全10作品。第11回アカデミー賞(1939年開催)の映画ランキング

  1. 我が家の楽園

    我が家の楽園
    評価:C3.56
    アカデミー賞(1939年) ブロードウェイのヒット作を「或る夜の出来事」の名コンビ、R・リスキンが脚色、キャプラが監督して映画化。オスカーの監督賞を得た風刺コメディの快作。

    ヒューマンドラマ、コメディ、花火が印象的

    ネット上の声

    いい映画が「我が家」を「楽園」にする
    世間の常識に囚われない
    今回のテーマは難しいぞ
    人生は楽しむものだ
    製作年:1938
    製作国:アメリカ
    監督:フランク・キャプラ
    主演:ジェームズ・スチュワート
    1
  2. ロビンフッドの冒険

    ロビンフッドの冒険
    評価:C3.36
    アカデミー賞(1939年)「進め龍騎兵」「海賊ブラッド」と同じくエロール・フリンがオリヴィア・デ・ハヴィランドを相手に主演する映画で、ロビンフッド伝説に基づき、「大森林」のノーマン・ライリー・レインと「倒れるまで」のシートン・I・ミラーが脚本を書卸し、「進め龍騎兵」「海賊ブラッド」のマイケル・カーティズと「緑の牧場」「真夏の夜の夢」のウィリアム・ケイリーとが共同監督し、「大森林」「科学者の道」のトニー・ゴーディオと「汚れた顔の天使」「夜はパリで」のソル・ポリートが撮影を、「真夏の夜の夢」「恋のナポリ」のエリック・ウォルフガング・コーンゴールドが音楽をそれぞれ担当した。助演は「放浪の王者(1938)」のバジル・ラスボー…

    アクション、アドベンチャー(冒険)

    ネット上の声

    仲間はみんな同じ服装(ちょっと悪趣味)!
    製作年:1938
    製作国:アメリカ
    監督:マイケル・カーティス
    主演:エロール・フリン
    2
  3. ピグマリオン

    ピグマリオン
    評価:C3.36
    アカデミー賞(1939年)G・B・ショウの有名戯曲の映画化で、大ヒット・ミュージカル『マイ・フェア・レディ』の原形となった作品。ある言語学者が下町なまりの花売り娘を引き取り、立派なレディに仕立て上げるが……。舞台出身のW・ヒラーの演技力と美しさが見もの。

    恋愛

    ネット上の声

    マイ・フェア・レディの元本映画
    ミュージカルでなくても…
    歌わないけど、魅せます
    従順なピグマリオン
    製作年:1938
    製作国:イギリス
    監督:アンソニー・アスクィス
    主演:レスリー・ハワード
    3
  4. 黒蘭の女

    黒蘭の女
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1939年)「札つき女」「或る女」のベティ・デイヴィスで彼女はこの演技によって1938年度のアカデミー女優演技賞を獲得した。原作はオウエン・デーヴィス作の戯曲で、「札つき女」「黒の秘密」のアベム・フィンケルがジョン・ヒューストン及びクレメンツ・リプリーと協力脚色し、「この三人」「孔雀夫人(1936)」のウィリアム・ワイラーが監督に当り、「或る女」「Gガン」のアーネスト・ホイラーが撮影した。主演のデーヴィスを助けて「或る女」「北海の子」のヘンリー・フォンダ、「山の法律」「潜水艦D1号」のジョージ・ブレントが相手役を勤め、「緑の灯」「高圧線」のマーガレット・リンゼイ、「或る女」「悪の挽歌」のドナルド・クリス…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    嫌だねぇ、怖いねぇ、Jezebelのような女
    ワイラー版「風と共に去りぬ」
    残念な要素がチラホラ
    黒蘭は毒の花
    製作年:1938
    製作国:アメリカ
    監督:ウィリアム・ワイラー
    主演:ベティ・デイヴィス
    4
  5. グレート・ワルツ

    グレート・ワルツ
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1939年・撮影賞)『わが青春のマリアンヌ』のジュリアン・デュヴィヴィエ監督が、偉大なる音楽家、ヨハン・シュトラウスの生涯を綴った伝記映画。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ハリウッド風ヨハン・シュトラウス2世物語
    音楽室にあった肖像と髭が違うなあ~
    偉大な作曲家の陰で・・・
    映像から伝わる音楽の魅力
    製作年:1938
    製作国:アメリカ
    監督:ジュリアン・デュヴィヴィエ
    主演:フェルナン・グラヴェ
    5
  6. 少年の町

    少年の町
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1939年)

    ヒューマンドラマ
    製作年:1938
    製作国:アメリカ
    監督:ノーマン・タウログ
    主演:スペンサー・トレイシー
    6
  7. 世紀の楽団

    世紀の楽団
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1939年・作曲賞)アーヴィング・バーリンが1911年から1935年にかけて作曲した小唄26曲および当時の新作2曲を並べて、アメリカ軽音楽史を視覚化せんと企てたもので「シカゴ」の3主演者タイロン・パワー、アリス・フェイ、ドン・アメチが主演し、「シカゴ」「勝鬨」のヘンリー・キングが監督にあたった。脚本は「四人の復讐」「青春女学生日記」のリチャード・ハーマンが書下ろしたストーリーによって、「シカゴ」「奴隷船」のラマール・トロッチと「何が彼をそうさせたか」のキャスリン・スコラが協力執筆したものである。助演者は「天晴れ着陸」「海は桃色」のエセル・マーマン、「からくり女王」「珍Gメン」のジャック・ヘイリーを始め、「ハイデ…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    音楽映画の傑作
    Come on and hear♪
    製作年:1938
    製作国:アメリカ
    監督:ヘンリー・キング
    主演:アリス・フェイ
    7
  8. 牧童と貴婦人

    牧童と貴婦人
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1939年)

    ネット上の声

    お薦めの1本
    製作年:1938
    製作国:アメリカ
    監督:ヘンリー・C・ポッター
    主演:ゲイリー・クーパー
    8
  9. 北海の子

    北海の子
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1939年)「海の魂」「ボレロ」のジョージ・ラット、「暗黒街の弾痕」「丘の一本松」のヘンリー・フォンダ、「台風」「たくましき男」のドロシー・ラムーアが主演する映画で「海の魂」「丘の一本松」のヘンリー・ハサウェイが監督に当っている、バーレット・ウイロビーが書いたストーリーに基づき、「大自然の凱歌」「上海特急」のジュールス・ファースマンと「ロミオとジュリエット」「大地」のタルボット・ジェニングスとが協力脚色したもの。キャメラは「海の魂」「真珠の首飾」のチャールズ・ラングが擔当した。助演は「海賊(1938)」「将軍暁に死す」のエイキム・タミロフ、「ロミオとジュリエット」「君若き頃」のジョン・バリモア、新人ルイズ・ブラット、「女を捜せ」のリン・オヴアマン、「乙女の湖」「どん底」のウラジミル・ソコロフ、「トレイダ・ホーン(1931)」ダンカン・レナルド、「暗黒街の弾痕」のジョン・レイ等である。なお伴奏楽は「失われた地平線」のディミトリ・ティオムキンが作曲した。
    製作年:1938
    製作国:アメリカ
    監督:ヘンリー・ハサウェイ
    主演:ドロシー・ラムーア
    9
  10. 百万弗大放送

    百万弗大放送
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1939年)
    製作年:1938
    製作国:アメリカ
    監督:ミッチェル・ライゼン
    主演:ドロシー・ラムーア
    10

スポンサードリンク