全8作品。第53回アカデミー賞(1981年開催)の映画ランキング

  1. スター・ウォーズ/帝国の逆襲

    スター・ウォーズ/帝国の逆襲
    評価:S4.15
    アカデミー賞(1981年・2部門) デス・スター壊滅の痛手から復活した帝国軍の前に、今や雪の惑星ホスで機会をうかがうしかない反乱軍。総攻撃を前にホスを脱出したレイアやハン・ソロたちは雲の惑星ベスピンへと旅立つが、ひとりルークはフォースの訓練を積むために伝説の<ジェダイ・マスター>ヨーダの住む惑星ダゴバへと向かった。

    SF、アドベンチャー(冒険)、惑星、スター・ウォーズ

    ネット上の声

    ダース・ベイダーの秘密が明かされる第二弾
    この映画の監督はアービンカーシュナー
    アンレマ、スゲー面白いじゃない!!
    スターウォーズについて思うこと2
    製作年:1980
    製作国:アメリカ
    監督:アーヴィン・カーシュナー
    主演:マーク・ハミル
    1
  2. モスクワは涙を信じない

    モスクワは涙を信じない
    評価:A4.03
    アカデミー賞(1981年・外国語映画賞) 題名通り、かなりポジティブな雰囲気を持った、モスクワ市民の群像メロドラマで、ニール・サイモンの作品世界に近いような、家族や男女の日常の細やかな部分が情感たっぷりに語られて、長尺ながらそれなりに楽しめる。アカデミー外国語映画賞を受賞。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    “アレクサンドラはモスクワの子だ”
    これが反体制映画?とんでもない。
    Александра (アレクサンドラ)
    とっても意味のある女性映画
    製作年:1979
    製作国:ソ連
    監督:ウラジミール・メニショフ
    主演:ヴェーラ・アレントワ
    2
  3. 歌え!ロレッタ愛のために

    歌え!ロレッタ愛のために
    評価:B3.73
    アカデミー賞(1981年)現代アメリカのポップス界で、シンガー・ソングライターとして人気のあるロレッタ・リンの生いたちから、結婚、出産を経て歌手として成功するまでの波乱の半生を描く。製作総指揮はボブ・ラーソン、製作はバーナード・シュワルツ、監督は「アガサ 愛の失踪事件」のマイケル・アプテッド、ロレッタ・リンとジョージ・ベクシーによるリンの自伝を基にトム・リックマンが脚色。撮影はラルフ・ボード、音楽はオーエン・ブラッドレー、編集はアーサー・シュミット、製作デザインはジョン・W・コルソが各々担当。出演はシシー・スペイセク、トミー・リー・ジョーンズ、ビバリー・ダンジェロ、レボン・ヘルム、フィリス・ボーエンズなど。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    年齢不詳女優シシー・スペイセク、31歳
    「炭坑節」の心を説明できるか?
    トミー・リー・ジョーンズも熱演
    またこれもひとつの愛のかたち
    製作年:1980
    製作国:アメリカ
    監督:マイケル・アプテッド
    主演:シシー・スペイセク
    3
  4. レイジング・ブル

    レイジング・ブル
    評価:B3.64
    アカデミー賞(1981年・2部門)1940~50年代に活躍しミドル級チャンピオンにも輝いた実在のボクサー、ジェイク・ラモッタの半生を、「タクシードライバー」のマーティン・スコセッシ監督&ロバート・デ・ニーロ主演コンビが映画化。後に「ブロンクスの猛牛」とも呼ばれるようになるジェイクが、八百長試合を強いてくる組織との関係などに悩まされながらも栄光をつかみとる。しかし、妻のビッキーやセコンドを務める弟ジョーイに対し猜疑心や嫉妬心を募らせていき、信頼できる人間が離れていくことで凋落していく。主演のデ・ニーロは引退後のラモッタの姿を再現するため27キロも増量して挑み、アカデミー主演男優賞を受賞。体型をも変化させる徹底した役作りを意味す…

    ヒューマンドラマ、ボクシング

    ネット上の声

    ボクシング映画史上最も美しいオープニング
    執念の演技、万人向けではないストーリー
    「人間の孤独」を感じさせる感慨深い作品
    闘えデ・ニーロ、スコセッシのために!
    製作年:1980
    製作国:アメリカ
    監督:マーティン・スコセッシ
    主演:ロバート・デ・ニーロ
    4
  5. フェーム

    フェーム
    評価:B3.62
    アカデミー賞(1981年)ニューヨークのマンハッタンにある芸術学校。ここでは、俳優、ミュージシャン、ダンサーとして成功することを夢見るたくさんの若者たちが、青春の日々を送っていた。夢に向かって奮闘する彼らの姿をドキュメンタリー・タッチで生き生きと描いた青春群像劇。監督は「ミッドナイト・エクスプレス」の名匠アラン・パーカー。大人気を呼んだ本作は、後に「フェーム/青春の旅立ち」というタイトルでテレビシリーズ化されている。

    ヒューマンドラマ、青春、ミュージカル、ダンサー

    ネット上の声

    ナンバー1ミュージカルではないけれど
    若さ故の過ちでさえ、今は眩しい
    ギャグ映画
    スターを夢見る若者たちの青春記。 芸術的センスのかけらもない私には...
    製作年:1980
    製作国:アメリカ
    監督:アラン・パーカー
    主演:アイリーン・キャラ
    5
  6. テス

    テス
    評価:C3.58
    アカデミー賞(1981年) 文豪ハーディの名作を、ポランスキーが映像化したメロドラマ。19世紀末、ドーセット地方の貧農の娘テスは遠縁のダーバビル家に奉公に出される。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ナスターシャ・キンスキーの美しさをただただ堪能。 物語自体はさほど...
    原作『ダーバヴィル家のテス』の映画化だが
    映画史上最高の美女がいる!
    ナスターシャ・キンスキー目当てで観た映画
    製作年:1979
    製作国:フランス/イギリス
    監督:ロマン・ポランスキー
    主演:ナスターシャ・キンスキー
    6
  7. 普通の人々

    普通の人々
    評価:C3.53
    アカデミー賞(1981年・4部門)名優ロバート・レッドフォードの監督デビュー作にして、1980年度アカデミー賞4部門(作品・監督・助演男優・脚色賞)に輝いた傑作ヒューマン・ドラマ。ごく普通の中流家庭であるジャレット一家。お互いに尊重し合い、家族4人で幸せな毎日を送っていた彼らに、長男の事故死と次男の自殺未遂という悲劇が降りかかる。そしてこの出来事をきっかけに、信頼しあっていたはずの家族の歯車が少しずつ狂いはじめるのだった……。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    全然!普通じゃない家族だと思いますが・・
    母はモンスターじゃない。
    深い話ですね…
    悲劇を引き金に日常に起こりうる感情のすれ違い、そこからのさらなる哀...
    製作年:1980
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・レッドフォード
    主演:ドナルド・サザーランド
    7
  8. 毛沢東からモーツァルトへ/中国のアイザック・スターン

    毛沢東からモーツァルトへ/中国のアイザック・スターン
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1981年・長編ドキュメンタリー映画賞)1979年、黄華中国外相がアイザック・スターンとその家族を国賓として招待、それを受諾したスターンの中国の人々や音楽家達との出会いを描いたドキュメンタリー映画。エグゼクティヴ・プロデューサーはウォルター・シェア、製作・監督はミューレイ・レイナー、監修はアラン・ミラー、編集はトーマス・ハンケが担当。81年アカデミー最優秀長編記録映画賞受賞。16ミリ。

    ネット上の声

    久々に感動
    製作年:1980
    製作国:アメリカ
    監督:マーレイ・ラーナー
    主演:アイザック・スターン
    8

スポンサードリンク