全7作品。第25回ゴールデン・グローブ賞(1967年開催)の映画ランキング

  1. パリのめぐり逢い

    パリのめぐり逢い
    評価:S4.17
    ゴールデングローブ賞(1967年・外国語映画賞) 主人公のTVキャスターは、長年連れ添った妻がいるにもかかわらず、モデルの若い女性と浮気をする。妻と別れたあと、主人公はそのモデルと同棲生活を始めるが、彼は妻のことをどうしても忘れることが出来ない……。

    ネット上の声

    うらやましくも厳しい、フランスの男ども
    心に残るラストシーンとテーマ曲
    恋愛はこんなにサスペンスフル!
    青春のうしろ姿が見えます。
    製作年:1967
    製作国:フランス/イタリア
    監督:クロード・ルルーシュ
    主演:イヴ・モンタン
    1
  2. ドリトル先生不思議な旅

    ドリトル先生不思議な旅
    評価:A3.80
    アカデミー賞(1968年) 動物と会話ができるドリトル先生のファンタジックな冒険を描いたミュージカル。友達のオウムをつれ、動物の診療をするドリトル先生。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ヒギンズ教授、獣医になる
    本日は母の日です
     ミュージカル仕立てだった。動物病院を開くことになったいきさつを語...
    ほのぼの、楽しいミュージカル!
    製作年:1967
    製作国:アメリカ
    監督:リチャード・フライシャー
    主演:レックス・ハリソン
    2
  3. 夜の大捜査線

    夜の大捜査線
    評価:B3.71
    アカデミー賞(1968年・5部門) 南部で発生した殺人事件の容疑者として、駅で列車を待っていた黒人青年ヴァージルの身柄が拘束された。しかし警察の取り調べによって、ヴァージルは殺人課の刑事であることが判明する。

    ヒューマンドラマ、刑事、人種差別

    ネット上の声

    お話の中身が濃ゆいです☆3.0
    名作だなぁ。
    差別ってやっぱいけないよなあ・・・
    刑事ものを舞台にした人種間の葛藤
    製作年:1967
    製作国:アメリカ
    監督:ノーマン・ジュイソン
    主演:ロッド・スタイガー
    3
  4. モダン・ミリー

    モダン・ミリー
    評価:B3.66
    アカデミー賞(1968年)「サウンド・オブ・ミュージック」のジュリー・アンドリュース主演のミュージカル。1920年代、カンサスの田舎町から華やかなニューヨークの街にやってきたミリー。あっという間にモダン・ガールに変身した彼女は、就職した会社の若社長トレバーに恋をする。ところが彼は、ミリーと同じホテルに滞在中の女優志望ドロシーにひと目惚れ。ある日、ドロシーが何者かに連れ去られてしまい、ミリーは彼女の救出に向かうが・・・・・・。

    恋愛

    ネット上の声

    今の時代作れない変わった作品
    ベイビィフェイス♪
    コメディーとして見る面白い映画
    素敵です。
    製作年:1966
    製作国:アメリカ
    監督:ジョージ・ロイ・ヒル
    主演:ジュリー・アンドリュース
    4
  5. キャメロット

    キャメロット
    評価:C3.54
    アカデミー賞(1968年)T・H・ホワイトの小説「円卓の騎士」を「マイ・フェア・レディ」のコンビ、アラン・ジェイ・ラーナーが劇化と作詞をし、フレデリック・ローが作曲した、ブロードウェーのヒット・ミュージカル「キャメロット」の映画化。この映画化にあたっては、ラーナー自身が自らの戯曲を映画用に脚色し、「南太平洋」のジョシュア・ローガンが監督した。撮影はリチャード・H・クライン、音楽はロウの作曲になるものをアルフレッド・ニューマンが音楽監督にあたり、振付はバディ・シュワブ、美術はエドワード・キャレア、衣裳はジョン・トラスコットがそれぞれ担当した。出演は「天地創造」のリチャード・ハリス、「欲望(1966)」のヴァネッサ・レッ…

    ミュージカル

    ネット上の声

    アーサー王伝説に基づいた米ミュージカル!
    夫とその親友の間でゆれる女心ミュージカル
    グィネヴィアの愛称はジェニーなんだ
    ジュリーで観たかった
    製作年:1967
    製作国:アメリカ
    監督:ジョシュア・ローガン
    主演:リチャード・ハリス
    5
  6. 卒業

    卒業
    評価:C3.38
    アカデミー賞(1967年・監督賞)チャールズ・ウェッブの原作を、カルダー・ウィリンガムとバック・ヘンリーが脚色、「バージニア・ウルフなんかこわくない」のマイク・ニコルズが監督した悲喜劇。この作品で、マイク・ニコルズは、67年アカデミー監督賞を獲得している。撮影はロバート・サーティース、主題曲をポール・サイモン、そのほかの音楽を、デーヴ・グルーシンが、担当している。出演は、「奇跡の人(1962)」のアン・バンクロフト、ブロードウェイ出身のダスティン・ホフマン、TV出身で「シェナンドー河」など、2、3の作品に出演しているキャサリン・ロス、他にウィリアム・ダニエルス、マーレイ・ハミルトンなど。

    青春、恋愛、結婚

    ネット上の声

    あらためて観るとS&GのPVのような・・
    ストリップ劇場のダンサーが気になります
    NO.32「そ」のつく元気になった洋画
    そうですかぁ、オトコのロマン・・かな♪
    製作年:1967
    製作国:アメリカ
    監督:マイク・ニコルズ
    主演:ダスティン・ホフマン
    6
  7. 女狐

    女狐
    評価:E0.00
    ゴールデン・グローブ賞(1967年)D・H・ローレンスの小説「狐」をハワード・コッホとジョン・ルイス・カルリーノが脚色、新進マーク・ライデルが監督したレスビアン・ラブを描いたもの。撮影はウィリアム・フラーカーでロケはすべてカナダで行なわれた。音楽はラロ・シフリンが担当。出演は「下り階段をのぼれ」のサンディ・デニス、「カルタゴ」のアン・ヘイウッド、「濡れた本能」のケア・ダレーなど。製作はレイモンド・ストロス。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1967
    製作国:アメリカ
    監督:マーク・ライデル
    主演:サンディ・デニス
    7

スポンサードリンク