全12作品。第18回アカデミー賞(1946年開催)の映画ランキング

  1. 緑園の天使

    緑園の天使
    評価:B3.61
    アカデミー賞(1946年・2部門) 額縁に入れて飾っときたいほどのデビュー当時のE・テイラーの美少女ぶりにはため息が出る。おまけに彼女の役柄は単なるお嬢様じゃなく、浮浪児のルーニーと組んで荒馬を調教、障害競馬のグランド・ナショナルで優勝させる、肉屋の娘なのだ。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    エリザベス・テイラー 髪の毛バッサリ
    家族を中心とした温かいドラマ・・・
    予想以上に良質な作品でした☆3つ
    カワイイなぁ〜、E・テイラー
    製作年:1945
    製作国:アメリカ
    監督:クラレンス・ブラウン
    主演:エリザベス・テイラー
    1
  2. 錨を上げて

    錨を上げて
    評価:C3.37
    アカデミー賞(1946年)「歌劇王カルーソ」のジョー・パスターナクが製作し、「血闘」のジョージ・シドニーが監督したテクニカラーのミュージカル1945年作品。ナタリー・マーシンのストーリーにヒントを得て「下町天国」のイソベル・レナートが脚本を書き、音楽監督はジョージー・ストール(アカデミー賞獲得)、撮影は「三銃士(1948)」のロバート・プランクとチャールズ・P・ボイルの共同。主演は「踊る大紐育」のフランク・シナトラ、「雨に唄えば」のジーン・ケリイ、「ショウ・ボート(1951)」のキャスリン・グレイソンの3人で、ピアニストのホセ・イタービ「百万人の音楽」、「印度の放浪児」のディーン・ストックウェル、パメラ・ブリットン(…

    ミュージカル

    ネット上の声

    人間は、運命のイタズラに弱い
    トムに同情しちゃうな
    ジェリー
    錨を上げて!MGM黄金時代へさぁ出航だ
    製作年:1945
    製作国:アメリカ
    監督:ジョージ・シドニー
    主演:ジーン・ケリー
    2
  3. 聖(セント)メリーの鐘

    聖(セント)メリーの鐘
    評価:C3.33
    アカデミー賞(1946年)「我が道を往く」の続編で、同じくレオ・マッケリーが製作・監督し、ビング・クロスビーが主演するが、彼と共に「四人の息子(1941)」「ガス燈」のイングリッド・バーグマンが主演している。ストーリーもマッケリーが書きおろしたが、脚本は「世界の母」「男の敵」のダドリー・ニコルズが執筆した。撮影監督は「ジェーン・エア」「追憶(1941)」のジョージ・バーンズ、音楽監督は「スイング・ホテル」のロバート・エメット・ドーラン。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    前作が気に入ったので見ましたが、
    ビング・クロスビーとバーグマン
    続・我が道を往く
    「我が道を往く」の続編だが
    製作年:1945
    製作国:アメリカ
    監督:レオ・マッケリー
    主演:ビング・クロスビー
    3
  4. 白い恐怖

    白い恐怖
    評価:C3.24
    アカデミー賞(1946年)アルフレッド・ヒッチコックが「汚名」(46)に先立って監督した1945年度スリラー映画。フランシス・ビーディングの原作を「汚名」と同じくベン・ヘクトが脚色した。撮影は「船乗りシンバッドの冒険」のジョージ・バーンズ、音楽はこの作品でオスカーを得たミクロス・ローザ担当。夢の場面装置はシュル・レアリスト、サルヴァドル・ダリ、主演は「ジャンヌ・ダーク」のイングリッド・バーグマンと「白昼の決闘」のグレゴリイ・ペックで、「夢の宮廷」のロンダ・フレミング、「Gメン対間諜」のレオ・G・キャロル、ロシア出身の老優マイケル・チェホフ、「死の谷」のヴィクター・キリアン、ビル・グッドウィンらが助演する。

    サスペンス、トラウマになる

    ネット上の声

    気が触れているのはG.ペックだけだろうか
    目に見えぬ夢の内容から全てを暴き出せ
    ヒッチコックらしくないラブロマンス。
    完成度は低いがそれなりに楽しめる。
    製作年:1945
    製作国:アメリカ
    監督:アルフレッド・ヒッチコック
    主演:イングリッド・バーグマン
    4
  5. 失われた週末

    失われた週末
    評価:D3.13
    アカデミー賞(1946年) アカデミー賞4部門、カンヌ映画祭グランプリ受賞など各国で賞賛を集めたシリアスドラマ。ニューヨークに住む売れない作家のドンは、アルコールに溺れる日々を過ごしていた。酒代に困っては兄の金に手をつけ、果ては商売道具のタイプライターまで売ろうとする。絶望の淵をさまようドンをレイ・ミランドが好演し、オスカー男優の仲間入りを果たす。監督のワイルダーは、この作品で2番目の妻となるオードリー・ヤングと知り合った。

    ドキュメンタリー、依存症

    ネット上の声

    ワイルダーのテリングテクニックが冴える
    たまたま死ななかっただけ(映画だから)
    アルコール依存症の恐怖が伝わる☆3つ
    失われた時間はきっと取り戻せるはず
    製作年:1945
    製作国:アメリカ
    監督:ビリー・ワイルダー
    主演:レイ・ミランド
    5
  6. ブルックリン横丁

    ブルックリン横丁
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1946年)

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    1945年製作、エリア・カザン第一作
    アイリッシュ系家族の物語
    古いけど素敵な映画。
    製作年:1945
    製作国:アメリカ
    監督:エリア・カザン
    主演:ペギー・アン・ガーナー
    6
  7. ステート・フェア

    ステート・フェア
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1946年)「オクラホマ!」「ジョニイはメリーを愛する」等の音楽作者チームとして名高いオスカー・ハマースタイン2世とリチャード・ロジャースが作詞作曲したミュージカル映画で、かつて映画化されたことのあるフィリップ・ストロングの小説を、「アメリカ交響楽」のソニァ・レヴィンとポール・グリーンが改作し、作詞者ハマーシタィンが脚本を書き、「センチメンタル・ジャーニー」のウォルター・ラングが監督し、「ブルックリン横町」のレオン・シャムロイが撮影したテクニカラー色彩の1945年作品である。主演は「我等の生涯の最良の年」「影なき殺人」のダナ・アンドリュース、新人の歌手スターのジーン・クレイン、新進の歌手スターのディック…

    ミュージカル

    ネット上の声

    その幸せ、右肩上がり。
    製作年:1945
    製作国:アメリカ
    監督:ウォルター・ラング
    主演:ジーン・クレイン
    7
  8. 哀愁の湖

    哀愁の湖
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1946年)ベン・エイムズ・ウィリアムズの小説を映画化したテクニカラー作品で、女のニュロティックな心理を描くメロドラマ。ウィリアム・A。バッカーが製作し、「王国の鍵」のジョン・M・スタールが監督に当たった。脚色は「潜航決戦隊」のジョー・スワーリング、撮影、音楽は「わが心に歌えば」と同じくレオン・シャムロイとアルフレッド・ニューマンの担当。主演は「脱獄者の秘密」のジーン・ティアニーと「ゴールデン・コンドルの秘宝」のコーネル・ワイルド、それに「人生模様」のジーン・クレインで、ヴィンセント・プライス「呪われた城」、レイ・コリンズ「我が心の呼ぶ声」、メアリー・フィリップス、ジーン・ロックハート「壮烈第7騎兵隊」…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    最後に勝つのは・・・
    製作年:1945
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・M・スタール
    主演:コーネル・ワイルド
    8
  9. ドリアン・グレイの肖像

    ドリアン・グレイの肖像
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1946年)オスカー・ワイルドの小説の映画化で、プロデューサーとして脚本家として名あるアルバート・リューインが脚色監督した1945年作品。出演者は「謎の下宿人」「激闘」のジョージ・サンダース、ドリアン・グレイ役に抜てきされた新人ハード・ハットフィールド「大地は怒る」のドナ・リード「ガス燈」のアンジェラ・ランズベリー「嘘つきお嬢さん」のピーター・ローフォード「浮世はなれて」リチャード・フレイザー、ローウェル・ギルモア、ダグラス・ウォルトン等で、撮影は「愛の調べ」「町の人気者」のハリー・ストラドリングが監督した。

    サスペンス

    ネット上の声

    ものごとは移り変わってこそ自然
    パート・カラーが鮮烈
    怖かったです
    製作年:1945
    製作国:アメリカ
    監督:アルバート・リューイン
    主演:ハード・ハットフィールド
    9
  10. 情炎の海

    情炎の海
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1946年)B・G・デシルヴァ製作による1944年作品。「レベッカ」のダフネ・デュ・モーリアの原作を、「アンナとシャム王」のタルボット・ジェニングスが脚色し、「戦乱の花嫁」のミッチェル・ライゼンが監督した。撮影は「地獄への道」のジョージ・バーンズ、音楽は「遥かなる吾が子」のヴィクター・ヤング。「不時着結婚」のジョーン・フォンテーン、「ベニーの勲章」のアルチュロ・デ・コルドヴァをめぐって、「幸福の森」のセシル・ケラウェイ、「海賊ブラッド」のバジル・ラスボーン、「風雲児」のナイジェル・ブルース、ラルフ・フォーブス、ハラルド・レイモンド、ビリー・ダニエルズらが共演。
    製作年:1944
    製作国:アメリカ
    監督:ミッチェル・ライゼン
    主演:ジョーン・フォンテイン
    10
  11. ダニー・ケイの 天国と地獄

    ダニー・ケイの 天国と地獄
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1946年・視覚効果賞)

    コメディ
    製作年:1945
    製作国:アメリカ
    監督:H・ブルース・ハンバーストン
    主演:ダニー・ケイ
    11
  12. Gメン対間諜

    Gメン対間諜
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1946年)ルイ・ド・ロシュモンの製作による、いわゆるセミ・ドキュメンタリーの第1弾として1945年に発表された作品。チャールズ・G・ブースの原作より、ブース及び「戦慄の調べ」のバリー・リンドン「マドレーヌ街13番」のジョン・モンクス・ジュニアと協力した脚本を、「出獄」のヘンリー・ハサウェイが監督した。撮影はノーバート・ブロディン、音楽はデイヴィッド・バトロフが担当している。「聖処女」のウィリアム・アイス、「山荘物語」のロイド・ノーラン、「モナリザの微笑」のシグネ・ハッソを中心に、ジーン・ロックハート、レオ・G・キャロルらが共演し、ワシントン、ニューヨークの実景をめぐって実在のFBI官憲が多数出演する。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1945
    製作国:アメリカ
    監督:ヘンリー・ハサウェイ
    主演:ウィリアム・イース
    12

スポンサードリンク