スポンサーリンクあり

全4作品。アルフレド・カストロが出演する映画ランキング

  1. 1

    NO

    NO
    • B
    • 3.76
    「バベル」のガエル・ガルシア・ベルナルが主演し、第85回アカデミー外国語映画賞にノミネートされた社会派ドラマ。「Post Mortem」「トニー・マネロ」でチリのピノチェト独裁政権を題材に描いてきたパブロ・ラライン監督が、同政権の終焉を描いた。1988年、ピノチェト政権への国際的な風当たりが強まる中、ピノチェトの任期延長の是非を問う国民投票の実施が決まった。任期延長に反対する「NO」陣営は、若き広告プロデューサーのレネを採用してキャンペーンを展開するが……。日本では2012年・第25回東京国際映画祭コンペティション部門に出品されて上映され、13年・第10回ラテンビート映画祭でも上映。14年に劇場公開。

    ネット上の声

    • 『喜び』のCMを作った英雄の表情は『?』
    • 緊張感あふれるドキュメントタッチ
    • 人々は何に心動かされるのか。
    • 社会を変える力が広告にはある
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2012年
    • 製作国チリ,アメリカ
    • 時間118分
    • 監督パブロ・ラライン
    • 主演ガエル・ガルシア・ベルナル
  2. ザ・クラブ
    • C
    • 3.58
    2015年・第12回ラテンビート映画祭(2015年10月8~12日・新宿バルト9ほか)上映作品。

    ネット上の声

    • 「因為在最深最慘的性愛裡,我看見天父最慈愛的光
    • http://www.rezavoircats.com/2015/10/1835
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2015年
    • 製作国チリ
    • 時間97分
    • 監督パブロ・ラライン
    • 主演アルフレド・カストロ
  3. 3

    伯爵

    伯爵
    • D
    • 2.88
    「スペンサー ダイアナの決意」などで知られるチリの名匠パブロ・ララインによるダークなホラーコメディ。チリ近代史を下敷きにした異世界を舞台に、独裁者ピノチェトを吸血鬼として描き出す。 大陸南端にある廃墟のような屋敷でひっそりと暮らす吸血鬼アウグスト・ピノチェト。生き血を飲み続けて250年も生きながらえてきた彼だったが、生きることに疲れ、永遠の命を手放すことを決意する。しかし家族はそんな彼に、最後にもうひと仕事してからでないと死なせないと言い放つ。やがてピノチェトはある人物との思いがけない関係を通し、反革命的な情熱を持って人生を生き続けることに新たな希望を見いだしていく。 主人公ピノチェト役に「ネルーダ 大いなる愛の逃亡者」のハイメ・バデル。2023年・第80回ベネチア国際映画祭コンペティション部門に出品され、最優秀脚本賞を受賞。Netflixで2023年9月15日から配信。
    ホラー、 ファンタジー
    • 製作年2023年
    • 製作国チリ
    • 時間111分
    • 監督パブロ・ラライン
    • 主演ハイメ・バデル
    • 定額
  4. 代行教師
    • E
    • 2.59

    ネット上の声

    • アルゼンチンの社会背景に詳しくないためイマイチ入り込めなかったが、ここまで教育環
    • 日本の映画で夜間中学の話を描いた映画があった。 つまり、貧困に於け...
    • 故郷に帰り文学の代行教師が貧しい地元の子どもたちと向き合い、やがて受け入れられて
    • お祭りしてないけどバルバラ・レニーさん💕7本目
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2022年
    • 製作国アルゼンチン
    • 時間111分
    • 監督ディエゴ・レルマン
    • 主演フアン・ミヌヒン
    • 定額

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。