全7作品。第36回ゴールデン・グローブ賞(1978年開催)の映画ランキング

  1. ディア・ハンター

    ディア・ハンター
    評価:A3.95
    アカデミー賞(1979年・5部門)

    ヒューマンドラマ、戦争、リアルな戦闘シーンがある
    製作年:1978
    製作国:アメリカ
    監督:マイケル・チミノ
    主演:ロバート・デ・ニーロ
    1
  2. 秋のソナタ

    秋のソナタ
    評価:A3.94
    ゴールデン・グローブ賞(1978年) スウェーデンの巨匠イングマール・ベルイマンが「カサブランカ」のイングリッド・バーグマン主演で描いた母と娘の物語。バーグマン演ずるは、国際的に著名なピアニスト。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    母娘の確執の陰に、神の存在を感じてしまう
    ベルイマン作品の根底にあるもの…
    親と子の人格は別なのだ。
    鬼気迫る女優二人。
    製作年:1978
    製作国:スウェーデン
    監督:イングマール・ベルイマン
    主演:イングリッド・バーグマン
    2
  3. 天国から来たチャンピオン

    天国から来たチャンピオン
    評価:A3.83
    アカデミー賞(1979年・美術賞)アメリカン・フットボウルの選手が、天国の案内人のミスからさまざまな騒動に捲き込まれるというコメディ映画。製作は「シャンプー」などの俳優、ウォーレン・ベイティ、監督はバック・ヘンリーとウオーレン・ベイティ、脚本はエレイン・メイとウォーレン・ベイティ、原作はハリー・シーガル、撮影はウィリアム・A・フレイカー、音楽はデイブ・グルーシンが各々担当。出演はウォーレン・ベイティ、ジュリー・クリスティ、ジェームズ・メイスン、ジャック・ウォーデン、チャールズ・グローディン、ダイアン・キャノン、バック・ヘンリー、ビンセント・ガーディニア、ジョセフ・メイハーなど。

    ヒューマンドラマ、コメディ、アメフト・ラグビー、入れ替わり

    ネット上の声

    奇想天外なストーリーがいかにも映画って感じで面白い。悪人役もおばか...
    目の奥にある何かを見つけてほしい。
    あなたクォーターバックね?
    ちょっとかなしい
    製作年:1978
    製作国:アメリカ
    監督:ウォーレン・ベイティ
    主演:ウォーレン・ベイティ
    3
  4. 帰郷

    帰郷
    評価:B3.79
    アカデミー賞(1979年) 1968年、ロスアンゼルス。サリーは海兵隊大尉である夫ボブをベトナムに送り出した後、基地の付属病院でボランティアを始める。そんな彼女が出会ったのは、ベトナムでの戦闘で下半身不随となったかつてのクラスメート、ルークだった。やがてサリーとルークは愛し合う仲に。ルークが反戦運動に身を投ずる一方、帰還したボブは妻の不貞を知り……。3人の男女が織り成すラブ・ストーリー。ベトナム戦争の後遺症を告発する反戦映画の代表作としても知られる。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ベトナム戦争によるそれぞれの・・・。
    帰還兵の苦悩
    秀作
    80点 演技も良いが、編集の勘がすごい。
    製作年:1978
    製作国:アメリカ
    監督:ハル・アシュビー
    主演:ジェーン・フォンダ
    4
  5. ミッドナイト・エクスプレス

    ミッドナイト・エクスプレス
    評価:B3.60
    アカデミー賞(1979年・2部門) 麻薬不法所持の罪でトルコ刑務所に投獄されたアメリカ人旅行者ビリー・ヘイズ。地獄のような獄中生活が続く中、彼は脱走を決意するが……。

    ヒューマンドラマ、実話、刑務所、脱出

    ネット上の声

    政治の犠牲となった青年を通して問う
    キミは主人公に同情するか?
    ショッキングなラブシーン
    実話だからこそ心に響く
    製作年:1978
    製作国:アメリカ
    監督:アラン・パーカー
    主演:ブラッド・デイヴィス
    5
  6. カリフォルニア・スイート

    カリフォルニア・スイート
    評価:C3.38
    アカデミー賞(1979年)ロサンゼルスにある超豪華ホテルを舞台に、そこに投宿する数組の夫婦たちのドラマを描くグランドホテル形式の映画。製作はレイ・スターク、監督は「グッバイガール」のハーバート・ロス、脚本は同作のニール・サイモン、撮影はディビッド・M・ウィルシュ、音楽はクロード・ボーラン、編集はマイケル・A・スティーヴンスン、製作デザインはアルバート・ブレナーが各々担当。出演はアラン・アルダ、マイケル・ケイン、ビル・コスビー、ジェーン・フォンダ、ウォルター・マッソー、エレイン・メイ、リチャード・プライヤー、マギー・スミス、グロリア・ギィフォード、シェイラ・フレイザー、ハーバート・エデルマンなど。

    コメディ

    ネット上の声

    コレのウォルターマッソーは最高!
    スノッブとドタバタ
    観て欲しい。
    ぴったり
    製作年:1978
    製作国:アメリカ
    監督:ハーバート・ロス
    主演:マイケル・ケイン
    6
  7. イッツ・フライデー

    イッツ・フライデー
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1979年)サタデイ・イヴ、それはつまり金曜の夜。ごった返す人間模様をディスコを通して綴ったお話。そこのオーナーがジョン・トラヴォルタに似ている以外笑えるギャグもあまりないが、それぞれが皆主人公といった造りは面白い。なかなか到着しないコモドアーズよりも、ドナ・サマーの歌う“ラスト・ダンス”が印象に残る。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    面白くないにもほどがある!の一言。
    遅い追悼。さよならディスコの歌姫・・・。
    ディスコの女王降臨!
    製作年:1978
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・クレイン
    主演:ヴァレリー・ランズバーグ
    7

スポンサードリンク