全11作品。第84回アカデミー賞(2012年開催)の映画ランキング

  1. ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜

    ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜
    評価:A4.05
    アカデミー賞(2012年・助演女優賞)1960年代、人種差別が横行していたアメリカの田舎町に変化をもたらした実在の女性たちについて記したベストセラー小説を映画化した人間ドラマ。白人家庭でメイドとして働く黒人女性たちとジャーナリスト志望の若い白人女性との友情を通して、社会に対して立ち上がる勇気を描いていく。

    ヒューマンドラマ、実話、人種差別

    ネット上の声

    本年度最高にして最強のヒューマンドラマ♪
    原作とのギャップがほとんどない秀逸作品
    感動の押し売りじゃないところが良い
    深い感動☆希望を願わずにいられない
    製作年:2011
    製作国:アメリカ
    監督:テイト・テイラー
    主演:エマ・ストーン
    1
  2. 別離

    別離
    評価:A4.01
    アカデミー賞(2012年・外国語映画賞)イランのテヘランで暮らすシミン(レイラ・ハタミ)とナデル(ペイマン・モアディ)には11歳になる娘がいた。妻シミンは娘の教育のために外国へ移住するつもりだったが、夫ナデルは老いた父のために残ると言う。ある日、ナデルが不在の間に父が意識を失い、介護人のラジエー(サレー・バヤト)を追い出してしまう。その夜、ラジエーが入院し流産したとの知らせが入り……。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    どこまでもこんがらがる事件と思惑
    畏れを知る、という知恵
    歯車がズレる
    法定と信仰
    製作年:2011
    製作国:イラン
    監督:アスガー・ファルハディ
    主演:レイラ・ハタミ
    2
  3. アーティスト

    アーティスト
    評価:A3.83
    アカデミー賞(2012年・5部門)サイレントからトーキーへと移り変わるころのハリウッドを舞台に、スター俳優の葛藤(かっとう)と愛を美しいモノクロ映像でつづるサイレント映画。フランスのミシェル・アザナヴィシウス監督がメガホンを取り、ヨーロッパのみならずアメリカの映画賞をも席巻。

    ヒューマンドラマ、恋愛

    ネット上の声

    “古めかしい目新しさ”の魅力
    映画の魔法が効かなかった私
    古くて新しい映像体験。
    脚本もカメラも性善説に徹した映画の陳腐さ
    製作年:2011
    製作国:フランス
    監督:ミシェル・アザナヴィシウス
    主演:ジャン・デュジャルダン
    3
  4. ドラゴン・タトゥーの女

    ドラゴン・タトゥーの女
    評価:B3.78
    アカデミー賞(2012年・編集賞)『ミレニアム』3部作として映画にもなったスウェーデンのベストセラー小説をハリウッドで映画化。『ソーシャル・ネットワーク』のデヴィッド・フィンチャーが監督を務め、白夜のスウェーデンを舞台に、数十年に及ぶ血族の因縁と猟奇的ミステリーに彩られた物語が展開する。

    サスペンス、どんでん返し、ハッカー

    ネット上の声

    この女、大胆、過激、残忍、そして繊細.。
    ヴァンゲル家の人間関係をつかむだけで一苦労だが、面白かった
    洗練されたエンターテインメント、故に・・
    オリジナル版には及ばないものの良作でした
    製作年:2011
    製作国:アメリカ
    監督:デヴィッド・フィンチャー
    主演:ダニエル・クレイグ
    4
  5. ミッドナイト・イン・パリ

    ミッドナイト・イン・パリ
    評価:B3.73
    アカデミー賞(2012年)『アニー・ホール』『ハンナとその姉妹』などのウディ・アレン監督が、パリを舞台に撮り上げた幻想的なラブコメディー。1920年代のパリを敬愛する主人公がタイムスリップし、自分が心酔してやまないアーティストたちと巡り合う奇跡の日々をつづる。

    コメディ

    ネット上の声

    『モンスター・イン・パリ』の方がお薦め♪
    アレン印がないと公開されないレベルかも。
    カミーユ・クローデルを妻と断言するような
    これがただの夢ならば、夢がないというもの
    製作年:2011
    製作国:スペイン/アメリカ
    監督:ウディ・アレン
    主演:キャシー・ベイツ
    5
  6. ファミリー・ツリー

    ファミリー・ツリー
    評価:B3.66
    アカデミー賞(2012年・脚色賞)『サイドウェイ』のアレクサンダー・ペイン監督と、『オーシャンズ』シリーズのジョージ・クルーニーがタッグを組んだ感動作。ハワイを舞台に、家族崩壊の危機に直面したある一家の再生のドラマをユーモアを交えて映し出す。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    僕も家族のことを何も知らないのかも
    取り返しのつくもの、つかないもの
    ハワイで暮らすのも楽じゃない、ケド・・・
    末裔としての葛藤と発見をもっと見たかった
    製作年:2011
    製作国:アメリカ
    監督:アレクサンダー・ペイン
    主演:ジョージ・クルーニー
    6
  7. 人生はビギナーズ

    人生はビギナーズ
    評価:C3.38
    アカデミー賞(2012年・助演男優賞)息子のオリヴァー(ユアン・マクレガー)に、ゲイであることをカミングアウトしたハル(クリストファー・プラマー)。妻に先立たれ、自身もガンを宣告されるが、父は75歳にして新たな人生をスタートさせる。一方、オリヴァーは38歳になっても、内気な性格からなかなか恋をすることができない。しかし父が亡くなった後に仲間から呼び出されたパーティーで、運命の女性アナ(メラニー・ロラン)と出会い……。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ゲイ映画ではありません 家族、恋愛、人生
    人物描写は丁寧だが、主人公がじれったい。
    人はいくつになっても人生をスタートできる
    誰だって初心者、不器用に生きたっていいさ
    製作年:2010
    製作国:アメリカ
    監督:マイク・ミルズ
    主演:ユアン・マクレガー
    7
  8. マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙

    マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙
    評価:C3.38
    アカデミー賞(2012年・2部門)1979年、父の教えである質素倹約を掲げる保守党のマーガレット・サッチャー(メリル・ストリープ)が女性初のイギリス首相となる。“鉄の女”の異名を取るサッチャーは、財政赤字を解決し、フォークランド紛争に勝利し、国民から絶大なる支持を得ていた。しかし、彼女には誰にも見せていない孤独な別の顔があった。

    ヒューマンドラマ、実話

    ネット上の声

    メリル・ストリープからのメッセージ
    幻覚とのお付き合いも乙なもんで。
    全てを捧げ尽くした果てにあるもの
    まさしく皆さんのご意見通り
    製作年:2011
    製作国:イギリス
    監督:フィリダ・ロイド
    主演:メリル・ストリープ
    8
  9. ザ・マペッツ

    ザ・マペッツ
    評価:C3.33
    アカデミー賞(2012年・歌曲賞)人間のゲイリー(ジェイソン・シーゲル)と友人であるマペットのウォルターは、マペット・ショーの大ファン。ある日、ゲイリーと結婚が決まっているメアリー(エイミー・アダムス)たちのロサンゼルス旅行に同行させてもらったウォルターは、あこがれのマペット・スタジオに行くことに。しかし興奮もつかの間、マペット・ショーの殿堂はすっかり寂れており、かつての面影はなかった。さらに石油王による恐ろしい陰謀が発覚し、ウォルターたちは何とかしようと、現在は引退した“ザ・マペッツ”の人気者でカエルのカーミットを探そうとする。

    コメディ、ディズニー

    ネット上の声

    精神年齢が下がって楽しい気分になる映画!
    マペットシリーズ知らなくても楽しめます。
    良作!だまされたと思ってみてください!
    実写のウォーリーが出てたのは大感動!
    製作年:2011
    製作国:アメリカ
    監督:ジェームズ・ボビン
    主演:ジェイソン・シーゲル
    9
  10. ヒューゴの不思議な発明

    ヒューゴの不思議な発明
    評価:C3.29
    アカデミー賞(2012年)1930年代のパリ。駅の時計台にひそかに住む孤児の少年ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)の唯一の友達は、亡き父が残した機械人形だった。壊れたままの人形の秘密を探る過程で、彼は不思議な少女イザベル(クロエ・グレース・モレッツ)とジョルジュ(ベン・キングズレー)に出会う。やがてヒューゴは、機械人形にはそれぞれの人生ばかりか、世界の運命すらも変化させてしまう秘密があることに気付き……。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    劇的な話ではないんだけどホロっときます
    2人の主人公ではフォーカスが定まらない
    予告編に誘われた、魅惑いっぱいの作品。
    ついにビョーキから決別したスコセッシ。
    製作年:2011
    製作国:アメリカ
    監督:マーティン・スコセッシ
    主演:ベン・キングズレー
    10
  11. ランゴ

    ランゴ
    評価:D3.11
    アカデミー賞(2012年)ドライブ中に水槽ごと道路に投げ出されてしまい、砂漠でさまよう羽目になったカメレオン、ランゴ。自分とおもちゃしかいなかった水槽の世界から一転、ダートという町に流れ着いたランゴは、人間関係、生存競争などに満ちた現実世界の厳しさを知っていく中、町からなくなった水を取り戻す依頼を受ける。

    アニメ

    ネット上の声

    パイレーツが好き?ではこちらもご覧下さい
    素顔で勝負できない役者ジョニデの真骨頂?
    字幕で見るべきか日本語吹替で見るべきか…
    俳優のメタファーとしての「カメレオン」
    製作年:2011
    製作国:アメリカ
    監督:ゴア・ヴァービンスキー
    主演:ジョニー・デップ
    11

スポンサードリンク