全10作品。第22回ゴールデン・グローブ賞(1964年開催)の映画ランキング

  1. メリー・ポピンズ

    メリー・ポピンズ
    評価:A3.86
    アカデミー賞(1965年・5部門) ウォルト・ディズニー製作によるミュージカル映画。ある日、傘をさしながら風に乗ってやって来た家庭教師メリー。

    ファンタジー、ミュージカル、ディズニー

    ネット上の声

    大人になって久しぶりにみて思うこと
    我が記憶の錯綜!
    J・アンドリュースの唄はとても素敵・・・
    時間を忘れる魔法にかけられた感じ・・
    製作年:1964
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・スティーヴンソン
    主演:ジュリー・アンドリュース
    1
  2. マイ・フェア・レディ

    マイ・フェア・レディ
    評価:B3.69
    アカデミー賞(1965年・8部門) ヘプバーン主演によるミュージカル映画の大作。ロンドンの下町、夜の巷で花を売っていた少女イライザ。

    ミュージカル

    ネット上の声

    スペインの雨は主に平野に降るよ
    ファッショナブル
    NO.64「ま」のつく元気になった洋画
    オードリーのシンデレラストーリー・・・
    製作年:1964
    製作国:アメリカ
    監督:ジョージ・キューカー
    主演:オードリー・ヘプバーン
    2
  3. サーカスの世界

    サーカスの世界
    評価:B3.62
    ゴールデン・グローブ賞(1964年) あるサーカス一座から、空中ブランコの女性スターが幼い娘を座長に預け失踪した。成長して一座の花形スターとなった娘は、父の死を失踪した母親の所為だと思い込んでいた。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    可愛いクラウディア・カルディナーレ
    事故の場面の映像は迫力あり
    C・Cが綺麗・・・
    楽しやサーカス。
    製作年:1964
    製作国:アメリカ
    監督:ヘンリー・ハサウェイ
    主演:ジョン・ウェイン
    3
  4. あゝ結婚

    あゝ結婚
    評価:C3.44
    ゴールデン・グローブ賞(1964年)ソフィア・ローレンをはじめ、イタリア映画界を代表する黄金トリオが放つ人情コメディ。薬屋の道楽息子を見返すため、元娼婦が女の意地を見せる。

    コメディ

    ネット上の声

    ダメダメ男とそれでも彼を愛し続ける女の悲哀
    幸せになりたい。素朴な強い信念。
    ソフィアローレンの四つの「顔」
    ソフィア・ローレン、最高!
    製作年:1964
    製作国:イタリア
    監督:ヴィットリオ・デ・シーカ
    主演:ソフィア・ローレン
    4
  5. ローマ帝国の滅亡

    ローマ帝国の滅亡
    評価:C3.26
    ゴールデングローブ賞(1964年・作曲賞)「エル・シド」のベン・バーズマン、バシリオ・フランチナ、フィリップ・ヨーダンのシナリオを「エル・シド」のアンソニー・マンが演出した歴史スペクタクルドラマ。撮影は「エル・シド」のロバート・クラスカー、音楽は「北京の55日」のディミトリ・ティオムキンが担当した。製作は「北京の55日」のサミュエル・ブロンストン。出演は「エル・シド」のソフィア・ローレン、「ジャンボ」のスティーブン・ボイド、「アラビアのロレンス」のアレック・ギネス、「潜水艦ベターソン」のジェームズ・メイスン、「女優志願」のクリストファー・プラマー、「アラビアのロレンス」のアンソニー・クェイル、「北京の55日」のジョン・アイアランド、…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    あぁリヴィウスよ・・真の剣闘士ここにあり
    70ミリのスペクタクル歴史超大作映画
    かなり冗長だが、威風堂々だる作品
    「壮麗な古代フォロ・ロマーノ」
    製作年:1964
    製作国:アメリカ
    監督:アンソニー・マン
    主演:ソフィア・ローレン
    5
  6. ふるえて眠れ

    ふるえて眠れ
    評価:E0.00
    ゴールデングローブ賞(1964年・助演女優賞) ルイジアナの豪邸にひとりきりで暮らす年老いた女性シャーロット・ホリス。邸の取り壊しを頑なに拒む彼女は37年前に起こった猟奇的な殺人事件の犯人と目されていた。その事件以来、シャーロットが精神に異常をきたし、ホリス邸には死体が埋まっているという噂も立つ。そんなホリス邸に、シャーロットの従妹ミリアムが37年ぶりに訪ねてくるが……。「何がジェーンに起こったか?」のスタッフと主演ベティ・デイビスが再び組んだサスペンス・スリラー。

    サスペンス

    ネット上の声

    2大女優の激突!
    製作年:1964
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・アルドリッチ
    主演:ベティ・デイヴィス
    6
  7. 五月の七日間

    五月の七日間
    評価:E0.00
    ゴールデン・グローブ賞(1964年) アメリカ大統領の核軍縮条約案をソ連が受諾。しかし軍部がこれに猛反発する。反対派の急先鋒、米軍統合参謀本部長スコット将軍の直属だったケイシー大佐は軍部の異変に気づく。調査を進めるケイシーはやがてスコットのクーデター計画を知ることに……。社会派ジョン・フランケンハイマー監督が、テレビシリーズ「ミステリー・ゾーン」の作家として知られるロッド・サーリングの脚本を得て作り上げた緊迫の政治サスペンス。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    なぜ私はこの映画に憑かれたか・・・
    クーデター計画
    製作年:1963
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・フランケンハイマー
    主演:バート・ランカスター
    7
  8. ベケット

    ベケット
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1965年)
    製作年:1964
    製作国:アメリカ/イギリス
    監督:ピーター・グレンヴィル
    主演:リチャード・バートン
    8
  9. 女が愛情に渇くとき

    女が愛情に渇くとき
    評価:E0.00
    ゴールデン・グローブ賞(1964年)ペネロープ・モーティマーの原作を、ハロルド・ピンターが脚色、「年上の女」のジャック・クレイトンが監督した女性映画。撮影は「ナバロンの要塞」のオズワルド・モリス、音楽はジョルジュ・ドルリューが担当した。出演は「奇跡の人」のアン・バンクロフト、「ダイヤモンド作戦」のピーター・フィンチ、「ローマ帝国の滅亡」のジェームズ・メイソン、ほかに、ジャニー・グレイ、リチャード・ジョンソン、マギー・スミスなど。製作は「年上の女」のジェームズ・ウルフ。
    製作年:1964
    製作国:イギリス
    監督:ジャック・クレイトン
    主演:アン・バンクロフト
    9
  10. みどりの瞳

    みどりの瞳
    評価:E0.00
    ゴールデン・グローブ賞(1964年)

    ヒューマンドラマ、青春
    製作年:1964
    製作国:イギリス
    監督:デズモンド・デイヴィス
    主演:リタ・トゥシンハム
    10

スポンサードリンク