スポンサーリンクあり

全5作品。ストーム・リードが出演した映画ランキング

  1. search/#サーチ2
    • B
    • 3.96
    パソコンの画面上で物語が展開していくという斬新なアイデアと巧みなストーリーテリングでスマッシュヒットを記録したサスペンススリラー「search サーチ」のシリーズ第2弾。 ロサンゼルスから遠く離れた南米・コロンビアを旅行中に突然消息を絶った母。デジタルネイティブ世代である高校生の娘ジューンは、検索サイトや代行サービス、SNSなど使い慣れたサイトやアプリを駆使して母の捜索を試みる。スマホの位置情報や監視カメラ、銀行の出入金記録など、人々の行動・生活がデジタル上で記録されている現代、母を見つけることは簡単と思われたが、一向に行方をつかむことができない。そればかりか、不可解な出来事はすぐさまSNSで拡散され、憶測ばかりが広がっていく。不確かな情報に翻弄されながらも、真相をつかもうとするジューンだったが……。 前作の監督・脚本を手がけたアニーシュ・チャガンティが今作では原案・製作を務め、前作の編集を担当したウィル・メリックとニック・ジョンソンが共同で監督を務めた。ジューン役は「ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結」「透明人間」などに出演してきたストーム・リード。

    ネット上の声

    • 前作の画期的な試みをさらに進化させ映像化。純粋にこの手法は面白く、期待を裏切らない作品!
    • デジタル世代のスキルすげえ。
    • 試写会にお邪魔してました💜
    • 前作に引き続き、先が読めないハラハラ展開!次の山場がどんどんとやってくるので全く
    サスペンス
    • 製作年2023年
    • 製作国アメリカ
    • 時間111分
    • 監督ウィル・メリック
    • 主演ストーム・リード
    • レンタル
  2. 死霊館のシスター 呪いの秘密
    • B
    • 3.63
    実際の心霊現象をベースに描いた人気ホラー「死霊館」や、同作から誕生した「アナベル」シリーズなどを含めた「死霊館ユニバース」に連なる一作で、シリーズの始まりの物語を描いた「死霊館のシスター」の続編。 1956年、フランスで起こった神父殺人事件をきっかけに世界に悪が蔓延する。ある特殊な能力を持つシスターのアイリーンは、教会の要請を受けて事件の調査に乗り出す。人々を救うため自らの命をかえりみずに祈りをささげるアイリーンは、ついに悪の元凶である恐怖のシスター、ヴァラクと対峙する。 主人公アイリーン役を前作に続きタイッサ・ファーミガが演じた。「死霊館」の生みの親でもあるヒットメーカーのジェームズ・ワンが製作を担当。本作と同じ死霊館ユニバース作品の「ラ・ヨローナ 泣く女」「死霊館 悪魔のせいなら、無罪。」でメガホンをとったマイケル・チャベスが監督を務めた。
    ホラー
    • 製作年2023年
    • 製作国アメリカ
    • 時間110分
    • 監督マイケル・チャベス
    • 主演タイッサ・ファーミガ
    • レンタル
  3. 透明人間
    • C
    • 3.51
    「ソウ」シリーズの脚本家リー・ワネルが監督・脚本を手がけ、透明人間の恐怖をサスペンスフルに描いたサイコスリラー。富豪の天才科学者エイドリアンに束縛される生活を送るセシリアは、ある夜、計画的に脱出を図る。悲しみに暮れるエイドリアンは手首を切って自殺し、莫大な財産の一部を彼女に残す。しかし、セシリアは彼の死を疑っていた。やがて彼女の周囲で不可解な出来事が次々と起こり、命まで脅かされるように。見えない何かに襲われていることを証明しようとするセシリアだったが……。主演は、テレビドラマ「ハンドメイズ・テイル 侍女の物語」のエリザベス・モス。

    ネット上の声

    • 映画界で透明人間を扱った作品は一体これで何本目になるのでしょうか
    • 透明人間ストーカーはいつか実現してしまうかも
    • 見えない透明人間の恐怖が半端ない!
    • 恐怖の正体
    ホラー
    • 製作年2020年
    • 製作国アメリカ
    • 時間125分
    • 監督リー・ワネル
    • 主演エリザベス・モス
    • レンタル
    • 定額
  4. ドント・レット・ゴー -過去からの叫び-
    • E
    • 2.62
    死んだはずの姪から掛かる電話で過去と繋がりながら、殺人事件を未然に阻止するべく奔走する刑事を描いたSFスリラー。弟家族が惨殺され悲しみに暮れる刑事ジャックのもとに、殺されたはずの姪アシュリーから電話が掛かってくる。それからも度々アシュリーからの電話を受けるうちに、ジャックは2週間前の世界にいる彼女と通話していることに気づく。信じられない事態に混乱しながらも、アシュリーの命を救う手段を探すジャックだったが……。「グローリー 明日への行進」のデビッド・オイェロウォが主演を務め、「透明人間」のストーム・リード、「スパイダーマン2」のアルフレッド・モリーナが共演。「ゲット・アウト」などのヒットメーカー、ジェイソン・ブラムが製作を手がけ、「ザ・リング リバース」の脚本家ジェイコブ・アーロン・エステスが監督・脚本を担当。

    ネット上の声

    • 姪一家が殺され悲しみのズンドコに陥った刑事のもとに、事件前の過去の姪から電話がか
    • 弟一家が惨殺された事件の後兄で刑事のジャックの携帯電話に死んだはずの姪アシュリー
    • 途中までは興味津々だったけど途中からわからなくなっちゃった
    • 2週間前との時差通話で事件を食い止めようとする話
    ホラー
    • 製作年2019年
    • 製作国アメリカ
    • 時間103分
    • 監督ジェイコブ・アーロン・エステス
    • 主演デヴィッド・オイェロウォ
    • レンタル
    • 定額
  5. ワイルド・ロード
    • E
    • 2.04
    ラッパーのマシンガン・ケリーことコルソン・ベイカーが主演を務め、犯罪組織の金を奪った男の逃避行を描いたクライムアクション。 犯罪組織から金と麻薬を盗んで逃亡したフレディは、腹部に被弾しながらも長距離バスに乗り込む。これまで父親らしいことを何もしてやれなかった娘リリーへのせめてもの償いのため、どうにか逃げ切ろうとするフレディだったが、冷酷な女ボス・ヴィックが差し向けた追手により、フレディと共謀した仲間たちは次々と殺されていく。出血多量で意識が朦朧とし、車内には怪しい行動を取る乗客もいる中、フレディは藁にもすがる思いで疎遠になっていた父親に助けを求めるが……。 「ミスティック・リバー」のケビン・ベーコンが主人公の父親を演じ、「ウォークラフト」のトラビス・フィメル、「透明人間」のストーム・リードが共演。

    ネット上の声

    • 長距離バス内で繰り広げられる予測不能サスペンス
    • 緊張感が途切れないタイトなバスムービー
    • こっちがホントのソーシャルワーカー!?
    • 1パイントならまだイケる
    アクション
    • 製作年2022年
    • 製作国アメリカ
    • 時間97分
    • 監督アンドリュー・ベアード
    • 主演コルソン・ベイカー
    • レンタル

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。