全9作品。第24回ゴールデン・グローブ賞(1966年開催)の映画ランキング

  1. 砲艦サンパブロ

    砲艦サンパブロ
    評価:B3.72
    ゴールデン・グローブ賞(1966年)1942年にベスト・セラーとなったリチャード・マッケナの小説『サンパブロ号乗組員』を原作に、ロバート・アンダーソンが脚色、「サウンド・オブ・ミュージック」のロバート・ワイズが製作・監督した。撮影は「荒野の悪魔」のジョー・マクドナルド、音楽はジェリー・ゴールドスミス。出演は「ネバダ・スミス」のスティーヴ・マックィーン、「グループ」のキャンディス・バーゲン、「飛べ!フェニックス」のリチャード・アッテンボローのほかリチャード・クレンナ、マラヤット・アンドリアン、マコ(岩松信)など。

    戦争

    ネット上の声

    米国発戦争への疑問符と反戦を静かに伝える
    船サンパブロにて、マックィーン
    砲艦は民衆を搾取してきた外国の象徴
    人対人の純粋なつながり
    製作年:1966
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・ワイズ
    主演:スティーヴ・マックィーン
    1
  2. 男と女

    男と女
    評価:B3.68
    アカデミー賞(1967年・2部門)『愛と哀しみのボレロ』などのクロード・ルルーシュの出世作で、第19回カンヌ国際映画祭パルムドールなどを受賞したラブストーリー。共にパートナーを亡くした男と女が子供を通して出会い、過去にとらわれながらも互いに惹(ひ)かれ合う姿を描く。

    ヒューマンドラマ、恋愛

    ネット上の声

    娘を持つ母親(アヌーク・エーメ)と息子を持つ父親(ジャン=ルイ・ト...
    誰にでも何かが響く作品でした。
    おとなの恋の始まり
    ダバダバダダバダの有名な音楽がこの映画からなのか、この音楽をこの映...
    製作年:1966
    製作国:フランス
    監督:クロード・ルルーシュ
    主演:アヌーク・エーメ
    2
  3. アルフィー

    アルフィー
    評価:D3.23
    カンヌ国際映画祭(1966年・グランプリ) 色事師アルフィーの女性遍歴を描いた都会的ドラマ。定職をもたず、次々と女をかえていくアルフィー。

    恋愛

    ネット上の声

    マイケル・ケイン演じる最低男
    主題歌がすべてを語る
    男前マイケル・ケイン
    イギリス英語に浸れる映画
    製作年:1966
    製作国:イギリス
    監督:ルイス・ギルバート
    主演:マイケル・ケイン
    3
  4. わが命つきるとも

    わが命つきるとも
    評価:D3.20
    アカデミー賞(1967年・6部門)「ドクトル・ジバゴ」のロバート・ボルトが彼自身の戯曲を脚色、「日曜日には鼠を殺せ」のフレッド・ジンネマンが製作・監督した作品で、アカデミー賞の作品賞に輝いているほか、数々の賞を獲得している。撮影は「モール・フランダースの愛の冒険」のテッド・ムーア、音楽は「カトマンズの男」のジョルジュ・ドルリューが担当した。出演は英国舞台俳優のポール・スコフィールド、「息子と恋人」のウェンディ・ヒラー、「モール・フランダースの愛の冒険」のレオ・マッカーン、「バルジ大作戦」のロバート・ショウ、「パリは燃えているか」のオーソン・ウエルズ、スザンナ・ヨークほか。総指揮はウィリアム・N・グラフ。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    王の僕というより神の僕として離婚は認めない
    個人の主義主張をただひたすらに貫き、
    宗教と政治が絡む腐敗と悲劇の典型例
    信じるものは救われません
    製作年:1966
    製作国:イギリス
    監督:フレッド・ジンネマン
    主演:ポール・スコフィールド
    4
  5. ハワイ

    ハワイ
    評価:D3.08
    ゴールデングローブ賞(1966年・助演女優賞)ハワイの歴史とそこに生きる人々の年代記を描いたジェームズ・A・ミッチェナーの小説を、「サウンド・オブ・ミュージック」のジュリー・アンドリュース主演で映画化。キリスト教を布教するために未開の地ハワイにやってきた宣教師アブナーとその妻ジェルーシャ。2人は古くから島に伝わる習慣やアメリカ資本主義による圧力などと闘いながらも根気強く布教活動を続け、宣教師としての任期が終了した後も島にとどまることを決意する。

    ネット上の声

    ジュリーの意欲大作
    製作年:1965
    製作国:アメリカ
    監督:ジョージ・ロイ・ヒル
    主演:ジュリー・アンドリュース
    5
  6. アメリカ上陸作戦

    アメリカ上陸作戦
    評価:E0.00
    ゴールデングローブ賞(1966年・2部門)ナサニエル・ベンチレイの小説を原作にしてウィリアム・ローズが脚色し、「シンシナティキッド」のノーマン・ジュイソンが製作・監督したコメディー。撮影はジョセフ・バイロック、音楽はジョニー・マンデルが担当。出演はカール・ライナー、エヴァ・マリー・セイント、アラン・アーキン、ブライアン・キースほか。

    コメディ

    ネット上の声

    みんながパニック状態です・・・。
    軽く楽しめます
    アメリカ上陸作戦
    製作年:1966
    製作国:アメリカ
    監督:ノーマン・ジュイソン
    主演:カール・ライナー
    6
  7. 現金作戦

    現金作戦
    評価:E0.00
    ゴールデン・グローブ賞(1966年) 主人公イーライ・コッチは、天才的な詐欺師である。刑務所に服役中だったが、女性心理学者を巧みにたぶらかし、まんまと保釈で出獄する。

    サスペンス

    ネット上の声

    ハリソン・フォードのデビュー作として衆知
    製作年:1966
    製作国:アメリカ
    監督:バーナード・ジラード
    主演:ジェームズ・コバーン
    7
  8. ジョージー・ガール

    ジョージー・ガール
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1967年) ジョージーは大柄な上に、色気のない娘。男には相手にされず、あまつさえ友人が産んだ子供を押し付けられる始末。

    ヒューマンドラマ、コメディ

    ネット上の声

    60年代、懐かしいシーカーズの歌に乗せて
    製作年:1966
    製作国:イギリス
    監督:シルヴィオ・ナリッツァーノ
    主演:リン・レッドグレーヴ
    8
  9. ダイヤモンド作戦

    ダイヤモンド作戦
    評価:E0.00
    ゴールデン・グローブ賞(1966年)デイヴィッド・エスディル・ウォーカーの小説『ダイヤモンドは危険』を、リチャード・ブリーンが脚色、「ドーヴァーの青い花」のロナルド・ニームと新人クリフ・オーエンが共同で監督にあたったアクション・コメディ。撮影はガボール・ポガニー、音楽はドイツのバート・ケンプフェルトが初めて映画音楽を担当している。出演は「卑怯者の勲章」のジェームズ・ガーナー、「太陽が目にしみる」のメリナ・メルクーリ、「彼女は億万長者」のサンドラ・ディー、「マドリードで乾杯」のアンソニー・フランシオサ、TV「泥棒貴族」のロバート・クートなど。製作はロバート・アーサー。

    ネット上の声

    名曲「夜のストレンジャー」
    製作年:1965
    製作国:アメリカ
    監督:ロナルド・ニーム
    主演:ジェームズ・ガーナー
    9

スポンサードリンク