナ・バウシュの「カフェ・ミュラー」「炎のバズルカ」の舞台が登場、また、彼女と交際中のブラジルを代表するミュージシャン、カエターノ・ベローゾが歌う場面もある。劇中に登場する昔のサイレント映画「縮みゆく恋人」は、ムルナウ監督の「サンライズ」(27)を意識してアルモドバル監督が撮ったもの。

    ヒューマンドラマ、バレエ(バレリーナ)

    ネット上の声

    「至高の愛」と「犯罪行為」の曖昧な境界線
    人間の心の奥深くにねむるものを暴き出す
    繊細な感性の大人の映画。
    うけつけない高級料理
    製作年:2002
    製作国:スペイン
    監督:ペドロ・アルモドバル
    主演:ハビエル・カマラ
    4
  5. アバウト・シュミット

    アバウト・シュミット
    評価:C3.51
    ゴールデングローブ賞(2002年・2部門) アメリカ中西部オマハ。この日、勤め先の保険会社で定年退職の日を迎える66歳のウォーレン・シュミット。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    団塊世代だけでなく若者にもおすすめ
    吾、唯だ、足るを知る。
    数十年後の教訓として。
    そうだったのかーーっ
    製作年:2002
    製作国:アメリカ
    監督:アレクサンダー・ペイン
    主演:ジャック・ニコルソン
    5
  6. アダプテーション

    アダプテーション
    評価:D3.06
    アカデミー賞(2003年・助演男優賞)実在の本「蘭に魅せられた男 驚くべき蘭コレクターの世界」(ハヤカワ書房)の映画脚本化=アダプテーションをめぐるあれこれを映画化。脚本家チャーリー・カウフマンも、この本の筆者スーザンも、本の題材となった男ジョンも実名で登場(ただし俳優が演じる)、本作の監督&脚本家の映画デビュー作「マルコヴィッチの穴」の撮影現場もドラマの舞台となる。映画クレジットにも記載されているカウフマンの双子の弟ドナルドは、架空の人物(念のため)。

    コメディ

    ネット上の声

     途中、眠たくなったのでレビューをどう書こうかと迷ってたところにマ...
    性格俳優としてのニコラス・ケイジの真骨頂!
    苦手だったはずのメリルストリープが・・・
    自分の欲望が満たされるものこそ「現実的」
    製作年:2002
    製作国:アメリカ
    監督:スパイク・ジョーンズ
    主演:ニコラス・ケイジ
    6
  7. ギャング・オブ・ニューヨーク

    ギャング・オブ・ニューヨーク
    評価:D3.00
    ゴールデン・グローブ賞(2002年)マーティン・スコセッシ監督が70年代に同名ルポに出会って以来、映画化を希望してきた作品が遂に完成。同時多発テロの影響などで公開が1年延期となった話題作。1846年、移民たちがそれぞれギャング団を結成し、縄張り争いに明け暮れるニューヨーク。目の前で父を殺された少年アムステルダムは、15年後、父を殺したギャング団のボス、ビルへの復讐を果たそうとする。街もまた、大きな変革期を迎えようとしていた。

    時代劇

    ネット上の声

    よかった
    長くてハッピーエンドでなくて色々辛すぎる
    ダニエル・デイ=ルイスを観るための映画
    スコセッシのニューヨークへの思い入れ
    製作年:2001
    製作国:アメリカ
    監督:マーティン・スコセッシ
    主演:レオナルド・ディカプリオ
    7

スポンサードリンク