スポンサーリンクあり

全2作品。アパルナー・バーラムラリが出演する映画ランキング

  1. ただ空高く舞え
    • S
    • 4.82
    インド初の格安航空会社「エア・デカン」の創設者G・R・ゴーピナート大尉の自伝的著作をベースに、航空会社創業にまい進する男たちを描いたドラマ。 エコノミー席が満席のため、父の死に目に会うことができなかった空軍士官ネドゥマーランは、空軍時代の同期生と3人でインド初となる格安航空会社を立ち上げようとする。そんな彼らの熱意を、さげすむ者や馬鹿にする者も多かったが、周囲の雑音にもめげず、彼らは航空会社創業という夢を目指して前進していく。 タミル語映画のスター、スーリヤが主演を務める。監督は「ファイナル・ラウンド」のスダー・コーングラー。

    ネット上の声

    • 高額ゆえに、富裕層だけにしか許されなかった飛行機の旅を、空からの景色を、貧困に関
    • 今年のIDE(インド大映画祭)1本目はこちら🛩
    • IDE2023@ケイズシネマ 2本目
    • インドで格安航空会社を立ち上げようと奮闘する元空軍パイロットの史実に基づいた話し
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2020年
    • 製作国インド
    • 時間150分
    • 監督スダ・コンガラ
    • 主演スーリヤ
  2. 響け!情熱のムリダンガム
    • S
    • 4.49
    インド伝統音楽の打楽器「ムリダンガム」の奏者を目指す青年の奮闘を描いた青春音楽映画。 インドのチェンナイで暮らすムリダンガム職人の息子ピーターは、父が作ったムリダンガムを巨匠が演奏するのを見たことがきっかけで、自身もその奏者になりたいと思うように。巨匠に弟子入りし修行に励むピーターは、カースト差別や伝統芸能の継承に伴う軋轢、世代間の意見の違いなど様々な困難にぶつかりながらも、情熱と敬意をもって立ち向かっていく。 「スラムドッグ$ミリオネア」でアカデミー作曲賞を受賞したA・R・ラフマーンが音楽を手がけ、ラフマーンの甥で映画音楽の作曲家としても知られるG・V・プラカーシュ・クマールが主人公ピーターを演じた。2018年・第31回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門では、「世界はリズムで満ちている」のタイトルで上映。2022年10月の劇場公開に際しては、本作にほれ込んだ南インド料理店「なんどり」(東京・荒川区)が配給した。

    ネット上の声

    • 【インド映画は定期的に摂取していきたい🔥】
    • 出会いに感謝します
    • インドの凄さ
    • インド映画を見るようになったのは最近なのですが、本当にお恥ずかしながらインドのこ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2018年
    • 製作国インド
    • 時間132分
    • 監督ラージーヴ・メーナン
    • 主演G・V・プラカーシュ・クマール

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。