全6作品。第33回ゴールデン・グローブ賞(1975年開催)の映画ランキング

  1. JAWS/ジョーズ

    JAWS/ジョーズ
    評価:A3.99
    アカデミー賞(1976年・3部門)

    パニック、エイリアン・モンスター
    製作年:1975
    製作国:アメリカ
    監督:スティーヴン・スピルバーグ
    主演:ロイ・シャイダー
    1
  2. カッコーの巣の上で

    カッコーの巣の上で
    評価:A3.96
    アカデミー賞(1976年・5部門) 刑務所の強制労働から逃れるため精神異常を装ってオレゴン州立精神病院に入ったマクマーフィは、そこで行われている管理体制に反発を感じる。彼は絶対権力を誇る婦長ラチェッドと対立しながら、入院患者たちの中に生きる気力を与えていくが……。

    ヒューマンドラマ、実話、吃音者が登場する、精神障害、病院(医療モノ)

    ネット上の声

    中学生の心を揺さぶった映画
    観た方のみへ、怖いお話。。
    精神病院の人間ドラマを描いた作品で、今回は時代背景を知った上で鑑賞...
    精神病院の中で繰り広げられるヒューマンドラマ。 中盤ぐらいの、みん...
    製作年:1975
    製作国:アメリカ
    監督:ミロス・フォアマン
    主演:ジャック・ニコルソン
    2
  3. あの空に太陽が

    あの空に太陽が
    評価:A3.90
    ゴールデン・グローブ賞(1975年) 競技中の事故によって脊髄を損傷、首から下が麻痺し車椅子の生活を余儀なくされた女子スキー選手が、周囲の愛情に支えられ学校教師となるまでを描く感動篇。1956年度冬期オリンピックの選手だったジル・キンモントに起きた実話を基にしたE・G・ヴァレンスのノンフィクションが原作。

    青春

    ネット上の声

    泣ける映画
    なんで
    忘れられない映画です
    ノンフィクション
    製作年:1975
    製作国:アメリカ
    監督:ラリー・ピアース
    主演:マリリン・ハセット
    3
  4. Tommy/トミー

    Tommy/トミー
    評価:C3.39
    ゴールデングローブ賞(1975年・主演女優賞)ロック・オペラ「トミー」の映画化作品。製作はロバート・スティグウッドとケン・ラッセル、監督・脚本は「ボーイフレンド」のケン・ラッセル、撮影はディック・ブッシュとロニー・テイラー、音楽監督はピート・タウンゼンド、衣裳はシャーリー・ラッセルが各々担当。出演はロジャー・ダルトリー、アン・マーグレット、オリヴァー・リード、エルトン・ジョン、エリック・クラプトン、ティナ・ターナー、ジャック・ニコルソンなど。

    ミュージカル

    ネット上の声

    ヒッピー的楽園思想への徹底した皮肉
    日本語ミュージカルが実現しましたね
    これを言っちゃあおしまいだけど
    エルトン・ジョンを見る映画。
    製作年:1975
    製作国:イギリス
    監督:ケン・ラッセル
    主演:ロジャー・ダルトリー
    4
  5. ナッシュビル

    ナッシュビル
    評価:C3.38
    アカデミー賞(1976年・歌曲賞)アメリカで最も保守的な地として知られるテネシー州のナッシュビル。ハル・ウォーカー大統領候補のキャンペーンが行われる中、音楽スタジオでは大スター、ヘブン・ハミルトン(ヘンリー・ギブソン)がレコーディングをしていた。BBCのレポーター、オパール(ジェラルディン・チャップリン)はヘブンのスタジオに潜り込むが、追い出されてしまう。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    アルトマン街のナッシュビルの歌声
    登場人物分のドラマが存在します。
    アルトマンの職人技
    カントリー群像劇
    製作年:1975
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・アルトマン
    主演:ヘンリー・ギブソン
    5
  6. いくたびか美しく燃え

    いくたびか美しく燃え
    評価:E0.00
    ゴールデングローブ賞(1975年・助演女優賞) ひとりの若い娘が一人前の女性になっていくまでを描いた、アメリカン・スタイルのメロドラマで、ジャクリーン・スーザンの小説の映画化。父に憧れている主人公ジャニュアリーは、金のために有閑未亡人アレクシスと結婚した父にショックを受ける。

    アクション
    製作年:1975
    製作国:アメリカ
    監督:ガイ・グリーン
    主演:カーク・ダグラス
    6

スポンサードリンク